株式会社LIXIL鈴木シャッター 《施工事例 2》シートタイプ防水板 アピアガード「シート2」

《施工事例 2》シートタイプ防水板 アピアガード「シート2」 http://www.ipros.jp/public/product/image/6fa/2000228488/IPROS4318140736028544293.jpg 【特徴】 ○構造がシンプルで組立も簡単ですのでとっさの場合にも1人でも作業でき、短時間で設置が完了します。 (中柱1本付のシートタイプでは、1人作業約5~6分で設置完了できます) ○シートおよび組立に必要な金物・工具は全て下部レール内に収納されていますので、組立準備もスピーディーに行え、建物の美観を損ないません。 ○シートとレールの接合部は独自の方式を採用。水漏れを少なくし、下部 レールに溜まった水は排水管で処理します。 ○シートは耐久性において特に優れているものを使用しています。 ○すべて現場に合わせたフルオーダーで、最大W寸法は7m。広い開口にも対応いたします。 ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードして下さい。 株式会社LIXIL鈴木シャッター その他 > その他 > その他
「複合型ビル 秋葉原UDX」の地下駐車場出入口に、シートタイプ防水板 アピアガード「シート2」を採用いただきました!!

ご存じのとおり年々ゲリラ豪雨や台風などでの大雨は増え続け、短時間で浸水・冠水被害が各地で発生しております。

施主様である「秋葉原UDX」は、レストランやショップやイベントスペース、シアター、クリニック、駐車場などを有する複合型オフィスビルで、駐車場は地下3階まであり、収容台数は約800台。ビルのテナントや利用者だけでなく、周辺へショッピングなどに来られたお客様も利用します。
そういった公共性の高い「秋葉原UDX」では半年に一度の防災訓練を行い、水害対策への取組みも行うなど防災意識を強く持たれておられます。その一環である地下駐車場への浸水対策として、弊社の防水板シリーズ「アピアガード」の中からシートタイプ防水板 アピアガード「シート2」を採用していただきました。
今回お施主様より公開のご許可をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

その他、地下駐車場入口などへは電気を使わず水の力で自動で作動する防水板、アピアガード「オートバランス」も是非ご検討ください。
詳細は本ページ下部にあるカタログをご覧ください。

基本情報《施工事例 2》シートタイプ防水板 アピアガード「シート2」

【特徴】
○構造がシンプルで組立も簡単ですのでとっさの場合にも1人でも作業でき、短時間で設置が完了します。
(中柱1本付のシートタイプでは、1人作業約5~6分で設置完了できます)
○シートおよび組立に必要な金物・工具は全て下部レール内に収納されていますので、組立準備もスピーディーに行え、建物の美観を損ないません。
○シートとレールの接合部は独自の方式を採用。水漏れを少なくし、下部
レールに溜まった水は排水管で処理します。
○シートは耐久性において特に優れているものを使用しています。
○すべて現場に合わせたフルオーダーで、最大W寸法は7m。広い開口にも対応いたします。

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードして下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 マンションのエントランス前、ビルや地下駐車場入り口など。

詳細情報《施工事例 2》シートタイプ防水板 アピアガード「シート2」

秋葉原UDXビル
秋葉原UDXは、レストラン&ショップ「アキバ・イチ」やカンファレンス、イベントスペース、シアター、クリニック、駐車場などあらゆる機能を有する複合型オフィス。先端文化情報発信の街・秋葉原のシンボルとして、更なる街の価値向上に貢献しています。

地下駐車場出入口へセット時の様子 外観
駐車場は地下3階まであり、収容台数は約800台。
もしゲリラ豪雨などで浸水被害が発生すれば甚大な被害が予想されます。駐車場ご利用のお客様の命・財産被害を守るため!! 対策としてシートタイプ防水板 アピアガード「シート2」を入口の開口部へ1台、出口の開口部へ1台設置しました。写真はセットした時の外側からの様子です。

地下駐車場出入口へセット時の様子 内観
駐車場は地下3階まであり、収容台数は約800台。
もしゲリラ豪雨などで浸水被害が発生すれば甚大な被害が予想されます。駐車場ご利用のお客様の命・財産被害を守るため!! 対策としてシートタイプ防水板 アピアガード「シート2」を入口の開口部へ1台、出口の開口部へ1台設置しました。写真はセットした時の内側からの様子です。

駐車場へ向かう下り傾斜の様子 内観
地下駐車場の出入口は駐車スペースへ向かって下り傾斜になっています。
もし地上で20cm水が溜まったらものすごい勢いで水が地下へと流れ込み、あっという間に車が水没してしまいます。こういった公共性の高い場所では災害を未然に防ぐための対策が重要となります。

入口側と出口側を連結するためのガイドレール
お客様のご要望は高さ70cmで、この場合の最大幅は5mとなり、開口幅に対応するため2台の連装で対応しました。連結部にはガイドレール(支柱)を設け、車の追突防止のために外側と内側両面には反射板を取り付けます。
高さに対しての最大幅など、詳しくはカタログをご覧ください。

カタログ《施工事例 2》シートタイプ防水板 アピアガード「シート2」

取扱企業《施工事例 2》シートタイプ防水板 アピアガード「シート2」

LIXIL_l.jpg

株式会社LIXIL鈴木シャッター

1.各種シャッター、ドア、雨戸、建築金物および建築工事に伴う物品の製造ならびに販売。 2.ビル、店舗、工場、倉庫等建築物のリフォームおよびメンテナンス業。 3.各種防水板および防煙垂れ壁、防火防煙スクリーンなどの防災製品の製造ならびに販売。

《施工事例 2》シートタイプ防水板 アピアガード「シート2」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社LIXIL鈴木シャッター

《施工事例 2》シートタイプ防水板 アピアガード「シート2」 が登録されているカテゴリ