【活用事例】温熱の快適性をCFDで予測、人体への影響を迅速に評価
【活用事例】温熱の快適性をCFDで予測、人体への影響を迅速に評価 http://www.ipros.jp/public/product/image/933/2000246794/IPROS4265932913140176416.jpg 【活用事例内容】 ○空気感染や車室内の快適性など多彩 →SCRYU/Tetraを使った最新の研究のひとつが咳の飛散のシミュレーション ○人体熱モデルとCFDを統合して解析したい →人体熱モデルをCFD上で使えるようにすることを提案し、  ソフトウェアクレイドルがそれに応じ現在の製品につながった ○被験者実験は簡単ではない ○独自モデルを搭載 →SCRYU/Tetraの人体熱モデルの中には3通りの姿勢の形状モデルが  すでに用意されているので、簡単な操作ですぐに使える ○長年の研究による成果を盛り込む ○新モデルで新たな使用方法にも対応 →SCRYU/Tetraの最新バージョンでは、バージョン7からの  人体熱モデルに加えて、新バージョンの人体熱モデルを追加 →要望の多かった事項について多くの改善も行っている ○さらなる精度向上を目指す ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 株式会社ソフトウェアクレイドル 設計・生産支援 > CAE > 熱流体解析
  • 【事例紹介】温熱の快適性をCFDで予測、人体への影響を迅速に評価:早稲田大学創造理工学部建築学科教授 田辺新一様
    株式会社ソフトウェアクレイドル
    居住空間における空気の流れの解析はCFDの基本的な使い方ですが、そこから一歩進み、人体熱モデルを使用して温熱快適性を調べるシミュレーションが近年盛り上がりを見せています。
    ソフトウェアクレイドルのSCRYU/Tetraには人体熱モデルが用意されており、オフィスや車室内環境、さらには空気感染など幅広く活用されています。
    このような研究に取り組んでいるのが早稲田大学創造理工学部建築学科教授の田辺新一氏で、同氏はこの人体熱モデルを考案した人物でもあります。

    【活用事例概要】
    ○空気感染や車室内の快適性など多彩
    ○人体熱モデルとCFDを統合して解析したい
    ○独自モデルを搭載
    ○長年の研究による成果を盛り込む
    ○新モデルで新たな使用方法にも対応

    詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。
  • 画像をクリックして拡大イメージを表示

基本情報【活用事例】温熱の快適性をCFDで予測、人体への影響を迅速に評価

【活用事例内容】
○空気感染や車室内の快適性など多彩
→SCRYU/Tetraを使った最新の研究のひとつが咳の飛散のシミュレーション
○人体熱モデルとCFDを統合して解析したい
→人体熱モデルをCFD上で使えるようにすることを提案し、
 ソフトウェアクレイドルがそれに応じ現在の製品につながった
○被験者実験は簡単ではない
○独自モデルを搭載
→SCRYU/Tetraの人体熱モデルの中には3通りの姿勢の形状モデルが
 すでに用意されているので、簡単な操作ですぐに使える
○長年の研究による成果を盛り込む
○新モデルで新たな使用方法にも対応
→SCRYU/Tetraの最新バージョンでは、バージョン7からの
 人体熱モデルに加えて、新バージョンの人体熱モデルを追加
→要望の多かった事項について多くの改善も行っている
○さらなる精度向上を目指す

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格

※お問い合わせください

価格帯

納期


※お問い合わせください

発売日

取扱い中

用途/実績例

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

よく使用される業種

化学、産業用機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、造船・重機、試験・分析・測定、IT・情報通信、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、その他製造、その他

カタログ【活用事例】温熱の快適性をCFDで予測、人体への影響を迅速に評価

  • 【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください。】
    居住空間における空気の流れの解析はCFDの基本的な使い方ですが、そこから一歩進み、人体熱モデルを使用して温熱快適性を調べるシミュレーションが近年盛り上がりを見せています。
    ソフトウェアクレイドルのSCRYU/Tetraには人体熱モデルが用意されており、オフィスや車室内環境、さらには空気感染など幅広く活用されています。
    このような研究に取り組んでいるのが早稲田大学創造理工学部建築学科教授の田辺新一氏で、同氏はこの人体熱モデルを考案した人物でもあります。

    【活用事例概要】
    ○空気感染や車室内の快適性など多彩
    ○人体熱モデルとCFDを統合して解析したい
    ○独自モデルを搭載
    ○長年の研究による成果を盛り込む
    ○新モデルで新たな使用方法にも対応
    [PDF:2MB]

取扱会社【活用事例】温熱の快適性をCFDで予測、人体への影響を迅速に評価

株式会社ソフトウェアクレイドル

弊社は1984年の創業以来、数値流体シミュレーションソフトウェアの開発に取り組んでいます。長年の実績と、日本人マインドをもったサポート体制は常にお客様から高い支持を受けています。また、ソフトウェアの販売だけでなく、お客様に代わって経験豊富な弊社技術スタッフが解析を行う「受託解析サービス」も好評です。その他、熱流体解析に関する定期セミナーや技術情報の配信など各種教育サービスにも力をいれています。 【事業内容】 ■各種科学技術計算ソフトウェアの開発  ■熱流体解析ソフトウェア(CFDソフトウェア)の開発、販売  ■コンサルティングサービス  ■教育 オペレーショントレーニング 《主な熱流体解析ソフトウェア》 ●構造格子系汎用三次元熱流体解析システム「STREAM」 ●非構造格子系汎用三次元熱流体解析システム「SCRYU/Tetra」 ●電子機器筐体の熱設計向け熱流体解析ソフトウェア「熱設計PAC」 ●基板専用リアルタイム熱解析ツール「PICLS」 《主なサービス》 ・定期説明会、体験セミナー ・ユーザーカンファレンス、各種技術セミナー ・技術サポート ・受託解析サービス

【活用事例】温熱の快適性をCFDで予測、人体への影響を迅速に評価へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ソフトウェアクレイドル

【活用事例】温熱の快適性をCFDで予測、人体への影響を迅速に評価 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • スペーサー・ピンヘッダーなど機構部品全78,000アイテム収録!総合カタログ最新版進呈 インターネプコンジャパン2018出展
  • 宮城のものづくり企業特集

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー