molex■LEDホルダー
molex■LEDホルダー http://www.ipros.jp/public/product/image/6d9/2000204990/IPROS8030050051027935632.jpg COB LEDアレイを搭載するためのさまざまな圧着ソリューションを生産しています。 このような耐熱アレイホルダーにより、LEDを照明装置に簡単に統合でき、特殊な工具は不要です。 モレックスのチップオンボードLEDアレイホルダーにより、システムにかかる総費用が削減され、照明システムの信頼性が向上します。 接続点を単純なネジで留めることにより、無駄のない製造プロセスと最新のLED技術の容易な統合が実現します。 ■下記の照明用 LEDメーカー向けのCOBホルダーを用意しています。 Citizen Sharp Bridgelux Cree Nichia Illumitex ※各メーカーの対応可能なLEDは別途お問い合わせください 【くわしくはカタログダウンロード、またはお気軽にお問い合わせください】 河野エレクトロニクス株式会社 電子部品・モジュール > LED > チップ型LED
  • この製品を
  • Twitterボタン

動画で製品特徴をわかりやすくご紹介

基本情報molex■LEDホルダー

COB LEDアレイを搭載するためのさまざまな圧着ソリューションを生産しています。
このような耐熱アレイホルダーにより、LEDを照明装置に簡単に統合でき、特殊な工具は不要です。

モレックスのチップオンボードLEDアレイホルダーにより、システムにかかる総費用が削減され、照明システムの信頼性が向上します。
接続点を単純なネジで留めることにより、無駄のない製造プロセスと最新のLED技術の容易な統合が実現します。

■下記の照明用 LEDメーカー向けのCOBホルダーを用意しています。
Citizen
Sharp
Bridgelux
Cree
Nichia
Illumitex
※各メーカーの対応可能なLEDは別途お問い合わせください

【くわしくはカタログダウンロード、またはお気軽にお問い合わせください】

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

【用途】
・コンシューマー
・産業用
・ソリッドステイトライティング

よく使用される業種

産業用機械、ロボット、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、医療・福祉

カタログmolex■LEDホルダー

  • Molex LEDアレイホルダーは、LED取り付けプロセスを容易にし、
    手作業による半田付けが不要なコンプレッションコンタクトで取り付けに要する時間を短縮します。

    【くわしくはカタログダウンロード、またはお気軽にお問い合わせください】
    [PDF:7MB]
  • 薄型LED照明モジュールアプリケーションに適したモレックスLite-Trap  SMTコネクターは 低背、電線の挿入・取り外しの容易さ高い電線保持力を備えた製品です。

    【くわしくはカタログダウンロード、またはお気軽にお問い合わせください】
    [PDF:808KB]

取扱会社molex■LEDホルダー

河野エレクトロニクス株式会社

■ コネクタを始めとする各種電気部品の販売   (3M製テープ・接着剤を一部取扱い) ■ 主な取扱いメーカー ・日本モレックス合同会社 ・ヒロセ電機株式会社 ・スリーエム ジャパン株式会社 ・日本航空電子工業株式会社 ・イリソ電子工業株式会社 ■kohno Online Shop ・8月 リニューアル ・10月 土曜日出荷開始

molex■LEDホルダーへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

河野エレクトロニクス株式会社

molex■LEDホルダー が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 電波干渉が少ない5GHz帯 非圧縮データを高速伝送!
  • 機構部品がネットで買える!ゴムワッシャーは7,000点新規格化 廣杉計器のヒロスギネット

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー