【活用事例】建築分野でSTREAMが活躍、ビル風の予測などで活用
【活用事例】建築分野でSTREAMが活躍、ビル風の予測などで活用 http://www.ipros.jp/public/product/image/bc8/2000247278/IPROS8313470203345893084.jpg 【活用事例内容】 ○モデリングのため現地調査 →ビル風のシミュレーションに際しては、CFDと風洞実験のどちらにおいても  3次元モデルのデータが必要 ○CFDシミュレーションの手順 →STREAMでの解析においてはCADデータをSTL形式に落とし込み、  メッシュを切って、境界条件はテキストファイルで入力して解析を行う ○国産なので深く使いこなせる →海外のツールだと開発元の国とやり取りするため手間が掛かるということもある →テキストベースで解析の設定ができ、専用ツールを使わなくても  カスタマイズできたのも好材料 ○風洞実験とCFD、それぞれの長所で使い分け ○積極的な風力利用を提案したい ○課金システムが変われば需要の変化も ○建築分野におけるCFDシミュレーションの今後 →ビル風について風力として利活用するのにシミュレーションは非常に役に立つ ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 株式会社ソフトウェアクレイドル 設計・生産支援 > CAE > 熱流体解析
  • 【事例紹介】ビル風の予測から風力利用まで幅広く活用している事例:株式会社WindStyle 松山様
    株式会社ソフトウェアクレイドル
    風工学のコンサルティングを行う株式会社WindStyle様では、ビル風などのシミュレーションをSTREAMを使って行っています。
    CFDを活用すれば、従来の風洞実験と比べて迅速に解析結果を得られる、顧客への説明をグラフィックで見せることができるといったメリットがあります。
    さらに、建築の分野では「ビル風=風害」だけではないさまざまな使い道があるといいます。
    詳細について株式会社WindStyleの松山哲雄氏に話を聞きました。

    【活用事例概要】
    ○モデリングのため現地調査
    ○国産なので深く使いこなせる
    ○風洞実験とCFD、それぞれの長所で使い分け
    ○積極的な風力利用を提案したい
    ○課金システムが変われば需要の変化も

    詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。
  • 画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品を
  • Twitterボタン

基本情報【活用事例】建築分野でSTREAMが活躍、ビル風の予測などで活用

【活用事例内容】
○モデリングのため現地調査
→ビル風のシミュレーションに際しては、CFDと風洞実験のどちらにおいても
 3次元モデルのデータが必要
○CFDシミュレーションの手順
→STREAMでの解析においてはCADデータをSTL形式に落とし込み、
 メッシュを切って、境界条件はテキストファイルで入力して解析を行う
○国産なので深く使いこなせる
→海外のツールだと開発元の国とやり取りするため手間が掛かるということもある
→テキストベースで解析の設定ができ、専用ツールを使わなくても
 カスタマイズできたのも好材料
○風洞実験とCFD、それぞれの長所で使い分け
○積極的な風力利用を提案したい
○課金システムが変われば需要の変化も
○建築分野におけるCFDシミュレーションの今後
→ビル風について風力として利活用するのにシミュレーションは非常に役に立つ

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格

※お問い合わせください

価格帯

納期


※お問い合わせください

発売日

取扱い中

用途/実績例

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

よく使用される業種

飲食料品、化学、産業用機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、造船・重機、試験・分析・測定、IT・情報通信、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、その他製造、教育・研究機関、水産・農林業、その他

カタログ【活用事例】建築分野でSTREAMが活躍、ビル風の予測などで活用

  • 【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください。】
    風工学のコンサルティングを行う株式会社WindStyle様では、ビル風などのシミュレーションをSTREAMを使って行っています。
    CFDを活用すれば、従来の風洞実験と比べて迅速に解析結果を得られる、顧客への説明をグラフィックで見せることができるといったメリットがあります。
    さらに、建築の分野では「ビル風=風害」だけではないさまざまな使い道があるといいます。
    詳細について株式会社WindStyleの松山哲雄氏に話を聞きました。

    【活用事例概要】
    ○モデリングのため現地調査
    ○国産なので深く使いこなせる
    ○風洞実験とCFD、それぞれの長所で使い分け
    ○積極的な風力利用を提案したい
    ○課金システムが変われば需要の変化も
    [PDF:2MB]

取扱会社【活用事例】建築分野でSTREAMが活躍、ビル風の予測などで活用

株式会社ソフトウェアクレイドル

弊社は1984年の創業以来、数値流体シミュレーションソフトウェアの開発に取り組んでいます。長年の実績と、日本人マインドをもったサポート体制は常にお客様から高い支持を受けています。また、ソフトウェアの販売だけでなく、お客様に代わって経験豊富な弊社技術スタッフが解析を行う「受託解析サービス」も好評です。その他、熱流体解析に関する定期セミナーや技術情報の配信など各種教育サービスにも力をいれています。 【事業内容】 ■各種科学技術計算ソフトウェアの開発  ■熱流体解析ソフトウェア(CFDソフトウェア)の開発、販売  ■コンサルティングサービス  ■教育 オペレーショントレーニング 《主な熱流体解析ソフトウェア》 ●構造格子系汎用三次元熱流体解析システム「STREAM」 ●非構造格子系汎用三次元熱流体解析システム「SCRYU/Tetra」 ●電子機器筐体の熱設計向け熱流体解析ソフトウェア「熱設計PAC」 ●基板専用リアルタイム熱解析ツール「PICLS」 《主なサービス》 ・定期説明会、体験セミナー ・ユーザーカンファレンス、各種技術セミナー ・技術サポート ・受託解析サービス

【活用事例】建築分野でSTREAMが活躍、ビル風の予測などで活用へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ソフトウェアクレイドル

【活用事例】建築分野でSTREAMが活躍、ビル風の予測などで活用 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す
分類カテゴリから探す

  • 刻印機・環境機器のオンラインショップ誕生 GLOBAL PRODUCTS ONLINE SHOP 特別価格キャンペーン
  • ワイヤレスガイドシステム 観光地や見学等におけるコミュニケーションに!

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー