株式会社AndTech 自動車用CFRPの開発・設計・評価と要求特性・採用動向

自動車用CFRPの開発・設計・評価と要求特性・採用動向 http://www.ipros.jp/public/product/image/14d/2000200745/IPROS5387717092395741296.jpg 【第1講 講演趣旨】  過去数十年の間に地球の温暖化が急速に進み、日本でも猛暑や異常気象が毎年のように発生している。その主な原因の一つが、自動車から排出されるCO2ガスの増加であると云われている。自動車の重量を軽くすれば、確実にCO2ガスを減らすことができることが判っており、今後ますます軽量化技術の革新的な進化が求められている。本講座では、今最も大きな期待を集めている樹脂材料CFRPについて、自動車ボディー構造設計の基礎を学びながら、自動車への採用動向、成形・加工技術、技術課題などを判りやすく解説する。 【第2講 講演主旨】 地球温暖化対策のためにも自動車の軽量化は重要。航空宇宙やスポーツ材料における超軽量素材のCFRPに着目した開発が欧州を中心に盛んになっている。トヨタ自動車もレクサスLFAにCFRPボデーを採用。近年、BMWが電気自動車に採用した。今後、更に量産化を行うには、更にハイサイクル性が求められ、熱可塑CFRPの研究が産官学の協力下で進められている。 ここでは、レクサスLFAなどの開発の知見から、今後のCRRPの課題、期待、展望について触れてみる。 株式会社AndTech セミナー・スキルアップ > 技術者向け > 技術セミナー S50127 57240 【1社2名】46,440円(税込、テキスト費用を含む)
★他部材との接合の問題も解説!樹脂タンクのCFRPの要求は?

【会 場】
東京中央区立産業会館 4F 第1集会室【東京都・中央区】

【日 時】2015年1月30日(金) 10:45-15:30

【講 師】
第1部 リンツリサーチエンジニアリング(株) 代表取締役 小松 隆 氏

第2部 金沢工業大学大学院 工学研究科 高信頼ものづくり専攻 教授 影山 裕史 氏
 (※ 元トヨタ自動車(株)にてご在籍)

第3部 ビー・エム・ダブリュー(株)技術顧問 山根健オフィス 山根 健 氏

基本情報自動車用CFRPの開発・設計・評価と要求特性・採用動向

【第1講 講演趣旨】
 過去数十年の間に地球の温暖化が急速に進み、日本でも猛暑や異常気象が毎年のように発生している。その主な原因の一つが、自動車から排出されるCO2ガスの増加であると云われている。自動車の重量を軽くすれば、確実にCO2ガスを減らすことができることが判っており、今後ますます軽量化技術の革新的な進化が求められている。本講座では、今最も大きな期待を集めている樹脂材料CFRPについて、自動車ボディー構造設計の基礎を学びながら、自動車への採用動向、成形・加工技術、技術課題などを判りやすく解説する。

【第2講 講演主旨】
地球温暖化対策のためにも自動車の軽量化は重要。航空宇宙やスポーツ材料における超軽量素材のCFRPに着目した開発が欧州を中心に盛んになっている。トヨタ自動車もレクサスLFAにCFRPボデーを採用。近年、BMWが電気自動車に採用した。今後、更に量産化を行うには、更にハイサイクル性が求められ、熱可塑CFRPの研究が産官学の協力下で進められている。
ここでは、レクサスLFAなどの開発の知見から、今後のCRRPの課題、期待、展望について触れてみる。

価格 57240
【1社2名】46,440円(税込、テキスト費用を含む)
価格帯 1万円以上 10万円未満
納期 2・3日
型番・ブランド名 S50127
用途/実績例 第1部 自動車の軽量化とCFRPの採用動向、成形・加工技術
【10:45-12:00】

【プログラム】
5.CFRPの種類と特徴
 5-1 熱硬化性CFRPと熱可塑性CFRP
6.CFRPの成形、加工技術
7.CFRPの自動車適用への課題
【質疑応答 名刺交換】

第2部 自動車におけるCFRP技術の現状と展望
【12:45-14:00】

【プログラム】
1.CFRPとは
2.自動車へのCFRPの適用の現状、研究開発の動向と展望
 2-1.CFRPの現状開発例(自動車以外)
 2-2.自動車用CFRP開発例
  2-2-1.使用量(構成材料比較)
  2-2-2.用途と特徴
  2-2-3.トヨタの開発例
   2-2-3-2.水素タンク
   2-2-3-3.CFRPボデー
    ・構造     ・工法
    ・接着接合   ・車両特性
  2-2-4.欧州の最近の開発例
 2-3.採用目的とその変化
3.自動車とCFRP、今後の課題、将来展望

第3部 自動車におけるCFRPの採用・技術動向と今後の課題
【14:15-15:30】

取扱企業自動車用CFRPの開発・設計・評価と要求特性・採用動向

株式会社AndTech

ここ数年、クライアントの多くにご質問されます。創業期であれば、セミナー企画から事業を始めたため、セミナー企画会社と云われていました。或いは「機能性フィルム」をテーマとした書籍を国内で初めて発刊したことにより技術系出版社とも云われていました。 それらの声は、どれも正しくもあり、どれも正しくはないとも云えます。あらためて、弊社の基盤事業とは何かと云う問いに解を求められると我々はこう答えます。人・技術・市場の情報を原材料とする情報加工が基盤事業です。 分かり易く解説すると、弊社は単一の事業領域・形態に頼ったビジネスを基盤事業とはせず、時代に求められる「情報」を原材料に、「主催セミナー」「出版」「講師派遣」「技術コンサルタント派遣」「事業開発コンサルティング」「顧客主催講演会企画代行」「ビジネスマッチング」「市場調査」と云うクライアントが求める事業領域・形態に加工して提供する企業と云えます。 それが基盤事業であり、時代の変化と共にクライアントが求めるビジネスに加工して、これからも事業領域を広げていけるのが弊社の強みであると云えます。

自動車用CFRPの開発・設計・評価と要求特性・採用動向へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社AndTech

自動車用CFRPの開発・設計・評価と要求特性・採用動向 が登録されているカテゴリ