自転公転式撹拌脱泡機『Hi-Merger』HM-400WV
自転公転式撹拌脱泡機『Hi-Merger』HM-400WV http://www.ipros.jp/public/product/image/2df/2000201543/IPROS1394104039795556848.jpg 《特長》 ✔真空機能付き  真空機能を使うことで、より高度な脱泡力を発揮します。  さらに、処理時間も大幅に短縮します。 ✔カラータッチパネルで簡単操作  条件設定は、タッチパネルで変更したい数値をタッチするだけ!  誰でも簡単に行えます。 ✔1軸制御  自公転速度の比率が一定のため、条件設定が簡単です。 《仕様》 容  量:400cc×2カップ 装置形態:自立型(キャスター付) 付加機能:真空脱泡機能 回転数 :可変(自公転比率固定) 共立精機株式会社 科学・理化学機器 > 理化学機器 > ミキサー・攪拌器 HM-400WV
  • この製品 を
  • Twitterボタン

動画で製品特徴をわかりやすくご紹介

    このページで動画見るには、Flash Playerが必要です。(Flash Playerのインストールはこちら
    動画が見れない場合は、こちらからご覧ください。(外部サイト)

基本情報自転公転式撹拌脱泡機『Hi-Merger』HM-400WV

《特長》
✔真空機能付き
 真空機能を使うことで、より高度な脱泡力を発揮します。
 さらに、処理時間も大幅に短縮します。

✔カラータッチパネルで簡単操作
 条件設定は、タッチパネルで変更したい数値をタッチするだけ!
 誰でも簡単に行えます。

✔1軸制御
 自公転速度の比率が一定のため、条件設定が簡単です。

《仕様》
容  量:400cc×2カップ
装置形態:自立型(キャスター付)
付加機能:真空脱泡機能
回転数 :可変(自公転比率固定)

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

100万円以上 500万円未満

納期

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

HM-400WV

用途/実績例

液体・紛体等材料の撹拌、脱泡、分散

よく使用される業種

飲食料品、化学、ゴム製品、セラミックス、樹脂・プラスチック、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、試験・分析・測定、医薬品・バイオ、印刷業、教育・研究機関

ラインナップ

型番 概要
HM-50SE

オートバランス機能搭載のコンパクトタイプ。少量対応で、基礎研究や開発分野に最適です。

HM-200WD

脱泡運転機能搭載で、真空機能なしでも高い脱泡力を発揮します。

HM-200WV

少量生産、研究・開発に最適、真空機能付き。 真空脱泡機能を搭載しているため、より高い脱泡力を発揮します。

HM-400W

中量生産向け、自立型で移動も簡単。 自転と公転の速度をそれぞれ制御しているため、より高精度な撹拌脱泡が可能です。

HMS-400W

サーボモータ搭載で、正確な回転制御を実現。 高粘度材料の撹拌脱泡でも、安定した品質を保ちます。

HM-2500W

大量生産向け。 最大5000ccの材料を撹拌と同時に脱泡する装置です。

カタログ自転公転式撹拌脱泡機『Hi-Merger』HM-400WV

  • 撹拌脱泡機『ハイマージャ』は、材料を容器に入れ、高速で自転と公転をさせることで、容器内で対流を発生させ、混ぜる(撹拌)と同時に泡を除去(脱泡)する装置です。
    プロペラレスのため、材料のダメージとロスを低減します。
    [PDF:11MB]

取扱会社自転公転式撹拌脱泡機『Hi-Merger』HM-400WV

共立精機株式会社

工作用機械機器および関連部品の製造、販売

自転公転式撹拌脱泡機『Hi-Merger』HM-400WVへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

共立精機株式会社


  • 暑い現場を5℃冷やす。霧+ファンの冷房装置『COOLJetter』
  • 危険性流体のサンプリングを手作業で行っていませんか?

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー