『表面処理の技術資料』5冊まとめてプレゼント中!
『表面処理の技術資料』5冊まとめてプレゼント中! http://www.ipros.jp/public/product/image/93b/2000153118/IPROS8008068317239834350.jpg 【小冊子「表面処理活用の基礎知識(PVD・プラズマCVD)」の内容】 1.PVD法 2.代表的なPVD法 ・反応性スパッタリング法 ・イオンプレーティング法 3.プラズマCVD法 4.実施上の注意点 ・材質および熱処理履歴の確認 ・加工履歴の確認 ・使用油脂、加工油類の確認 ・めっきの防止 ・表面粗さ ・膜厚 5.適応例 日本電子工業株式会社 本社 工具・消耗品・備品 > 消耗品 > コーティング剤 -
  • 今なら!!表面処理に関する技術資料を5冊まとめてプレゼント!
    日本電子工業株式会社
    日本電子工業は1973年に独自のプラズマ熱処理装置「イオン窒化」を国内で最初に開発・実用化いたしました。
    またセラミックコーティング、プラズマ熱処理そして高周波誘導加熱を基にし、時代の最先端技術を駆使する熱処理のプロフェッショナル集団として産業界のニーズにお応えしています。
    プラズマ熱処理装置「イオン窒化装置」をはじめ、独自技術を応用した熱処理設備の販売では、アジアをはじめ海外においても高い評価を得ています。

    ==【プレゼント内容】====================
    小冊子「表面処理活用の基礎知識(PVD・プラズマCVD)」
    小冊子「表面処理(拡散処理)の基礎知識[プラズマ窒化処理]」
    小冊子「イオン窒化法の基礎知識(原理と利用技術)」
    小冊子「PVDとその複合表面改質法による金型寿命の向上」
    小冊子「プラスマエネルギーを利用した複合表面改質処理」

    ※ご希望の方は、【カタログダウンロード】よりご覧ください。
    ===============================
  • 「実務で役立つ表面処理活用の常識」が満載!
    「実務で役立つ表面処理活用の常識」が満載!

基本情報『表面処理の技術資料』5冊まとめてプレゼント中!

【小冊子「表面処理活用の基礎知識(PVD・プラズマCVD)」の内容】
1.PVD法
2.代表的なPVD法
・反応性スパッタリング法
・イオンプレーティング法
3.プラズマCVD法
4.実施上の注意点
・材質および熱処理履歴の確認
・加工履歴の確認
・使用油脂、加工油類の確認
・めっきの防止
・表面粗さ
・膜厚
5.適応例

価格

-
※詳細はお問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

詳細はお問い合わせください。

よく使用される業種

飲食料品、繊維、紙・パルプ、化学、石油・石炭製品、ゴム製品、ガラス・土石製品、木材、セラミックス、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、試験・分析・測定、IT・情報通信、ソフトウェア、CAD/CAM、環境、エネルギー、医療機器、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、印刷業、製造・加工受託、その他製造、商社・卸売り、小売、電気・ガス・水道業、倉庫・運輸関連業、情報通信業、医療・福祉、教育・研究機関、官公庁、水産・農林業、鉱業、サービス業、その他

カタログ『表面処理の技術資料』5冊まとめてプレゼント中!

  • 近年、自動車産業界では軽量化や高強度化の要求が高まり、自動車部品等への高張力鋼板の適用が増加しております。
    冷間金型のさらなる耐久性向上の手段として、窒化と硬質皮膜の複合硬化処理が注目され、採用が進んでいます。
    今後、ラジカル窒化とPVDの複合硬化処理の適用例はますます増えると推測されます。
    さらに、NEO Cコーティングは、金型寿命の向上だけではなく、離型剤や潤滑剤の使用量の削減、相手材の凝着防止によるメンテナンス回数の低減などの効果も期待できます。
    詳しくは、カタログをダウンロード、もしくはお問い合わせください。

取扱会社『表面処理の技術資料』5冊まとめてプレゼント中!

■受託加工 高周波焼入れ・イオン窒化・ラジカル窒化・プラズマ浸硫窒化・PVDコーティング・DLCコーティング ■設備販売 イオン窒化・ラジカル窒化・プラズマ浸硫窒化・プラズマ浸炭・ プラズマCVD・高周波誘導過熱


  • Wi-SUN対応 無線モジュール
  • ねじならミスミ。ご利用のねじ屋さんと比べてください!

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー