機上自動工具研磨装置 「電研」
機上自動工具研磨装置 「電研」 http://www.ipros.jp/public/product/image/238/2000216629/IPROS5009224729420637928.jpg 【特徴】 ○測定・研磨・補正までの一体型の連動装置が、  工具摩耗による工具交換を不要にする ○土日・夜間の長時間自動運転を実現するため、  稼働率の大幅な向上、納期短縮に貢献 ○加工機内で工具の再研磨とデータ補正を行うため、工具摩耗による  加工段差を解消し、長時間加工を要する3次元曲面加工にも最高の精度を発揮 ○加工機内のツールホルダーに装着された工具をそのまま研磨するため、  加工機の軸心と工具軸心の精度を保ち、高精度加工を実現 ○工具交換時の径、測長、芯ブレ補正作業等の職人技を不要にする ○ノンストップ加工による生産性向上や工具の長寿命化、  工具再研磨のための外注も不要にし、製造コストをどんどん削減する ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 株式会社KMC 事業管理部 製造・加工機械 > 工作機械 > 研削盤
  • 電承シリーズ ATP-T1410[接触式] ATP-L1410[非接触式]
    株式会社KMC
    機上自動工具研磨装置 「電研」は、動作中の加工機内で工具の摩耗量の常時測定と工具の再研磨加工を行い、独自の補正ソフトにより、研磨後の工具径補正まで自動的に処理する究極のノンストップ加工装置です。
    測定・研磨・補正までの一体型の連動装置が、工具摩耗による工具交換を不要にします。

    【仕様】
    ○標準対応の工具類:ボールエンドミル(BEM)、フラットエンドミル(FEM)、
              ラジアスエンドミル(RBM)
    →その他テーパ工具、特殊工具については、オプションにて対応
    ○標準対応の工具径:φ1~φ30
    ○標準工具材料:超硬工具を標準としている
    ○研磨後の工具径、工具長測定精度:付帯の測定機器の精度に依存
    ○工具研磨補正ソフト:対象は、KMC専用制御装置、
               並びにFANAC社製の制御装置

    詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

基本情報機上自動工具研磨装置 「電研」

【特徴】
○測定・研磨・補正までの一体型の連動装置が、
 工具摩耗による工具交換を不要にする
○土日・夜間の長時間自動運転を実現するため、
 稼働率の大幅な向上、納期短縮に貢献
○加工機内で工具の再研磨とデータ補正を行うため、工具摩耗による
 加工段差を解消し、長時間加工を要する3次元曲面加工にも最高の精度を発揮
○加工機内のツールホルダーに装着された工具をそのまま研磨するため、
 加工機の軸心と工具軸心の精度を保ち、高精度加工を実現
○工具交換時の径、測長、芯ブレ補正作業等の職人技を不要にする
○ノンストップ加工による生産性向上や工具の長寿命化、
 工具再研磨のための外注も不要にし、製造コストをどんどん削減する

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格

※お問い合わせ下さい。

価格帯

納期


※お問い合わせ下さい。

発売日

取扱い中

用途/実績例

1.難削材を工具で削って部品加工をおこなっているため、工具の消耗が非常に激しい会社、2.工作機械メーカーが自社工作機械の付加価値アップのためにオプションとして設置する場合、3.金型メーカー等すでに工作機械が導入されている会社に対して設置する場合などのケースが考えられます。

よく使用される業種

産業用機械、ロボット、食品機械、民生用電気機器、産業用電気機器、自動車・輸送機器、製造・加工受託、その他製造、情報通信業、その他

カタログ機上自動工具研磨装置 「電研」

  • 【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください】
    機上自動工具研磨装置 「電研」は、動作中の加工機内で工具の摩耗量の常時測定と工具の再研磨加工を行い、独自の補正ソフトにより、研磨後の工具径補正まで自動的に処理する究極のノンストップ加工装置です。
    測定・研磨・補正までの一体型の連動装置が、工具摩耗による工具交換を不要にします。

取扱会社機上自動工具研磨装置 「電研」

○技術コンサルティング、研究開発、ソフト開発 1.技術コンサルティング 生産性の向上、不具合の削減をキーワードに自動化、データベース化等の仕組みを構築することによって解決いたします。これまで120社以上の大企業から中堅中小企業まで幅広く活動をしています。製造業では、目の前のオーダーをこなすために不具合の履歴をあとで記録したり、記録していても紙媒体のため探すのに時間がかかる等、同じ失敗を繰り返す環境下にあります。また、新たな分野に事業展開を図る、企業再生のコンサルティングも実施しております。 2.研究開発 かつて製造業が強かった日本において、何が原因で強かったかといえば、現場力にあります。自社特融の機械を開発することで、外国にはまねできない優位性を確保してました。今は、工作機械にしても同じ性能の工作機械であれば多く保有しているところが勝ちます。KMCでは、かつて強かった製造業を取り戻すべく自社の機械の開発、つねに新しい技術を展開することによってハードに基づく優位性の確保につとめます。 3.ソフトウェア 最近話題のトレーサビリティ管理、技術の伝承など時代にマッチしたソフトウェアを提供いたします。

機上自動工具研磨装置 「電研」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社KMC 事業管理部

機上自動工具研磨装置 「電研」 が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す

  • 危険性流体のサンプリングを手作業で行っていませんか?
  • ロームの評価キットシリーズにセンサメダルが新登場

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー