GNSS変位連続観測システム
GNSS変位連続観測システム http://www.ipros.jp/public/product/image/093/2000181935/IPROS1801873450724550927.jpg ○外形寸法:142φ×205mm(センサー部のみ) ○重量:0.5kg(センサー部のみ) ○電源(消費電力):4.5V~32V DCの外部電源又はソーラーバッテリーユニット             1W以下 ○測位精度:統計処理後 約2mm ※製品写真及び仕様、説明につきましては予告なく変更されることがあります   長田電機株式会社 制御・電機機器 > FA機器 > センサ GNSS変位連続観測システム SB-35
  • 地盤変位を高精度で計測!低コスト!地すべり予知やインフラ老朽化判断に!
    長田電機株式会社
    【特徴】
    ・RTK測位方式により地殻などの変位を約2mmの高精度で連続的に計測可能
    ・1周波受信機を利用することで低価格が可能
    ・無線ネットワーク、ソーラーバッテリー(※1)でのケーブルレス化で、設置工事・メンテナンスコストを大幅削減
    ・有線(※2)による通信も可能(RS-485通信方式)

    【用途】
    高速道路、鉄道、堤防、ダム、橋梁、急斜面などの変位計測により、地すべりなどの予知やインフラの老朽化判断などにご利用ください

    詳しくはお問い合わせ、又はカタログをご覧ください

    ※1)ソーラーバッテリーはオプション
    ※2)設置条件により可能

基本情報GNSS変位連続観測システム

○外形寸法:142φ×205mm(センサー部のみ)
○重量:0.5kg(センサー部のみ)
○電源(消費電力):4.5V~32V DCの外部電源又はソーラーバッテリーユニット
            1W以下
○測位精度:統計処理後 約2mm

※製品写真及び仕様、説明につきましては予告なく変更されることがあります




 

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中
※お問い合わせください

型番・ブランド名

GNSS変位連続観測システム SB-35

用途/実績例

【用途】
高速道路、鉄道、堤防、ダム、橋梁、急斜面等で、地すべりなどの予知やインフラの老朽化判断などにご利用ください

よく使用される業種

試験・分析・測定、建築・土木・エンジニアリング、官公庁、その他

カタログGNSS変位連続観測システム

  • 【記載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください】
    RTK-GPS(GNSS)による産業用移動体向け航法センサー
  • 【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください】
    長田電機株式会社は、創業より50有余年、創業者の信条”誠実・協力・信念”を基本に、多岐にわたる電子機器を世に送り出してまいりました。常に顧客中心をモットーに、お客様のニーズを的確に受け止め、ハードウェア・ソフトウェアの設計から生産まで、一貫した総合力でお客様のご要望に応じた製品とサービスの提供に努めてまいります。
  • GNSS変位観測システムの設置・ご利用シーンのイメージ資料です。
    資料内容以外にも様々なシーンでご利用の可能性があります。

    ※詳しくはお問い合わせいただくか、カタログをダウンロードしてご覧下さい。
  • 【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください】
    RTK測位方式により、地殻などの変位を高精度で連続的に計測できるのが特徴の「GNSS変位連続観測システム SB-35」

取扱会社GNSS変位連続観測システム

GNSS変位連続観測システムへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

長田電機株式会社

GNSS変位連続観測システム が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 断水不要!ネジを締めるだけで配管の水漏れが直る!児玉工業の圧着ソケット
  • 多人数での双方向同時通話が可能 ワイヤレスインターカムシステム

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー