高強度ばね用ステンレス鋼線 EX-SUS(エクサス)
高強度ばね用ステンレス鋼線 EX-SUS(エクサス) http://www.ipros.jp/public/product/image/b99/2000219613/IPROS4685509389347754523.png 【特徴】 ○高強度ばね用ステンレス鋼線 EX-SUS(エクサス) ○高強度で耐食性にも優れた高強度ばね用ステンレス鋼線 ○SUS304-WPBよりも、さらに高い引張り強さを持つ →テンパー後、ピアノ線B種相当の強度を実現 ○SUS304-WPBと同等の加工性 ○SUS304と同等の耐食性 ○SUS304-WPBよりも広範囲でのテンパー温度条件の設定が可能  →300℃~450℃ ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 ニットク株式会社 素材・材料 > 金属材料 > ステンレス
  • 高強度で耐食性にも優れた高強度ばね用ステンレス鋼線です。
    ニットク株式会社
    EX-SUS(エクサス)は、高強度で耐食性にも優れた高強度ばね用ステンレス鋼線です。
    SUS304-WPBよりも、さらに高い引張り強さを持っています。
    テンパー後、ピアノ線B種相当の強度を実現。SUS304-WPBと同等の加工性。
    SUS304と同等の耐食性。
    SUS304-WPBよりも広範囲でのテンパー温度条件の設定が可能です。(300℃~450℃)

    【特徴】
    ○高強度で耐食性にも優れる
    ○SUS304-WPBよりも、さらに高い引張り強さを持つ
    ○テンパー後、ピアノ線B種相当の強度を実現
    ○SUS304-WPBと同等の加工性、SUS304と同等の耐食性
    ○SUS304-WPBよりも広範囲でのテンパー温度条件の設定が可能

    詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

基本情報高強度ばね用ステンレス鋼線 EX-SUS(エクサス)

【特徴】
○高強度ばね用ステンレス鋼線 EX-SUS(エクサス)
○高強度で耐食性にも優れた高強度ばね用ステンレス鋼線
○SUS304-WPBよりも、さらに高い引張り強さを持つ
→テンパー後、ピアノ線B種相当の強度を実現
○SUS304-WPBと同等の加工性
○SUS304と同等の耐食性
○SUS304-WPBよりも広範囲でのテンパー温度条件の設定が可能
 →300℃~450℃

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格

※お問い合わせください。

価格帯

納期


※お問い合わせください。

発売日

取扱い中

用途/実績例

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

よく使用される業種

産業用機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、製造・加工受託、その他製造、その他

カタログ高強度ばね用ステンレス鋼線 EX-SUS(エクサス)

  • 【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください。】
    EX-SUS(エクサス)は、高強度で耐食性にも優れた高強度ばね用ステンレス鋼線です。
    SUS304-WPBよりも、さらに高い引張り強さを持っています。
    テンパー後、ピアノ線B種相当の強度を実現。SUS304-WPBと同等の加工性。
    SUS304と同等の耐食性。
    SUS304-WPBよりも広範囲でのテンパー温度条件の設定が可能です。(300℃~450℃)

取扱会社高強度ばね用ステンレス鋼線 EX-SUS(エクサス)

○ばね用鋼線、ばね用帯材、ばね製品、コイリングマシンの販売

高強度ばね用ステンレス鋼線 EX-SUS(エクサス)へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ニットク株式会社

高強度ばね用ステンレス鋼線 EX-SUS(エクサス) が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す
分類カテゴリから探す

  • ロームの評価キットシリーズにセンサメダルが新登場
  • 暑い現場を5℃冷やす。霧+ファンの冷房装置『COOLJetter』

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー