【デモ機貸出中!】インライン型振動式密度計
【デモ機貸出中!】インライン型振動式密度計 http://www.ipros.jp/public/product/image/912/2000124873/FDM-50A.jpg FDM振動式密度計は、プローブ(検出部)とコントローラーから構成されています。 プローブの中に約1KHzの共振周波数を持つ振動子が組み込まれ、この先端に密度検出子が取り付けられています。コントローラは内部にPLL回路を持ち、プローブを常にその共振周波数で振動できるように制御を行っています。 検出子が液体に浸されると液体が検出子の溝に入り込んで、見かけ上慣性マスが体積分(密度分)増えたことになり、プローブの共振周波数が低い方向へ変化します。すなわち、液体の密度に応じて共振周波数が変化したことを意味します。 当社の振動式密度計は、この共振周波数の変化を密度の値に変換し、コントローラで密度値を表示します。 コントローラ内部では、これらの周波数密度変換と液体粘度による補正、及び温度変化に対する補正を行って、密度測定精度±0.001g/立方センチメートル(測定精度は粘弾性の影響を受ける場合があります)を実現しています。 株式会社セコニック 測定・分析 > 電気計器・電位計 > 電気計器・電位計(メータ) FDM-50A 175万円〜
  • プロセスでの密度変化をリアルタイムに計測
    株式会社セコニック
    FDM振動式密度計は、プローブ(検出部)とコントローラーから構成されています。
    プローブの中に約1KHzの共振周波数を持つ振動子が組み込まれ、この先端に密度検出子が取り付けられています。コントローラは内部にPLL回路を持ち、プローブを常にその共振周波数で振動できるように制御を行っています。
    検出子が液体に浸されると液体が検出子の溝に入り込んで、見かけ上慣性マスが体積分(密度分)増えたことになり、プローブの共振周波数が低い方向へ変化します。すなわち、液体の密度に応じて共振周波数が変化したことを意味します。
    当社の振動式密度計は、この共振周波数の変化を密度の値に変換し、コントローラで密度値を表示します。
    コントローラ内部では、これらの周波数密度変換と液体粘度による補正、及び温度変化に対する補正を行って、密度測定精度±0.001g/立方センチメートル(測定精度は粘弾性の影響を受ける場合があります)を実現しています。
  • インライン型振動式密度計の製品画像です
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報【デモ機貸出中!】インライン型振動式密度計

FDM振動式密度計は、プローブ(検出部)とコントローラーから構成されています。
プローブの中に約1KHzの共振周波数を持つ振動子が組み込まれ、この先端に密度検出子が取り付けられています。コントローラは内部にPLL回路を持ち、プローブを常にその共振周波数で振動できるように制御を行っています。
検出子が液体に浸されると液体が検出子の溝に入り込んで、見かけ上慣性マスが体積分(密度分)増えたことになり、プローブの共振周波数が低い方向へ変化します。すなわち、液体の密度に応じて共振周波数が変化したことを意味します。
当社の振動式密度計は、この共振周波数の変化を密度の値に変換し、コントローラで密度値を表示します。
コントローラ内部では、これらの周波数密度変換と液体粘度による補正、及び温度変化に対する補正を行って、密度測定精度±0.001g/立方センチメートル(測定精度は粘弾性の影響を受ける場合があります)を実現しています。

価格

175万円〜

価格帯

100万円以上 500万円未満

納期


※-

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

FDM-50A

用途/実績例

【その他の特徴】
●プローブは完全な密閉構造で、タンクやパイプラインに取り付け測定が出来ます。
●流れのある液体中で計測を可能にしました。
●装置は弊社のインライン粘度計同様、小型・堅牢で、リアルタイムの密度監視が可能です。
●密度測定精度は±0.001g/立方センチメートルとインライン計測としての高精度を実現しました。

よく使用される業種

化学、樹脂・プラスチック、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、医薬品・バイオ

カタログ【デモ機貸出中!】インライン型振動式密度計

  • FDM振動式密度計は、プローブ(検出部)とコントローラーから構成されています。
    プローブの中に約1KHzの共振周波数を持つ振動子が組み込まれ、この先端に密度検出子が取り付けられています。コントローラは内部にPLL回路を持ち、プローブを常にその共振周波数で振動できるように制御を行っています。
    検出子が液体に浸されると液体が検出子の溝に入り込んで、見かけ上慣性マスが体積分(密度分)増えたことになり、プローブの共振周波数が低い方向へ変化します。すなわち、液体の密度に応じて共振周波数が変化したことを意味します。
    当社の振動式密度計は、この共振周波数の変化を密度の値に変換し、コントローラで密度値を表示します。
    コントローラ内部では、これらの周波数密度変換と液体粘度による補正、及び温度変化に対する補正を行って、密度測定精度±0.001g/立方センチメートル(測定精度は粘弾性の影響を受ける場合があります)を実現しています。
    [PDF:2MB]

取扱会社【デモ機貸出中!】インライン型振動式密度計

株式会社セコニック

 当社は圧電セラミック技術の開発を行っており、その応用として圧電センサーの設計〜製造〜販売を行っております。センサーを応用した代表的な製品としては粘度計・密度計等があります。粘度計は、主に研究所などで使用されるラボ用機と、製造のプロセスで使用されるオンライン型粘度計の双方を品揃えしております。これにより化学/自動車/電気/半導体/食品/製紙/鋼板/精密鋳造等々幅広く工業界にてご採用いただいております。

【デモ機貸出中!】インライン型振動式密度計へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社セコニック


  • ロームの評価キットシリーズにセンサメダルが新登場
  • 危険性流体のサンプリングを手作業で行っていませんか?

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー