回転トルクメータ UTMIIシリーズ
回転トルクメータ UTMIIシリーズ http://www.ipros.jp/public/product/image/e55/2000163838/IPROS464064819201373203.jpg ■主な特長 ・カットオフ周波数1kHz、サンプリング周波数6kHzの高速応答 ・許容過負荷500% ・0.05Nmから5000Nmまで、1・2・5系列の定格容量を標準化 ・回転パルス出力4パルス/回転 ・外乱ノイズ影響を大幅にカット その他、詳細はUTMII総合カタログで解説しております。 ★☆待望の防滴・防錆仕様、角ドライブオプション 発売☆★ 屋外やミスト雰囲気などでのご使用に! ★カタログを無料プレゼント★ UTMIIシリーズのカタログを無料プレゼントしております。 どうぞお気軽にお申し付け下さい。 【UTMIIはユニパルス独自の技術により開発されたオリジナル製品です。】 ユニパルス株式会社 制御・電機機器 > プロセス制御機器 > トルク制御 回転トルクメータ UTM II シリーズ お気軽にお問い合わせください。
  • コンパクトなのに許容過負荷500%!世界最高スペックを凝縮!回転トルクメータUTMIIシリーズ
    ユニパルス株式会社
    UTMIIは、超小型なボディにアンプを内蔵した回転トルクメータです。
    1/10000の分解能、卓越したゼロ点の安定性、低初動トルクに加え、カットオフ周波数1kHz(サンプリング6kHz)の高速応答、0.03%の高精度、25000rpmの高速回転対応、500%の許容過負荷など充実の機能と高性能を実現しました。
    一般の動トルク測定はもちろん、機器組み込み用の高性能センサとして様々な応用も可能です。

    ★☆待望の防滴・防錆タイプ、角ドライブオプション 発売☆★

    ★無料デモ受付中★
    無料デモを受け付けております。お気軽にご相談下さい。
  • 回転トルクメータ UTM II シリーズ
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品 を
  • Twitterボタン

動画で製品特徴をわかりやすくご紹介

    このページで動画見るには、Flash Playerが必要です。(Flash Playerのインストールはこちら
    動画が見れない場合は、こちらからご覧ください。(外部サイト)

基本情報回転トルクメータ UTMIIシリーズ

■主な特長
・カットオフ周波数1kHz、サンプリング周波数6kHzの高速応答
・許容過負荷500%
・0.05Nmから5000Nmまで、1・2・5系列の定格容量を標準化
・回転パルス出力4パルス/回転
・外乱ノイズ影響を大幅にカット

その他、詳細はUTMII総合カタログで解説しております。

★☆待望の防滴・防錆仕様、角ドライブオプション 発売☆★
屋外やミスト雰囲気などでのご使用に!

★カタログを無料プレゼント★
UTMIIシリーズのカタログを無料プレゼントしております。
どうぞお気軽にお申し付け下さい。

【UTMIIはユニパルス独自の技術により開発されたオリジナル製品です。】

価格

お気軽にお問い合わせください。

価格帯

納期


※お気軽にお問い合わせください。

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

回転トルクメータ UTM II シリーズ

用途/実績例

■用途
ギア、ローラー、ファン、モーター、歯車などの微小トルク測定
およびトルク測定による生産現場での品質保証、製造管理などの用途にお使いいただけます。

■アプリケーション例
トルク出力付サーボモーター
モーター試験機
エンジン特性測定機
撹拌機
発電効率の測定
コンベアの送り異常探知
ローラーの回転負荷測定
ステアリングの検査
歯車の官能検査
トルク測定機能付ネジ締機
ねじり試験機
レバー・ヒンジの官能試験

よく使用される業種

化学、樹脂・プラスチック、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、試験・分析・測定、IT・情報通信、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、製造・加工受託、その他

カタログ回転トルクメータ UTMIIシリーズ

  • トルクメータUTMIIシリーズを専用のケーブルで簡単に接続できる指示計です。回転パルス信号を回転速度(rpm)に変換して表示する機能や動力の自動演算機能が組み込まれており、トルク・回転速度・動力を同時に表示します。
    トルク値に対してホールド機能や設定された上下限値を超えた時に警報出力する機能を備えており、過負荷検出などの品質管理や動力特性試験、ロボットの自動制御など、様々な応用が可能です。
    SI/Fの印字指令に合わせたデータの記録機能を搭載しており(最新30データまで)、キー操作によりその場でデータの確認が可能です。
    [PDF:2MB]
  • トルクメータUTMIIシリーズを付属ケーブルで簡単に接続できる指示計です。UTMIIロータリーエンコーダオプションを接続した場合、角度(または変位)に対するトルク変動を波形で表示し連続的に比較することができます。
    機能面では、トルク値が設定カウントを上回るとNG判定となる「連続モード」やn回分の平均波形におけるトルク値が設定カウントを上回るとNG判定となる「平均モード」を備え、様々なシーンでご利用いただけます。
    [PDF:318KB]
  • * UTMII出力(トルク、回転数、動力)の時間変化をPCでモニター及び保存可能(USB用専用ソフトを用意)
    * グラフ中の最大値・最小値・平均値を表示
    * 数値データをCSV形式で保存
    * UTMIIに電源を供給可能
    * UTMIIとの接続ケーブル、PCとの接続ケーブルを付属
    [PDF:903KB]
  • 回転トルクメータUTMIIは、回転中の軸のねじれトルクを歪ゲージによって検出し電気信号に変換するトルクセンサです。モータやエンジン、ポンプ、ローラー、ヒンジ、工具、発電機などあらゆる回転機構の試験や生産設備でご利用いただいております。超コンパクトなボディにアンプ内蔵、カットオフ1kHzの高速応答、0.03%の高精度、25000rpmの高速回転対応, 500%の許容過負荷など充実の機能と高性能を凝縮しました。
    トルク検出には高精度の歪ゲージを採用。ユニパルス得意の高精度アンプを回転軸上に装備し、アンプには非接触電力伝送を行っています。歪ゲージの信号は直近のアンプで高精度に増幅し、デジタル変換して筐体回路へ非接触で伝送しています。アンプ内蔵なので外付けアンプは不要。弊社製指示計・データロガーをはじめ、各社PLCとの接続によるトルク管理システムの構築が可能です。初動トルクが極めて小さいため、微小なトルクも高精度で測定ができ、また高速応答であるため、トルクリップルも測定可能です。スリップリングレスなので長期間の連続測定にも対応できます。ラインアップは0.05Nm~10000Nmの幅広いレンジを用意しています。
    [PDF:13MB]
  • ■特長
    1.事前の登録は不要
    2.4つのボタンで簡単動作
    3.5kg~80kgまでのワーク重量に1台で対応
    4.最大昇降速度500mm/sの高速動作
    5.チェーンタイプなので長寿命
    6.ボタンによる昇降とバランス動作をいつでも切り替え可能
    7.設置は本体を吊り下げて電源(AC100V)とアースを繋ぐだけ
    8.天井レールやアームにも対応可能
    9.2台の協調制御で長物ワークや重心のとれないワークでも安定動作

    製造業や食品業界の生産現場、農業・建設・インフラの作業現場などで幅広く活躍します。
    [PDF:658KB]

取扱会社回転トルクメータ UTMIIシリーズ

ユニパルス株式会社

ストレンゲージ・回転トルクメータ・ロードセル及びロードセルセル指示計、変位計などのセンサ、メカトロニクス機器・エレクトロニクス機器の開発・製造・販売をしています。 直接販売によりユーザーとの接点を増やし、きめの細かいサービスを実現しています。海外での販売も重要拠点には販売子会社を設け海外での修理などのサービス向上に努めています。 お気軽にご相談ください。 <取扱い製品> ・ストレンゲージ ・回転トルクメータ ・ロードセル ・変位計測 ・主軸保全 ・計量指示計 ・荷重指示計 ・データロガー ・振動計測 ・ピッキングカート(CMS) ・増幅器/周辺機器 ・サーボモータ ・その他

回転トルクメータ UTMIIシリーズへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ユニパルス株式会社


  • ロームの評価キットシリーズにセンサメダルが新登場
  • 暑い現場を5℃冷やす。霧+ファンの冷房装置『COOLJetter』

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー