ボンメッシュ 透過性・洗浄性に優れる高機能フィルターメディア
ボンメッシュ 透過性・洗浄性に優れる高機能フィルターメディア http://www.ipros.jp/public/product/image/db8/2000204791/IPROS3907831013707564191.JPG 金網部分は、SUS316L、パンチングメタル部分は、SUS304を標準材質としています。ボンメッシュはお客様の使用条件、用途に応じて層数および構成メッシュを選定し製作します。ご要望に応え、さまざまなろ過粒度・ろ過抵抗のものが製作できます。 詳しくはお気軽にお問い合わせください。 ニチダイフィルタ株式会社 制御・電機機器 > フィルタ > その他フィルタ
  • お客様の使用条件、用途に応じてカスタマイズ致します。様々なろ過精度、ろ過抵抗のものが製作可能です。
    ニチダイフィルタ株式会社
    ボンメッシュは、ろ材部に洗浄性に優れた平織金網を積層し、補強部材としてパンチングメタルを配置して一体焼結したタイプのフィルターです。透過性、洗浄性を重視したフィルターで、主に食品・医薬品・化学工業のろ過に採用されています。

    【特長】
    高精度…豊富なろ過精度の選択が可能で、それぞれに高いろ過機能を発揮します。

    透過性…平織・綾織金網の組み合わせで低圧力損失・高流量を実現します。

    洗浄性…表面ろ過タイプのため、洗浄性に優れています。

    耐久性…機械的強度に優れ、種々の加工(曲げ加工・機械加工・溶接加工)の適用ができます。
  • 画像をクリックして拡大イメージを表示

基本情報ボンメッシュ 透過性・洗浄性に優れる高機能フィルターメディア

金網部分は、SUS316L、パンチングメタル部分は、SUS304を標準材質としています。ボンメッシュはお客様の使用条件、用途に応じて層数および構成メッシュを選定し製作します。ご要望に応え、さまざまなろ過粒度・ろ過抵抗のものが製作できます。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期


※お気軽にお問い合わせください

発売日

取扱い中

用途/実績例

飲料・食品、医薬、原子力関係、化学工業など

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

よく使用される業種

飲食料品、化学、エネルギー、医薬品・バイオ

詳細情報ボンメッシュ 透過性・洗浄性に優れる高機能フィルターメディア

ボンメッシュ構成図

カタログボンメッシュ 透過性・洗浄性に優れる高機能フィルターメディア

取扱会社ボンメッシュ 透過性・洗浄性に優れる高機能フィルターメディア

ニチダイフィルタ株式会社

ニチダイフィルタ株式会社は、独自の技術でステンレス素材(主にステンレス・クロスとメッシュ)の拡散接合(焼結)を40年余りにわたって実施してきたステンレス素材の拡散接合のパイオニアかつエキスパートです。焼結金属フィルターをはじめとした当社のステンレス多孔質体は航空宇宙産業から石油化学、医療、食品など多岐にわたる産業分野においてご使用いただいております。タイにも生産拠点を構え、日本とタイを合わせて今やステンレス素材の拡散接合製品の供給量および供給能力は間違いなく世界一ではないかと自負しております。  開発から製造までの一貫体制で皆様のニーズにお応えします。ステンレス素材の拡散接合が必要な場合には、ぜひとも当社にお気軽にご相談下さい。

ボンメッシュ 透過性・洗浄性に優れる高機能フィルターメディアへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ニチダイフィルタ株式会社

ボンメッシュ 透過性・洗浄性に優れる高機能フィルターメディア が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • レーザーでは難しい「微細加工」もお任せ! 半導体・センサ パッケージング技術展に出展します
  • 東芝機械の産業用ロボット コストパフォーマンス&省エネ 自動化ニーズに幅広く対応

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー