樹脂(PEEK、PTFE)製 無脈動定量ポンプ及び安全弁
樹脂(PEEK、PTFE)製 無脈動定量ポンプ及び安全弁 http://www.ipros.jp/public/product/image/c36/2000238518/IPROS7147780482645908746.jpg 【HYシリーズ 無脈動定量ポンプメタルフリー仕様】 ●最大吐出量 108.6ml(/min) ※それ以上も制作可能 ●最大吐出圧 2.0~8.0(MPa) ●粘度範囲 ~10,000(mPa.s) ●温度範囲 -20~70(℃) ※接液部の素材として、PEEKまたはPTFEを使用していますがそれぞれの仕様に違いがありますのでご注意ください。 ※5R.P.M.以下でのご使用は、ご相談ください。 ※粘度100mPa・s以上でのご使用は、ご相談ください。 ※PTFEの材料特性上、寸法膨張率が大きいので、18~22℃の範囲でのご使用は、ご相談ください。 ※記載されている温度範囲以外でのご使用は、ご相談ください。 【メタルフリー安全弁】 ●最大圧力 1~5(MPa) ●最大流量 100ml~50L(/min) ●仕様温度範囲 -30~200(℃) 富士テクノ工業株式会社 製造・加工機械 > 半導体製造装置 > その他半導体製造装置 (HYシリーズ樹脂ヘッドタイプ)(メタルフリー安全弁)
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報樹脂(PEEK、PTFE)製 無脈動定量ポンプ及び安全弁

【HYシリーズ 無脈動定量ポンプメタルフリー仕様】
●最大吐出量 108.6ml(/min) ※それ以上も制作可能
●最大吐出圧 2.0~8.0(MPa)
●粘度範囲 ~10,000(mPa.s)
●温度範囲 -20~70(℃)
※接液部の素材として、PEEKまたはPTFEを使用していますがそれぞれの仕様に違いがありますのでご注意ください。
※5R.P.M.以下でのご使用は、ご相談ください。
※粘度100mPa・s以上でのご使用は、ご相談ください。
※PTFEの材料特性上、寸法膨張率が大きいので、18~22℃の範囲でのご使用は、ご相談ください。
※記載されている温度範囲以外でのご使用は、ご相談ください。

【メタルフリー安全弁】
●最大圧力 1~5(MPa)
●最大流量 100ml~50L(/min)
●仕様温度範囲 -30~200(℃)

価格

※数量によって価格が変動しますので、お気軽にお問い合わせください。

価格帯

納期


※数量によって価格が変動しますので、お気軽にお問い合わせください。

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

(HYシリーズ樹脂ヘッドタイプ)(メタルフリー安全弁)

用途/実績例

強酸・強アルカリなど腐食性の強い液体はもちろん、
金属イオンを出さないため医療用薬品や化学製品などにも
使用可能です。

よく使用される業種

化学、樹脂・プラスチック、産業用機械、機械要素・部品、電子部品・半導体、光学機器、航空・宇宙、医薬品・バイオ、医療・福祉、教育・研究機関

カタログ樹脂(PEEK、PTFE)製 無脈動定量ポンプ及び安全弁

  • 【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください】
    独自の発想や高度な専門知識、経験に裏打ちされた設計力とミクロン単位の加工精度など、富士テクノ工業のもつ技術を結集したのが、スーパーメータリングポンプです。
    圧力や粘度等の変動に左右されず、常に回転数に比例する優れた吐出特性を有しています。
    液の移送を正確かつ微細にコントロールする場面で、最大の効果を発揮します。
    [PDF:8MB]

取扱会社樹脂(PEEK、PTFE)製 無脈動定量ポンプ及び安全弁

富士テクノ工業株式会社

自社オリジナルの定量性ポンプをはじめとした、各種ポンプの製造、販売。 切削工具等、産業用消耗品の販売。

樹脂(PEEK、PTFE)製 無脈動定量ポンプ及び安全弁へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

富士テクノ工業株式会社


  • 暑い現場を5℃冷やす。霧+ファンの冷房装置『COOLJetter』
  • 金属ワッシャー大増量!総合カタログ最新版 進呈

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー