タクボエンジニアリング株式会社 防爆塗装ロボット スワン

防爆塗装ロボット スワン http://www.ipros.jp/public/product/image/4ea/2000229061/IPROS2903816565101462381.jpg デザイン化された塗装ロボット 今までの塗装用ロボットは、味気ない固いイメージをもつものでした。スワンは、塗装が役目。高品位に美しく塗装するロボットであるから自らが美しくなくてはいけません。そのフォルムは、無駄な贅肉をも削ぎ落し、塗装コストに無駄の無いコンセプトをスリムな形に表現しました。 タクボエンジニアリングが永年培った塗装技術の集大成Rの技術専用に開発され、それを実現する為のフォルムがコンセプトと合体。そのたたずまいは、湖に浮かぶ白鳥の様でスワンと名付けました。 自然に生きるたくましさと、無駄の無いいでたち、自然界に生きる生き物達にならいその高いパフォーマンスをロボットに託しました。 塗装の為の塗装ロボットではなく、塗装で生き抜く為の塗装ロボットスワンが誕生しました。 タクボエンジニアリング株式会社 東金テクニカルセンター 製造・加工機械 > 産業用ロボット > 多関節ロボット 防爆塗装ロボットスワン
今までに無いフォルムを持つ回転塗装専用塗装ロボット「スワン」誕生

パールホワイトを施したボディカラーは、塗装ロボットのイメージをも塗り替えました。
塗装の品質に悪影響を与えない空力に配慮したデザインはまさに、湖にたたずむ白鳥の様。吊り下げ移動式ロボットラインダンサーに続く、塗装ロボットスワン。
塗装のステージに主役が舞い降りた。

スワンは、小物サイズから中物サイズのワーク塗装に最適な、回転塗装専用塗装ロボットです。

【あらゆるパーツの塗装に適応します】
●自動車のヘッドライトやドアミラー、ドアハンドル、ホイールキャップ、アルミホイール、シャークアンテナ、メーターパネル、エスカッション、スイッチパネル、カーナビなどの内外装品パーツ
●携帯電話や、スマートフォン、タブレットPCなどのモバイル通信機器
●口紅キャップなどコスメティクスパーツ
●釣り具のリールなどスポーツ機器
●建築建材関係
●家電製品

【あらゆる塗料に対応可能】
・UV、パール、メタリック、粉体(op)、など対応可能

詳細はカタログダウンロード、またはお問い合わせください。

動画で製品特徴をわかりやすくご紹介防爆塗装ロボット スワン

基本情報防爆塗装ロボット スワン

デザイン化された塗装ロボット
今までの塗装用ロボットは、味気ない固いイメージをもつものでした。スワンは、塗装が役目。高品位に美しく塗装するロボットであるから自らが美しくなくてはいけません。そのフォルムは、無駄な贅肉をも削ぎ落し、塗装コストに無駄の無いコンセプトをスリムな形に表現しました。

タクボエンジニアリングが永年培った塗装技術の集大成Rの技術専用に開発され、それを実現する為のフォルムがコンセプトと合体。そのたたずまいは、湖に浮かぶ白鳥の様でスワンと名付けました。

自然に生きるたくましさと、無駄の無いいでたち、自然界に生きる生き物達にならいその高いパフォーマンスをロボットに託しました。

塗装の為の塗装ロボットではなく、塗装で生き抜く為の塗装ロボットスワンが誕生しました。

価格 -
※お問い合わせください
価格帯 1000万円以上 5000万円未満
納期 お問い合わせください
発売日 取扱い中
型番・ブランド名 防爆塗装ロボットスワン
用途/実績例 回転塗装専用塗装ロボットです。
小物サイズから中物サイズのワーク塗装に適しています。

あらゆるパーツの塗装に適応します
・自動車のヘッドライトやドアミラー、ドアハンドル、ホイールキャップ、アルミホイール、シャークアンテナ、メーターパネル、エスカッション、スイッチパネル、カーナビなどの内外装品パーツ
・携帯電話や、スマートフォン、タブレットPCなどのモバイル通信機器
・口紅キャップなどコスメティクスパーツ
・釣り具のリールなどスポーツ機器
・建築建材関係
・家電製品

塗料は選びません
・UV、パール、メタリック、粉体(op)、など対応可能
よく使用される業種 化学、石油・石炭製品、ゴム製品、ガラス・土石製品、木材、セラミックス、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、IT・情報通信、医療機器、建材・資材・什器

ラインナップ

型番 概要
スワン 1600-4t Wターンピッチが1600mmの標準機です。小物から中物まで幅広く対応します。
スワン 1200-4t Wターンピッチが1200mmの標準機です。ボタンやスイッチ、コスメティック等小物サイズのワークに対応します。
スワン 1400-2t Wターンピッチが1400mmの2テーブルロボットです。主に自動車のホイール等重量物に対応します。
スワン S ラインによる連続塗装用です。 Wターンを装備せず、連続したライン上のワークを塗装します。

詳細情報防爆塗装ロボット スワン

スワン 1600-4t

スワンロボットの標準機
小物から中物サイズのワークに対応します。
ドアミラー、ドアハンドル、シャークアンテナ、ヘッドライト、フロントグリル、エアロパーツ等の自動車部品外装品から、スイッチ、カーナビ、メーターパネル、エスカッション、スイッチパネル等の内装部品等の塗装に適しています。

スワン 1200-4t

旋回範囲が狭く、小物部品の塗装に適しています。
携帯電話等モバイル通信機器や、コスメティック、釣り具やスポーツ等の部品の塗装に適しています。

スワン 1400-2t

モータや自動車用アルミホイール、スチールホイール等比較的重量物の塗装に適しています。

スワン S

連続したラインによる自動塗装向け塗装ロボットです。
Wターンの搬送装置が無く複数台設置する事で大量生産を可能にします。
スマートフォンから、通信機器、等大量生産向けです。
既存のライン上にある塗装ロボットの置き換え、リニューアルとしても簡単に設置ができます。

カタログ防爆塗装ロボット スワン

塗装ロボットスワン製品カタログ 8p 

塗装ロボットスワン製品カタログ 8p  表紙画像

塗装の隠れた無駄の数々をあぶり出し、それらを技術開発する事で、塗装のランニングコストを抑えた塗装システムを実現可能にしたロボット それがスワン。
開発背景や、特徴の数々、また、応用例をCGグラフィックで分かり易く解説。8ページのカタログです。

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

塗装ロボットスワン製品カタログ

塗装ロボットスワン製品カタログ 表紙画像

独自開発の回転塗装技術「Rの技術」専用の塗装ロボットは、塗装に必要な機器を標準でセット。また、小型コンパクト設計の為設置や移転が簡単に行え、設置したその時から塗装が可能な手軽さです。

少量多品種生産向けで、一度に円形治具を2リング同時に塗装します。

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

超小型防爆ACサーボモータ

超小型防爆ACサーボモータ 表紙画像

手のひらサイズの小型防爆モータ新発売。
稀少性の高い小型防爆モータを単体で販売します。
タイプは200Wタイプと600Wタイプの2種類。
アンプとモータ、防爆ケーブルのセットで販売。
日本防爆認定済み、中国、韓国申請中。
塗料供給装置シリンジポンプや塗装ロボットに使用実績。

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

タクボエンジニアリング 会社案内 日本語版

タクボエンジニアリング 会社案内 日本語版 表紙画像

品質・コスト・環境この3つの柱を同時に解決した塗装技術と周辺機器の開発に力を注いでいます。38年間時代とともに塗装を追い求め、塗装道というコンセプトを掲げ塗装の道を邁進しています。

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

塗装ロボットシステム ソフトボーイ・プロ

塗装ロボットシステム ソフトボーイ・プロ 表紙画像

ソフトボーイプロは、塗装・塗膜・塗料を管理し、環境を整え、
一定した品質を低コストで供給する塗装ロボットシステム

PDFダウンロード [PDF:249KB]
このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

取扱企業防爆塗装ロボット スワン

塗装道-1.jpg

タクボエンジニアリング株式会社 東金テクニカルセンター

・各種塗装システムの企画、立案、設計、施工、メンテナンス ・ロボット塗装システムをはじめ各種塗装工業製品開発、販売、メンテナンス ・機械器具設備工事業 東京都都知事許可(版-8)第104192号

防爆塗装ロボット スワンへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

タクボエンジニアリング株式会社 東金テクニカルセンター