工具管理システム及び適応制御「TMAC」 ブルームLMT社製
工具管理システム及び適応制御「TMAC」 ブルームLMT社製 http://www.ipros.jp/public/product/image/01d/2000123195/IPROS6921473510427243267.jpg 【特徴】 ■工具摩耗により切削負荷(馬力)が増加する法則に基づいて機能 ■工具寿命を加工時間・回数で管理せず実際の主軸負荷で管理 ■主軸負荷 (馬力)を リアルタイム表示 ■小径ドリル・タップの折損・磨耗検知 が可能 ■主軸負荷の変動により送り速度を自動制御(適応制御) ■機械加工において重要となるクーラント流量、 主軸回転数、機械振動を同時にモニタリング ※詳細は直接お問い合わせください。 ユアサテクノ株式会社 制御・電機機器 > プロセス制御機器 > その他プロセス制御 お気軽にお問い合わせください。
  • 航空機・自動車業界で豊富な実績!加工条件を最適化し工具寿命を改善!切削中の負荷を監視し、異常負荷によるワーク、工具等の損傷を防ぐ
    ユアサテクノ株式会社
    工具管理システム及び適応制御「TMAC」 は、加工条件を最適化し工具寿命を改善し、切削中の負荷を監視し、異常負荷によるワーク、工具、機械の損傷を防ぐ適応制御のシステムです。
    【特徴】
    ■工具摩耗により切削負荷(馬力)が増加する法則に基づいて機能
    ■工具寿命を加工時間・回数で管理せず実際の主軸負荷で管理
    ■主軸負荷 (馬力)を リアルタイム表示
    ■小径ドリル・タップの折損・磨耗検知 が可能
    ■主軸負荷の変動により送り速度を自動制御(適応制御)
    ■機械加工において重要となるクーラント流量、 主軸回転数、機械振動を同時にモニタリング

    ※詳細は直接お問い合わせください。
  • 工具管理システム及び適応制御「TMAC」のイメージ画像です。
    工具管理システム及び適応制御「TMAC」のイメージ画像です。

基本情報工具管理システム及び適応制御「TMAC」 ブルームLMT社製

【特徴】
■工具摩耗により切削負荷(馬力)が増加する法則に基づいて機能
■工具寿命を加工時間・回数で管理せず実際の主軸負荷で管理
■主軸負荷 (馬力)を リアルタイム表示
■小径ドリル・タップの折損・磨耗検知 が可能
■主軸負荷の変動により送り速度を自動制御(適応制御)
■機械加工において重要となるクーラント流量、 主軸回転数、機械振動を同時にモニタリング

※詳細は直接お問い合わせください。

価格

お気軽にお問い合わせください。

価格帯

納期


※内容によって納期が変動しますので、お気軽にお問い合わせください。

発売日

取扱い中

用途/実績例

航空機・自動車業界に豊富な実績!

※詳細は直接お問い合わせください。

よく使用される業種

産業用機械、産業用電気機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙

取扱会社工具管理システム及び適応制御「TMAC」 ブルームLMT社製

国内外・業界を問わず、お客様に最適な生産設備を販売致します。 標準機単体だけでなく、周辺装置・専用機・治具・ソフトを組み合わせたトータルプロデュースで、生産設備をサポートします。 ・工作機械・鍛圧機械・測定器・周辺機器(ターンキー、冶具、TOOL、プログラムを含むセットアップ) ・省力化設備・各種専用機 ・測定機・自動計測・検査管理システム等 ・半導体・FPD・光学機器製造設備関連 ・電子関係設備 ・物流、包装機器 ・環境設備

工具管理システム及び適応制御「TMAC」 ブルームLMT社製へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ユアサテクノ株式会社

工具管理システム及び適応制御「TMAC」 ブルームLMT社製 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す
分類カテゴリから探す

  • 省エネ&簡単メンテナンスの加湿システム 静電気発生を予防
  • Change&Challenge with SPEEDIO メカトロテックジャパン2017

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー