オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社 走査型電子顕微鏡(SEM)用SDD型EDS検出器 X-MaxN

走査型電子顕微鏡(SEM)用SDD型EDS検出器 X-MaxN http://www.ipros.jp/public/product/image/061/2000123335/IPROS4481658781561882003.JPG 【特長】  X-MaxNシリーズは、X-MaxN 20/50/80/150の4製品があり、それぞれ有効検出面積20, 50, 80, 150mm2のシリコンドリフト検出器(SDD)を搭載しています。 高いカウントレートで高速分析を可能にし、低エネルギーX線に対して非常に高感度な性能を持っています。 X-MaxN20/50/80は124eVの高分解能を実現しています。 X-MaxN150は127eVの分解能を持ち、低エネルギーでのさらなる高感度性能を発揮します。また低加速電圧・小スポットサイズでの分析を可能にし、高い空間分解能分析と試料ダメージの低減を実現します。 オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社 測定・分析 > 分析機器 > 蛍光X線分析装置 お問い合わせください
世界最大150mm2を搭載可能なSDD型EDS検出器 X-MaxNシリーズ

最新のSEM用EDS検出器 X-MaxNシリーズは、液体窒素不要のシリコンドリフト検出器を搭載したエネルギー分散型X線検出器です。シリコンドリフト素子は世界最大の150mm2サイズを搭載可能で、マイクロスケールから最先端のナノスケール領域の元素分析を実現します。

X-MaxNシリーズは最高の分解能を提供し、高精度の定性・定量分析を可能にします。

X-MaxN 150は世界最大のSDDサイズを誇り、低エネルギー領域における高感度性能を提供いたします。

基本情報走査型電子顕微鏡(SEM)用SDD型EDS検出器 X-MaxN

【特長】 
X-MaxNシリーズは、X-MaxN 20/50/80/150の4製品があり、それぞれ有効検出面積20, 50, 80, 150mm2のシリコンドリフト検出器(SDD)を搭載しています。
高いカウントレートで高速分析を可能にし、低エネルギーX線に対して非常に高感度な性能を持っています。

X-MaxN20/50/80は124eVの高分解能を実現しています。

X-MaxN150は127eVの分解能を持ち、低エネルギーでのさらなる高感度性能を発揮します。また低加速電圧・小スポットサイズでの分析を可能にし、高い空間分解能分析と試料ダメージの低減を実現します。

価格 お問い合わせください
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
※お問い合わせください
用途/実績例 ●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをご覧ください。

取扱企業走査型電子顕微鏡(SEM)用SDD型EDS検出器 X-MaxN

オックスフォード・インストゥルメンツ.JPG

オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社

科学研究機器・半導体プロセス装置・分析機器の輸入販売及び保守管理

走査型電子顕微鏡(SEM)用SDD型EDS検出器 X-MaxNへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社

走査型電子顕微鏡(SEM)用SDD型EDS検出器 X-MaxN が登録されているカテゴリ