大陽日酸株式会社 IQF装置(液化窒素を利用し、液体を粒状に凍結する装置です)

IQF装置(液化窒素を利用し、液体を粒状に凍結する装置です) http://www.ipros.jp/public/product/image/556/2000213841/IPROS2693549325924587417.gif この装置のメリットは・・・ ★ 液体の連続IQF化が可能 ★ φ2~8mm程度の粒子径で凍結可能 ★ 凍結物をグラム単位で必要量取出し可能 ★単位質量当たりの表面積が大きくなり、凍結物の解凍時間を短縮できる ★液体窒素浸漬方式により、急速凍結され、色、香り、食味等の品質維持が可能 大陽日酸株式会社 産業ガス事業本部 製造・加工機械 > 食品機械 > 食品加工装置
《凍結品質を向上》液化窒素中に凍結したい液体を滴下し、粒状に凍結することができる装置です。今までのブロック凍結に代わる新技術です

液化窒素は-196℃の低温の液体です。また、衛生的に非常にクリーンな液体です。
その液化窒素中に、凍結したい液体を滴下すると、その液体の表面張力によって液体は球状になります。その球状のまま急速凍結され、製品として個体の状態で取り出すことができます。(※温度上昇によって融けますので、保存・輸送には冷凍環境が必要です)

粒径は、滴下した時の大きさに依存します。
一般的に滴下した場合、直径4~6mm程度のものが製造できます。

使用用途は、食品分野、医薬分野、化学分野で利用されています。

納入実績としては、生産能力:数kg/h~400kg/hの実績がございます。

当社は、20年以上の研究に基づき、お客様のご要望に応じたIQF装置の設計を行います。

是非、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせにあたっては、以下の項目をお知らせいただくとスムーズです。
>対象流体(品名、粘度、温度)
>目標粒径(直径○○mm)
>生産量(○○g/min、○○kg/h)
>設置場所
>装置前後の付帯設備の必要性

基本情報IQF装置(液化窒素を利用し、液体を粒状に凍結する装置です)

この装置のメリットは・・・

★ 液体の連続IQF化が可能
★ φ2~8mm程度の粒子径で凍結可能
★ 凍結物をグラム単位で必要量取出し可能
★単位質量当たりの表面積が大きくなり、凍結物の解凍時間を短縮できる
★液体窒素浸漬方式により、急速凍結され、色、香り、食味等の品質維持が可能

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 食品(乳酸菌溶液、アイスetc.)
医薬(原薬etc.)
化学(高分子化合物etc.)

取扱企業IQF装置(液化窒素を利用し、液体を粒状に凍結する装置です)

WS000000.JPG

大陽日酸株式会社 産業ガス事業本部

 日本の産業界を根幹から支える鉄鋼業や化学工業では、酸素や窒素が酸化促進用や雰囲気ガスとして大量に使用されています。 自動車、機械、建設などの金属加工分野では、切断・溶接、熱処理などに酸素、窒素、アルゴン、アセチレンが使用され、品質と生産性の向上に貢献しています。  急成長を遂げているエレクトロニクス産業においては、窒素やアルゴン、電子材料ガスが大量に使われています。 あらゆる産業分野に、必要なガスを、必要なときに。私たちは、日本で、海外で、最適な供給方式でお届けしています。

IQF装置(液化窒素を利用し、液体を粒状に凍結する装置です)へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

大陽日酸株式会社 産業ガス事業本部

IQF装置(液化窒素を利用し、液体を粒状に凍結する装置です) が登録されているカテゴリ