グローバル植物工場市場の発展可能性
グローバル植物工場市場の発展可能性 http://www.ipros.jp/public/product/image/e3c/2000234124/IPROS2465547044078016008.JPG ■構成 第一章 グローバル植物工場における現状の国内市場動向 第二章 グローバル植物工場動向 第三章 グローバル植物工場の発展可能性 株式会社矢野経済研究所 その他 > その他 > その他
  • 矢野経済研究所の植物工場に関するマーケットレポートです。
    株式会社矢野経済研究所
    今、第3次ブームを向かえ、輸出産業化を目指す日本の植物工場市場。完全人工光型植物工場の分野では、日本が世界をリードしていると言われてきた。しかし近年、諸外国における市場活発化や研究開発の動きは加速しており、日本にとって予断を許さぬ状況となってきている。台湾、そして目覚ましい勢いで展開している米国、欧州諸国、その他アジア諸国、中東、アフリカ、中南米など、世界各国で植物工場への関心が猛烈な勢いで高まっている。本調査レポートでは、全世界の完全人工光型植物工場市場をターゲットとした。世界全体の状況を俯瞰し、発展可能性を明らかにすることで、国内メーカーにとっての海外進出の重要性を明らかにする。輸出促進を図る日本ならびに各国の植物工場業界、また参入検討企業、研究開発機関、政府機関などの事業戦略や政策の策定に資すること、そして世界展開に向け、日本の競争優位性・開発課題などを明確化するきっかけとなることを目的とする。

    発刊日:2015/11/13 体裁:A4 / 56頁 定価:150,000円(税別)
  • グローバル植物工場市場の発展可能性
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報グローバル植物工場市場の発展可能性

■構成
第一章 グローバル植物工場における現状の国内市場動向
第二章 グローバル植物工場動向
第三章 グローバル植物工場の発展可能性

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

2015年11月

用途/実績例

詳細はお問い合わせください

よく使用される業種

エネルギー、その他

カタロググローバル植物工場市場の発展可能性

  • 今、第3次ブームを向かえ、輸出産業化を目指す日本の植物工場市場。完全人工光型植物工場の分野では、日本が世界をリードしていると言われてきた。しかし近年、諸外国における市場活発化や研究開発の動きは加速しており、日本にとって予断を許さぬ状況となってきている。台湾、そして目覚ましい勢いで展開している米国、欧州諸国、その他アジア諸国、中東、アフリカ、中南米など、世界各国で植物工場への関心が猛烈な勢いで高まっている。本調査レポートでは、全世界の完全人工光型植物工場市場をターゲットとした。世界全体の状況を俯瞰し、発展可能性を明らかにすることで、国内メーカーにとっての海外進出の重要性を明らかにする。輸出促進を図る日本ならびに各国の植物工場業界、また参入検討企業、研究開発機関、政府機関などの事業戦略や政策の策定に資すること、そして世界展開に向け、日本の競争優位性・開発課題などを明確化するきっかけとなることを目的とする。
    [PDF:224KB]

取扱会社グローバル植物工場市場の発展可能性

株式会社矢野経済研究所

●受託調査/依頼調査・コンサルティング ●マルチクライアント調査企画 ●自社企画調査資料(マーケットレポート) ●定期刊行物 ●会員制ライブラリー ●データ販売 ●社員研修・勉強会

グローバル植物工場市場の発展可能性へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社矢野経済研究所

グローバル植物工場市場の発展可能性 が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す
分類カテゴリから探す

  • 暑い現場を5℃冷やす。霧+ファンの冷房装置『COOLJetter』
  • ロームの評価キットシリーズにセンサメダルが新登場

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー