はんだ付工法「レーザーはんだ付」
はんだ付工法「レーザーはんだ付」 http://www.ipros.jp/public/product/image/e31/2000149307/IPROS7233904217617056095.JPG 【こてはんだ付プロセス】 はんだ供給 → 予熱 → 加熱 → 後加熱 → 冷却 【レーザーはんだ付プロセス】 予熱 → 加熱 → 後加熱 → 冷却 ※詳細はお問い合わせください。 株式会社ジャパンユニックス 製造・加工機械 > 実装機械 > はんだ付け装置
  • 新しい技法として注目されている、レーザーはんだ付の原理と使用時の注意点です。
    株式会社ジャパンユニックス
    【"表面発熱"のレーザーと、"熱伝導の"こてはんだ付の違い】

    はんだ付けには、こてとはんだ付けをする箇所を温める“予熱”、はんだを供給するための“加熱”、そしてはんだ供給後に形を整えて仕上げる“後加熱”という3ステップの基本の工程があります。
    こてはんだ付けもレーザーはんだ付けもこの流れは同じですが、加熱してはんだ供給する方法が違い、そこを理解しておくことが最も重要です。

    【ふたつの異なる加熱原理】

    ≪こてはんだ付けの作業工程≫
    1.こて先を350℃付近まで加熱する
    2.結合箇所に当て、はんだ溶融温度まで加熱(熱伝達)
    3.はんだ供給

    ≪レーザーはんだ付けの作業工程≫

    1.はんだ付けをする箇所にレーザー照射
    2.照射された箇所が発熱(表面発熱)
    3.周りに熱が伝わり溶融温度まで上昇
    4.はんだ供給

    ※製品に関する問い合わせはこちら
    https://www.japanunix.com/contact/contact.php
  • 画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品 を
  • Twitterボタン

動画で製品特徴をわかりやすくご紹介

    このページで動画見るには、Flash Playerが必要です。(Flash Playerのインストールはこちら
    動画が見れない場合は、こちらからご覧ください。(外部サイト)

基本情報はんだ付工法「レーザーはんだ付」

【こてはんだ付プロセス】
はんだ供給 → 予熱 → 加熱 → 後加熱 → 冷却

【レーザーはんだ付プロセス】
予熱 → 加熱 → 後加熱 → 冷却

※詳細はお問い合わせください。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

※詳細はお問い合わせください。

よく使用される業種

鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、試験・分析・測定、製造・加工受託、その他製造、教育・研究機関、官公庁、その他

取扱会社はんだ付工法「レーザーはんだ付」

株式会社ジャパンユニックス

・はんだ付け周辺機器の設計開発、製造、販売、輸出 ・はんだ付け自動機のFA、治具設計開発、製造、販売、輸出 ・はんだ付け周辺機器の輸入販売 ・その他精密機器の設計開発、製造、販売、輸出

はんだ付工法「レーザーはんだ付」 が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す

  • 危険性流体のサンプリングを手作業で行っていませんか?
  • 金属ワッシャーも大増量!総合カタログ最新版進呈中

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー