小冊子進呈!『選定前に、読んでおきたい!超音波洗浄の豆知識』
小冊子進呈!『選定前に、読んでおきたい!超音波洗浄の豆知識』 http://www.ipros.jp/public/product/image/982/2000213340/IPROS3072801883950982020.jpg 【ラインアップ】 『MEGASONIC』(470kHz、1MHz) ウェハーやHDD用ディスクのサブミクロンの洗浄に最適。 ◎音圧のバラツキが少ない ◎ホットスポットを除去 『Hi-Frequency』(132kHz、192kHz) セラミックスタックを採用した高効率超音波ユニット。 ◎電源の負荷を低減し、効率の良い発振特性を実現 ◎除去できる粒子径が高周波になるほど上がる ※詳しくは小冊子ダウンロード、もしくはお問い合わせください。 ULT-JAPAN(ユーエルティージャパン)株式会社 電子部品・モジュール > 電子部品 > その他電子部品 -

基本情報小冊子進呈!『選定前に、読んでおきたい!超音波洗浄の豆知識』

【ラインアップ】
『MEGASONIC』(470kHz、1MHz)
ウェハーやHDD用ディスクのサブミクロンの洗浄に最適。
◎音圧のバラツキが少ない
◎ホットスポットを除去

『Hi-Frequency』(132kHz、192kHz)
セラミックスタックを採用した高効率超音波ユニット。
◎電源の負荷を低減し、効率の良い発振特性を実現
◎除去できる粒子径が高周波になるほど上がる
※詳しくは小冊子ダウンロード、もしくはお問い合わせください。

価格

-

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

水系・準水系洗浄
クリーンルーム
工場

よく使用される業種

樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、試験・分析・測定、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、製造・加工受託、医療・福祉、教育・研究機関

カタログ小冊子進呈!『選定前に、読んでおきたい!超音波洗浄の豆知識』

  • クリーンルームでの精密洗浄まで可能にした、多目的超音波精密洗浄装置です。
    タンクサイズを規格化することにより低価格を実現しています。
    オプションにより5槽まで追加対応が可能です。

    【特徴】
    ○水系・準水系洗浄用として使用することが出来きます。
    ○省スペース化を図るためにコンパクトに設計されています。
    ○工業洗浄アプリケーションに対するコスト削減にも貢献致します。
    ○洗浄、リンス、乾燥をコンパクト且つ非常に操作性の良い設計となっており、
     給水、排水、排気等のユーティリティーも簡単に接続することが可能です。
    ○搬送は手動にて行いますが、オプションにより自動搬送装置も追加可能です。
    [PDF:588KB]
  • 高品質な超音波洗浄機の開発・製造・販売を手がける当社から
    小冊子『選定前に、読んでおきたい!超音波洗浄の豆知識』をプレゼント!

    超音波洗浄とは?周波数の選定は?といった今さら人に聞けない基礎知識から、
    洗浄効率を向上させる方法や最適な洗浄機の選定方法などの
    実践的な内容まで、この道30年のプロが詳しく丁寧に解説!

    選定前に必ず読んでおきたい1冊です。

    【掲載内容】
    ■超音波洗浄とは?
    ■周波数の選定は?
    ■定在波による洗いムラって?
    ■洗浄効率を上げるには?
    ■高周波洗浄ユニット総合カタログ
    ※詳しくは小冊子ダウンロード、もしくはお問い合わせください。
    [PDF:2MB]

小冊子進呈!『選定前に、読んでおきたい!超音波洗浄の豆知識』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ULT-JAPAN(ユーエルティージャパン)株式会社


  • 業界最小クラスの1608サイズに2色搭載!ロームの小型・低背2色チップLED SML-D2シリーズ
  • 多人数での双方向同時通話が可能 ワイヤレスインターカムシステム

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー