光沢計
光沢計 http://www.ipros.jp/public/product/image/115/2000214212/IPROS3042257158431590745.jpg 計測前に校正作業を行います。光沢計の電源を入れ、付属の校正用標準タイル(黒)を計測します。校正用標準タイル(黒)と同じ数値になるようにADJ目盛りを回し校正します。その後、もう1枚の校正用標準タイル(白)を計測します。校正用標準タイル(白)の数値から±1.2GUの範囲内であることを確認します。(この校正作業は毎回する必要はありませんが、定期的に行って下さい。)校正作業終了後、実際の塗膜の上に光沢計を乗せて計測をおこないます オールグッド株式会社 測定・分析 > 試験機器・装置 > 試験機器・装置 商品コード:062-1 58000
  • 塗膜・インク・プラスチック・石・紙・タイル・エナメルなどの表面の光沢度を測定するために使用する60°光沢計
    オールグッド株式会社
    塗膜・インク・プラスチック・石・紙・タイル・エナメルなどの表面の光沢度を測定するために使用する60°光沢計です。一般には60°鏡面光沢度で塗装面の光沢の良否を定量評価しています。JIS-K5600には60°の角度は全ての塗膜対してに適応できると記載されています。光沢不良は、顔料分散の不十分・膜厚の過多及び不足、乾燥状態など様々な要因で発生します。また塗装面の仕上がり状態を、つや有り、3分つや、つや消しなど感覚的な表現で指示・管理をするのではなく、つやの程度を定量的に管理するために光沢計を使用します。塗装だけではなく、印刷物、フローリング、石材、革、プラスチックなど幅広い分野で使用されています。なお、この測定方法はメタリック塗装の光沢度測定には適していません。測定レンジ:0.0~199.9GU 精度:±1.2GU 計測エリア:14×30mm 電源:単三アルカリ電池×1本

基本情報光沢計

計測前に校正作業を行います。光沢計の電源を入れ、付属の校正用標準タイル(黒)を計測します。校正用標準タイル(黒)と同じ数値になるようにADJ目盛りを回し校正します。その後、もう1枚の校正用標準タイル(白)を計測します。校正用標準タイル(白)の数値から±1.2GUの範囲内であることを確認します。(この校正作業は毎回する必要はありませんが、定期的に行って下さい。)校正作業終了後、実際の塗膜の上に光沢計を乗せて計測をおこないます

価格

58000

価格帯

1万円以上 10万円未満

納期

即日

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

商品コード:062-1

用途/実績例

塗料・インク・コーティング材・化成品・樹脂製品・顔料・薬品・工業用塗装・自動車・建築・樹脂塗装・各メーカー及び販売店など

よく使用される業種

化学、ガラス・土石製品、樹脂・プラスチック、産業用機械、航空・宇宙、造船・重機、試験・分析・測定、医薬品・バイオ、印刷業、その他製造

取扱会社光沢計

塗装品質管理機器の販売。塗装品質管理機器のレンタルも行っております。

光沢計へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

オールグッド株式会社


  • 危険性流体のサンプリングを手作業で行っていませんか?
  • 暑い現場を5℃冷やす。霧+ファンの冷房装置『COOLJetter』

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー