質の良い塗膜を形成する配合設計のためのSP値活用の考えと適用例
質の良い塗膜を形成する配合設計のためのSP値活用の考えと適用例 http://www.ipros.jp/public/product/image/2a6/2000200581/IPROS5387717092395741296.jpg 【講演主旨】 良い塗膜を得るには、それを構成する樹脂・添加剤・顔料,フィラーなどの粒子・溶剤などの親和性を評価して設計することが必要である。物質間の親和性の尺度として、SP(溶解性パラメータ)がある。SPを使って親和性を定量化することにより、添加剤をはじめとする塗膜の構成要素を選定して良質で塗膜欠陥(クレータ,色浮き,色分れなど)のない塗膜を形成することができる。SPの基本的な考え方と応用事例について解説する。 株式会社&Tech(AndTech,アンドテック) セミナー・スキルアップ > 技術者向け > 技術セミナー S50101 43200

基本情報質の良い塗膜を形成する配合設計のためのSP値活用の考えと適用例

【講演主旨】
良い塗膜を得るには、それを構成する樹脂・添加剤・顔料,フィラーなどの粒子・溶剤などの親和性を評価して設計することが必要である。物質間の親和性の尺度として、SP(溶解性パラメータ)がある。SPを使って親和性を定量化することにより、添加剤をはじめとする塗膜の構成要素を選定して良質で塗膜欠陥(クレータ,色浮き,色分れなど)のない塗膜を形成することができる。SPの基本的な考え方と応用事例について解説する。

価格

43200
※1月8日以降のお申込は49,680円(税込、テキスト費用を含む)

価格帯

1万円以上 10万円未満

納期

2・3日

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

S50101

用途/実績例

【キーワード】
1. 溶解性パラメータ
2. 塗膜欠陥
3. 添加剤選択

【プログラム】

1.親和性の基礎理論
 1-1 分子間の力と親和性
 1-2 溶解性パラメータとは
 1-3 混ざる・混ざらない;混合の渕理化学
 1-4 ぬれと付着

2.溶解性パラメータの成分わけ
 2-1 3次元溶解パラメータ
 2-2 三角座標によるSP表現
 2-3 三角座標を用いた樹脂・顔料の特性評価と利用方法

3.SP値の測定
 3-1 物理的特性からの推定
 3-2 構造式からの推定
 3-3 濁度滴定

4.SPの利用と良好な塗膜設計
 4-1 粒子分散系の配合設計
    ・分散剤の選定
    ・溶剤の選定
 4-2 シンナー設計
 4-3 添加剤の選定
    ・消泡 抑泡
    ・クレータ(ヘコミ ハジキ)の発現機構と対応策
 4-4 現場でのトラブル事例

5.まとめ

【質疑応答 名刺交換】

よく使用される業種

飲食料品、繊維、紙・パルプ、化学、石油・石炭製品、ゴム製品、ガラス・土石製品、木材、セラミックス、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、試験・分析・測定、IT・情報通信、ソフトウェア、CAD/CAM、環境、エネルギー、医療機器、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、印刷業、製造・加工受託、その他製造、商社・卸売り、小売、電気・ガス・水道業、倉庫・運輸関連業、情報通信業、医療・福祉、教育・研究機関、官公庁、水産・農林業、鉱業

取扱会社質の良い塗膜を形成する配合設計のためのSP値活用の考えと適用例

■化学・電機・特許・医療機器関連の先端技術開発、規格動向、市場動向、品質を中心にセミナー企画を月に30~40本実施しています。 ■フィルム機能性といった化学系書籍を企画出版しています。 ■化学・電機・医薬・機械の技術開発、生産/品質管理(ヒューマンエラー対策、在庫管理)、事業探索の専門家を企業内研修の講師として派遣しています。  私たちの提案により、日々、新しい技術開発が生まれております。自社にない技術に関する外部の専門家の紹介であればお任せください。弊社実績・取引先・サービスの相談は直接、弊社に電話・メールにてお問い合わせください。 ■お客様の新規顧客開拓を目的としたPRセミナー、あるいは既存顧客の満足度を更に高めるアピールセミナーを企業・団体組織からの相談により、内容提案・集客方法といった素人では難しい企画協力・コンサルティングを行っております。これまで2,30人しか集まらなかった講演会が弊社の企画提案により参加者が5倍増(最大300名の実績もあり)になるなどリピートのお客様が増えております。なお、ひと月に対応できる案件数が決まっているため、お早めにお問い合わせいただけますと幸いでございます。

質の良い塗膜を形成する配合設計のためのSP値活用の考えと適用例へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社&Tech(AndTech,アンドテック)

質の良い塗膜を形成する配合設計のためのSP値活用の考えと適用例 が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す

  • 暑い現場を5℃冷やす。霧+ファンの冷房装置『COOLJetter』
  • 危険性流体のサンプリングを手作業で行っていませんか?

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー