設計・施工実例 インライン型 高・低温試験機
設計・施工実例 インライン型 高・低温試験機 http://www.ipros.jp/public/product/image/311/2000202298/IPROS3670118434436969012.jpg 【システムの条件】 ○試験室温度条件は低温槽が、(-30℃ ~ -35℃)の可変、高温槽が、  (75℃ ~ 80℃)の可変で、設定温度に対する槽内温度精度は±1℃ →槽内ワーク個数180個で25秒タクトで搬送できる ○低温槽は内部にWコイルを組み込んであるため、  除霜のタイムロスが無く、連続運転が可能 ○高低温槽ともに、高さを利用した垂直搬送システムを採用 →省スペースでの設置が可能(特許取得済み) ○低温側から高温側への高速移動により、ヒートショック試験が可能 →ニーズに応じて、最適なエージングシステムを提供 ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 株式会社ヒーバックシステム 測定・分析 > 試験機器・装置 > 環境試験装置
  • ワーク高温試験・低温試験・温度衝撃試験が可能なエージングシステム
    株式会社ヒーバックシステム
    電子部品から完成品までの自動エージング機能試験が可能なシステムです。
    低温(-40℃)から高温(+125℃)までのインライン化を実現。
    デバイス(BGA、HIC 等)から実装基板の様々な用途におけるインライン高低温エージング機能試験を実現しました。

    【システムの導入効果】
    ○急冷・急加熱
    ○多様なプロダクトラインに対応

    詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

基本情報設計・施工実例 インライン型 高・低温試験機

【システムの条件】
○試験室温度条件は低温槽が、(-30℃ ~ -35℃)の可変、高温槽が、
 (75℃ ~ 80℃)の可変で、設定温度に対する槽内温度精度は±1℃
→槽内ワーク個数180個で25秒タクトで搬送できる
○低温槽は内部にWコイルを組み込んであるため、
 除霜のタイムロスが無く、連続運転が可能
○高低温槽ともに、高さを利用した垂直搬送システムを採用
→省スペースでの設置が可能(特許取得済み)
○低温側から高温側への高速移動により、ヒートショック試験が可能
→ニーズに応じて、最適なエージングシステムを提供

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格

※お問い合わせ下さい。

価格帯

納期


※お問い合わせ下さい。

発売日

取扱い中

用途/実績例

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

よく使用される業種

ロボット、機械要素・部品、電子部品・半導体、光学機器、環境、建材・資材・什器、製造・加工受託、その他製造、その他

カタログ設計・施工実例 インライン型 高・低温試験機

  • 【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください】
    空調・換気設備、恒温恒湿室、高低温機能試験機…等さまざまな冷熱事業全般のシステム設計から、施工・メンテナンスまでトータルサポートしております。

取扱会社設計・施工実例 インライン型 高・低温試験機

■恒温恒湿設備工事  ■精密恒温環境ユニット  ■空調設備工事 ■換気設備工事    ■環境試験室設備工事   ■エージングテストシステム装置 ■特殊専用冷熱機器  ■クリーンルーム設備工事 ■間仕切り工事 ■冷凍冷蔵設備工事  ■電機設備工事      ■給排水設備工事 ■消防設備工事    ■オール電化設備     ■その他設備工事全般の設計・施工

設計・施工実例 インライン型 高・低温試験機へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ヒーバックシステム

設計・施工実例 インライン型 高・低温試験機 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 外付け部品内蔵で業界最小クラスの部品点数を実現!USB Type-C
  • イノベーション・ジャパン2017~大学見本市&ビジネスマッチング~

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー