2015-2016 進展するパワー半導体の最新動向と将来展望
2015-2016 進展するパワー半導体の最新動向と将来展望 http://www.ipros.jp/public/product/image/757/2000243017/IPROS642850343560327443.JPG ■調査結果サマリー パワー半導体の世界市場に関する調査結果2015 パワー半導体とは主にインバータ/コンバータ回路で使われており、電力のスイッチングや変換、モータ制御等で必要となる半導体素子である。本調査ではパワーMOSFET(Metal Oxide Semiconductor Field Effect Transistor)/IPD(Intelligent Power Device)やダイオード、IGBT(Insulated Gate Bipolar Transistor)、パワーモジュール、バイポーラトランジスタ、SiC(シリコンカーバイド)、GaN(ガリウムナイトライド)パワーデバイスを含む。 ・パワー半導体の世界市場は自動車、産業機器向けが市場を牽引し、2020年は231億ドルに伸張し、2025年は339億1,000万ドルに拡大すると予測 ・2020年から本格的にSiC、GaNパワー半導体市場が立ち上がり、2025年の世界市場規模は31億3,000万ドルに達すると予測 http://www.yano.co.jp/press/press.php/001499 株式会社矢野経済研究所 製造・加工機械 > 半導体製造装置 > その他半導体製造装置
  • 矢野経済研究所のパワー半導体に関するマーケットレポートです。
    株式会社矢野経済研究所
    主要パワー半導体メーカに面談ヒアリングを実施し最新の製品・技術動向や各社の事業戦略を分析する事でパワー半導体の可能性と2025年迄の世界市場規模をデバイス、需要分野別に予測。更に実用化が進展しているSiC(シリコンカーバイド)2016年に市場が立ち上がるGaN(ガリウムナイトライド)の最新動向も詳細に分析し将来の可能性と市場規模を試算

    ■ポイント
    ・市場規模、需要/デバイス分野別構成比、マーケットシェアは全てワールドワイド
    ・次世代パワー半導体(SiC、GaN)の市場規模を需要分野別に2014年実績から2025年迄予測
    ・SiC、GaNパワー半導体における最新の需要分野別採用動向を記載
    ・SiCパワー半導体はSiC-SBD、SiC-MOSFETのコストを2025年迄予測
    ・パワー半導体の世界市場を需要分野/デバイス別に2014年実績から2025年迄予測
    ・主要パワー半導体メーカ15社の最新製品動向、技術概要、事業戦略を分析

    発刊日:2016/01/29 体裁:A4/157頁 定価:130,000円(税別)
  • 2015-2016 進展するパワー半導体の最新動向と将来展望
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品を
  • Twitterボタン

基本情報2015-2016 進展するパワー半導体の最新動向と将来展望

■調査結果サマリー
パワー半導体の世界市場に関する調査結果2015

パワー半導体とは主にインバータ/コンバータ回路で使われており、電力のスイッチングや変換、モータ制御等で必要となる半導体素子である。本調査ではパワーMOSFET(Metal Oxide Semiconductor Field Effect Transistor)/IPD(Intelligent Power Device)やダイオード、IGBT(Insulated Gate Bipolar Transistor)、パワーモジュール、バイポーラトランジスタ、SiC(シリコンカーバイド)、GaN(ガリウムナイトライド)パワーデバイスを含む。

・パワー半導体の世界市場は自動車、産業機器向けが市場を牽引し、2020年は231億ドルに伸張し、2025年は339億1,000万ドルに拡大すると予測
・2020年から本格的にSiC、GaNパワー半導体市場が立ち上がり、2025年の世界市場規模は31億3,000万ドルに達すると予測
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001499

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

2016-01-01 00:00:00.0

用途/実績例

詳細はお問い合わせください

よく使用される業種

電子部品・半導体、自動車・輸送機器、IT・情報通信

カタログ2015-2016 進展するパワー半導体の最新動向と将来展望

  • 主要パワー半導体メーカに面談ヒアリングを実施し最新の製品・技術動向や各社の事業戦略を分析する事でパワー半導体の可能性と2025年迄の世界市場規模をデバイス、需要分野別に予測。更に実用化が進展しているSiC(シリコンカーバイド)2016年に市場が立ち上がるGaN(ガリウムナイトライド)の最新動向も詳細に分析し将来の可能性と市場規模を試算

    ■ポイント
    ・市場規模、需要/デバイス分野別構成比、マーケットシェアは全てワールドワイド
    ・次世代パワー半導体(SiC、GaN)の市場規模を需要分野別に2014年実績から2025年迄予測
    ・SiC、GaNパワー半導体における最新の需要分野別採用動向を記載
    ・SiCパワー半導体はSiC-SBD、SiC-MOSFETのコストを2025年迄予測
    ・パワー半導体の世界市場を需要分野/デバイス別に2014年実績から2025年迄予測
    ・主要パワー半導体メーカ15社の最新製品動向、技術概要、事業戦略を分析

    発刊日:2016/01/29 体裁:A4/157頁 定価:130,000円(税別)
    [PDF:328KB]

取扱会社2015-2016 進展するパワー半導体の最新動向と将来展望

株式会社矢野経済研究所

●受託調査/依頼調査・コンサルティング ●マルチクライアント調査企画 ●自社企画調査資料(マーケットレポート) ●定期刊行物 ●会員制ライブラリー ●データ販売 ●社員研修・勉強会

2015-2016 進展するパワー半導体の最新動向と将来展望へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社矢野経済研究所


  • 高品質・軽量・赤外線LED光源。ビデオスコープシステム『MoVeo IR』
  • 海外メーカの制御機器ならRSオンライン。今ならプレゼントキャンペーン実施中!

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー