【粉砕・圧送が同時に可能!】ステンレス破砕ポンプ【デモ可能】
【粉砕・圧送が同時に可能!】ステンレス破砕ポンプ【デモ可能】 http://www.ipros.jp/public/product/image/f11/2000170447/IPROS5402151076387556051.jpg ・破砕とポンプ圧送を同時に 破砕羽根車は、破砕と同時に圧送が可能でポンプの機能も兼ねます。 また直接ラインに組み込めるので工程が簡略化され、経済的です。 ・抜群の破砕能力 切刃、破砕羽根車、シユラウドリング、格子の4点部品で3段階に破砕を行います。 各部品には硬さと靭性のバランスのとれた最高級の材質が使用されています。 ・希望の粒度に破砕可能 破砕羽根車の刃の枚数、格子の目の荒さ、流速を組み合わせることで、御希望の粒度が得られます。 ハスクバーナ・ゼノア株式会社 ポンプ部 機械部品 > ポンプ > その他ポンプ
  • 液体中の固形物を細かく破砕し、均質な個液混合体として輸送を行う圧送機能も完備した湿式破砕ポンプ「ディスインテグレータ」
    ハスクバーナ・ゼノア株式会社
    ■粉砕・圧送が同時に可能なポンプ
    液体中の固形物を細かく均一に破砕し、均質な固液混合体として、輸送を行なえる画期的な機能をもった湿式破砕ポンプです。

    ■コストダウンメリット
    各種工程の前処理などに大きな威力を発揮し、ラインへの直接の設置組み込みも容易で作業効率の向上とコストダウンができます。

    ■食品業界・化学業界などで多くの実績あり
    4部品による3段階の優れた破砕能力に加え、流速と部品の組み合わせで破砕の粒度も選択が可能。メンテナンスも容易&堅牢で高い耐久性で、システムの稼働率も向上します。用途に合わせ、御要望の材料で製作が可能です。デモもご相談ください。

    ■Made in JAPAN
    特殊構造の破砕ポンプは現在に至るまで50年以上国産にこだわった製品です。

    ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

                 展示会出展情報
              展示会名:FOOMA JAPAN
              開催期間:6月12日~15日
              場所:東京ビッグサイト
              コマ番号:東2ホール 2A-26
  • ディスインテグレータの製品画像
    画像をクリックして拡大イメージを表示

動画で製品特徴をわかりやすくご紹介

基本情報【粉砕・圧送が同時に可能!】ステンレス破砕ポンプ【デモ可能】

・破砕とポンプ圧送を同時に
破砕羽根車は、破砕と同時に圧送が可能でポンプの機能も兼ねます。
また直接ラインに組み込めるので工程が簡略化され、経済的です。

・抜群の破砕能力
切刃、破砕羽根車、シユラウドリング、格子の4点部品で3段階に破砕を行います。
各部品には硬さと靭性のバランスのとれた最高級の材質が使用されています。

・希望の粒度に破砕可能
破砕羽根車の刃の枚数、格子の目の荒さ、流速を組み合わせることで、御希望の粒度が得られます。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

・水処理:閉塞防止・処理液均質化(し尿・浄化槽汚泥・下水・廃水)
・バイオマス:メタン発酵促進・閉塞防止(生ごみ・家畜糞尿・焼酎廃液)
・リサイクル:減容・整粒・洗浄(ペットボトル・パンパー)
・石油:原料塊の破砕、溶解、移送(合成樹指・合成ゴム・ポリマ)
・化学:製品の整粒(ABS樹脂・ポリカーボネイ卜)、溶解促進・ダマ破砕(接着剤・ラテックス)
・水産:原料の破砕、混合、移送(魚の内臓・海草)
・食品:成分の摘出・破砕整粒(大豆・しその葉・種・果実油脂)
・医薬:製品の均一化(化学肥料・飼料・有機スラリ)
・建材:繊維の破砕、解離(石膏ボード・塗料残査)
・製紙:工程中の塊の破砕(古紙・紙裁断片)

よく使用される業種

化学、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、医薬品・バイオ、製造・加工受託、その他

ラインナップ

型番 概要
KD50MS

KD80MS

KD125MS

KD200MS

HD8M

HD10M

カタログ【粉砕・圧送が同時に可能!】ステンレス破砕ポンプ【デモ可能】

  • 1台3役!あらゆる湿式破砕の分野で活躍
    液中固形物を破砕・分散・混合・圧送する湿式破砕機

    【主な特徴】
    ◆破砕とポンプ圧送を同時に
    破砕羽根車は、破砕と同時に圧送が可能でポンプの機能も兼ねます
    また直接ラインに組み込めるので工程が簡略化され、経済的です。
    ◆抜群の破砕能力
    切刃、破砕羽根車、シユラウドリング、格子の4点部品で3段階に破砕を行います。
    各部品には硬さと靭性のバランスのとれた最高級の材質が使用されています。
    ◆希望の粒度に破砕可能
    破砕羽根車の刃の枚数、格子の目の荒さ、流速を組み合わせることで、御希望の粒度が得られます。
    ◆高濃度、高粘度でも破砕、圧送が可能
    ◆保守が楽

    特殊構造の破砕ポンプは現在に至るまで50年以上国産(Made in JAPAN)にこだわった製品です。
    【詳しくはカタログダウンロード、またはお気軽にお問い合わせください】
    [PDF:5MB]
  • (1) Provides cutting and pump pressure feeding at the same time.
    (2) Stunning cutting capability
    (3) Cutting to a specified particle size.
    (4) Provides cutting and pressure feeding of high-concentration and high-viscosity materials.
    (5) Simple maintenance.
    [PDF:24MB]
  • 客先:化学会社
    導入ライン:ラテックス製造ライン
    目的:タンク壁面に成長したラテックス皮膜が落ちて管路内に閉塞するのを防止する。及び皮膜内に残っているラテックス液の回収。
    効果:管路内閉塞が無くなり破砕ポンプ内スリット格子を通過することで皮膜が成長することがなくなる。また皮膜内に残っているラテックス駅の改修に成功!。

    特殊構造の破砕ポンプは現在に至るまで50年以上国産(Made in JAPAN)にこだわった製品です。
    [PDF:279KB]
  • 客先:洗剤メーカー
    導入ライン:排水処理ライン
    目的:排水処理工程において、木屑、葉っぱ、鳥の羽根等が混入し濾布(ベルトフィルター)を破ることを防止する。
    効果:従来スクリーンで掻き上げていた汚泥の除去がなくなると共に、後段の濾布を破ることをなくすことに成功!
    特殊構造の破砕ポンプは現在に至るまで50年以上国産(Made in JAPAN)にこだわった製品です。
    [PDF:141KB]

取扱会社【粉砕・圧送が同時に可能!】ステンレス破砕ポンプ【デモ可能】

ハスクバーナ・ゼノア株式会社 ポンプ部

 昭和34年に小松製作所がスイスの産業機器総合メーカーSULZER BROTHERS社と技術提携し開発製作した特殊構造の破砕ポンプは現在に至るまで50年以上国産(Made in JAPAN)にこだわった製品です。  液体中の固形物を均一な大きさに切断破砕し、均質な個液混合体として、詰り無くポンプ輸送を行う事が出来ます。 グループ会社のコマツゼノアに生産販売を移管し、ハスクバーナ・ゼノアとなった現在に至るまで、し尿処理、下水処理の施設に1000ケ所、3000台以上の販売実績を持ち、あらゆる分野(一般化学・合成ゴム・合成樹脂・無機、有機科学品・合成繊維・食品・医薬品・紙・パルプ・産業廃棄物・土木工事)などの固形物処理でも欠くことの出来ない機械であり、日本国内ではトップメーカーの機械となっております。  これからも長年のノウハウと実績で、時代が求める商品を日々追い求めていきます。

【粉砕・圧送が同時に可能!】ステンレス破砕ポンプ【デモ可能】へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ハスクバーナ・ゼノア株式会社 ポンプ部

【粉砕・圧送が同時に可能!】ステンレス破砕ポンプ【デモ可能】 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 設計から出荷まで一括対応 製缶製品の製造・加工は蔦木にお任せ
  • 全80,000アイテム収録!金属リベット、インサートカラーなどの新商品も掲載 総合カタログ最新版進呈

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー