株式会社食環境衛生研究所 畜産分野・検査 「飼料検査」

畜産分野・検査 「飼料検査」 http://www.ipros.jp/public/product/image/22a/2000179742/IPROS5398805236332981469.jpg 【検査の特長】 ○一般栄養成分 →水分・粗蛋白・粗脂肪・粗繊維・粗灰分など、飼料の基礎栄養成分 ○ビタミン →必須栄養素 ○ミネラル・重金属 →カルシウムやマグネシウムなど必須栄養素の他に、  食品中に含まれると問題となるカドミウムや鉛などの重金属 ○カビ毒 →繫殖障害や肥育障害、中毒症例等も確認される危害項目  アフラトキシンやデオキシニバレノールなど特定のカビの産生する毒素 ○微生物検査 →真菌数(カビ数)やサルモネラなどの衛生管理項目や  発酵飼料中の乳酸菌や真菌数(酵母数)等も実施 ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 株式会社食環境衛生研究所 測定・分析 > 受託サービス > 受託検査 お問い合わせ下さい。
栄養成分値を確認することで効率のよい生産に結び付きます。

家畜に供する飼料は、近年ではただの栄養源だけではなく、様々な付加価値をつけるためにも重要視されております。
一般的な栄養成分だけではなく、肉質や繁殖に影響を与えるビタミンやミネラル、アミノ酸や、危害要因となるカビ毒や重金属など様々な視点で管理されています。
近年ではエコフィード(食品残渣を利用した飼料製造)などが盛んにおこなわれています。
その際に出来上がった飼料の栄養状態や危害要因を知ることは非常に重要です。

【特徴】
○栄養成分値を確認することで効率のよい生産に結び付く
○飼料の衛生管理は疾病予防の重要事項
○食中毒の予防にもつながる
○付加価値を付けた食肉の生産にも役立つ

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

基本情報畜産分野・検査 「飼料検査」

【検査の特長】
○一般栄養成分
→水分・粗蛋白・粗脂肪・粗繊維・粗灰分など、飼料の基礎栄養成分
○ビタミン
→必須栄養素
○ミネラル・重金属
→カルシウムやマグネシウムなど必須栄養素の他に、
 食品中に含まれると問題となるカドミウムや鉛などの重金属
○カビ毒
→繫殖障害や肥育障害、中毒症例等も確認される危害項目
 アフラトキシンやデオキシニバレノールなど特定のカビの産生する毒素
○微生物検査
→真菌数(カビ数)やサルモネラなどの衛生管理項目や
 発酵飼料中の乳酸菌や真菌数(酵母数)等も実施

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格 お問い合わせ下さい。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
※お問い合わせ下さい。
用途/実績例 【用途】
○増体不良時等の栄養成分の確認
○自家配合飼料の成分分析など
○疾病発生時等、飼料原因が疑われる場合
○カビ毒が疑われる疾病の発生原因確認

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

カタログ畜産分野・検査 「飼料検査」

取扱企業畜産分野・検査 「飼料検査」

shokukanken_image.JPG

株式会社食環境衛生研究所

●食品分野・検査 ●畜産分野・検査 ●受託試験 ●コンサルティング ●飼料・資材販売

畜産分野・検査 「飼料検査」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社食環境衛生研究所

畜産分野・検査 「飼料検査」 が登録されているカテゴリ