株式会社システムバイオティックス mg精度の自動秤量希釈装置 AdjustMate 100SP

mg精度の自動秤量希釈装置 AdjustMate 100SP http://www.ipros.jp/public/product/image/abf/2000122468/IPROS6524615493586859926.jpg  弊社のオリジナル商品、バルブボトルキャップを自在に制御した溶液秤量作製装置です。制御部のポンプによる圧力の下、各溶液ビンのバルブボトルキャップの制御により目的の組成の液を作製します。ボトルキャップ、バルブボトルキャップを多数販売している当社ならではの製品といえるでしょう。  制御は4行20文字のLCDとテンキーによる設定操作。そのため、従来では扱いにくかった数値や溶液名の入力や制御が簡単になりました。液の数や種類、作製対象の溶液重量など多くの要素をカスタマイズ可能で、オプションでパソコンからのリモート制御も可能です。価格も40万円程度と極めて手ごろな装置です。  リモート機能を持った電子天秤をご使用なら、現在お持ちの電子天秤をそのまま利用できます。精度レベルも0.01g単位から1g単位まで電子天秤の機能に合わせて設定が可能です。なお本装置の最小吐出量は0.03gを想定しております。最大測定重量も電子天秤の仕様に追随することになります。 株式会社システムバイオティックス 測定・分析 > 重量測定器 > 重量関連測定器 Adjust Mate 100 400,000-
重量・容量分注の両方が可能な精密秤量分注装置。±3mgの精度の精度を実現!空気圧方式で、希釈も簡単!。HPでビデオ配信中!

 電子天秤からのデータをもとに、目的の液を作製します。細菌試験用の滅菌水の分注等にも威力を発揮する自動秤量・自動希釈分注装置です。重量分注と容量分注が選択できます(容量分注には比重の入力が必要)。高精度秤量装置で±1~2mgの精度の秤量が可能に!液数を増やしても、ポンプ増設の必要はありません。バルブボトルキャップの追加で楽々液の増設ができます。原液からの自動希釈、必要量のDDWの分注などメスシリンダーの機能も備えています。
 高機能にもかかわらず価格も40万円程度と低価格を実現しました。各種基準液の比重や分子量も最初からインプットされ、ワンタッチで規定(N)指定の液が作成できます。
 制御部に設置されたポンプの圧力で各溶液ビンに圧力をかけて、溶液ビンに備えられたバルブボトルキャップの電磁弁の開閉を制御する方式を採用しています。そのため装置構成は極めてシンプルです。ノズルはPEEK ノズルを採用して滅菌対策も万全です。溶液の追加、微少容量の液の作製などカスタマイズが可能な柔軟なシステムで、実験台の上に是非一台設置してみてください。

基本情報mg精度の自動秤量希釈装置 AdjustMate 100SP

 弊社のオリジナル商品、バルブボトルキャップを自在に制御した溶液秤量作製装置です。制御部のポンプによる圧力の下、各溶液ビンのバルブボトルキャップの制御により目的の組成の液を作製します。ボトルキャップ、バルブボトルキャップを多数販売している当社ならではの製品といえるでしょう。
 制御は4行20文字のLCDとテンキーによる設定操作。そのため、従来では扱いにくかった数値や溶液名の入力や制御が簡単になりました。液の数や種類、作製対象の溶液重量など多くの要素をカスタマイズ可能で、オプションでパソコンからのリモート制御も可能です。価格も40万円程度と極めて手ごろな装置です。
 リモート機能を持った電子天秤をご使用なら、現在お持ちの電子天秤をそのまま利用できます。精度レベルも0.01g単位から1g単位まで電子天秤の機能に合わせて設定が可能です。なお本装置の最小吐出量は0.03gを想定しております。最大測定重量も電子天秤の仕様に追随することになります。

価格 400,000-
価格帯 10万円以上 50万円未満
納期 1ヶ月以内
※数量によって納期が変動しますので、お気軽にお問い合わせください
型番・ブランド名 Adjust Mate 100
用途/実績例 溶液の自動作製
滅菌水の分注
自動希釈
秤量分注
自動計量
自動メスシリンダー

詳細情報mg精度の自動秤量希釈装置 AdjustMate 100SP

pH&Buffer 100
溶液のpHをpH電極なら入力して、自動で溶液のpHを制御調整します。Adjust Mateと同じ空気圧ポンプと電磁制御弁のシステムです。液の増設もバルブボトルキャップのご購入のみでOKです。

カタログmg精度の自動秤量希釈装置 AdjustMate 100SP

取扱企業mg精度の自動秤量希釈装置 AdjustMate 100SP

イムノクロマト.gif

株式会社システムバイオティックス

新しいバイオ自動機器の開発を中心に開発を日々行っています。主な業務としては 1、バイオ機器の開発 2、マイクロサテライトを中核とする受託遺伝子解析 3、バイオリアクタの制御装置開発 です。 バイオ機器の分野としては、独自の新商品を開発するとともに、依頼にこたえての共同開発をも行っています。ベースとなるのは空圧各種容器、PEEK継ぎ手などの小さいものも独自で手がけています。これらの技術を利用したバイオ関連商品として下記のような製品も手がけています。 自動秤量分注装置 インクジェット分注装置(ImmunoLiner200、JetPrep96) ELISA用各種ウォッシャー  各種磁気ビーズセパレータ  PEEK継ぎ手、コネクタ  産学協同ラボで大学と共同でウェットのプロトコルの開発も手がけています。マイクロサテライトを中心とする受託遺伝子開発業務も、青葉ジェネティクスから移管しました。受託解析業務は、自社のバイオ自動機器を最大限に利用してハイスループットで効率的解析を目指しています。またこの受託業務から得られたアイデアやソフトを次なる新規機器開発に生かしています。

mg精度の自動秤量希釈装置 AdjustMate 100SPへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社システムバイオティックス