【活用事例】オリンピックに向けCFDを本格活用
【活用事例】オリンピックに向けCFDを本格活用 http://www.ipros.jp/public/product/image/f6d/2000248004/IPROS3807542747164725963.jpg 【活用事例内容】 ○厳しい安全基準をクリアする →ヘルメットを販売する場合は各国の安全規格の取得が欠かせない →ヘルメットの空力性能も非常に重要となってきている →風洞実験、空力解析を繰り返し行ってきたが、CFDがコストダウンなどの  目的で多くの業界で使用されていることから、CFDに取り組み始めた ○広報素材として解析図が活躍 →SCRYU/Tetra導入の目的は開発時間の短縮と経費の削減、空気の流れの可視化 →副産物として、広報への利用もできることもメリットの一つだった →空気の流れを可視化してみせるのが効果的 ○業界初のエアロパーツで乱流を制御 ○実験と解析がぴったり一致 →SCRYU/Tetra採用の決め手は、日本製であることだった →体験セミナーにも行き、「一番使い勝手がよさそうだと感じた」 →ハイエンドツールにもかかわらず設定がかなりシンプル →メッシュ生成など自動で行ってくれる部分も多い ○初となるCFDベース先行開発をオリンピックモデルで実施 ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 株式会社ソフトウェアクレイドル 設計・生産支援 > CAE > 熱流体解析
  • 【事例紹介】空力性能のよりいっそう向上と開発サイクルの短縮:株式会社オージーケーカブト様
    株式会社ソフトウェアクレイドル
    スポーツサイクル用ヘルメットやオートバイ向けヘルメットを展開する株式会社オージーケーカブト様は、自社風洞実験設備でのシミュレーションだけでなく、製品開発の初期段階からCFDも本格活用し、ヘルメットの内面形状までも細かくシミュレーションしています。
    業界初のエアロパーツを生み出した高い技術力を持つ同社が目指すのは、さらなる空力性能の向上と開発サイクルの短縮です。

    【活用事例概要】
    ○厳しい安全基準をクリアする
    ○広報素材として解析図が活躍
    ○業界初のエアロパーツで乱流を制御
    ○実験と解析がぴったり一致
    ○初となるCFDベース先行開発をオリンピックモデルで実施

    詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。
  • 画像をクリックして拡大イメージを表示

基本情報【活用事例】オリンピックに向けCFDを本格活用

【活用事例内容】
○厳しい安全基準をクリアする
→ヘルメットを販売する場合は各国の安全規格の取得が欠かせない
→ヘルメットの空力性能も非常に重要となってきている
→風洞実験、空力解析を繰り返し行ってきたが、CFDがコストダウンなどの
 目的で多くの業界で使用されていることから、CFDに取り組み始めた
○広報素材として解析図が活躍
→SCRYU/Tetra導入の目的は開発時間の短縮と経費の削減、空気の流れの可視化
→副産物として、広報への利用もできることもメリットの一つだった
→空気の流れを可視化してみせるのが効果的
○業界初のエアロパーツで乱流を制御
○実験と解析がぴったり一致
→SCRYU/Tetra採用の決め手は、日本製であることだった
→体験セミナーにも行き、「一番使い勝手がよさそうだと感じた」
→ハイエンドツールにもかかわらず設定がかなりシンプル
→メッシュ生成など自動で行ってくれる部分も多い
○初となるCFDベース先行開発をオリンピックモデルで実施

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格

※お問い合わせください

価格帯

納期


※お問い合わせください

発売日

取扱い中

用途/実績例

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

よく使用される業種

飲食料品、化学、産業用機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、造船・重機、試験・分析・測定、IT・情報通信、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、その他製造、教育・研究機関、水産・農林業、その他

カタログ【活用事例】オリンピックに向けCFDを本格活用

  • 【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください。】
    スポーツサイクル用ヘルメットやオートバイ向けヘルメットを展開する株式会社オージーケーカブト様は、自社風洞実験設備でのシミュレーションだけでなく、製品開発の初期段階からCFDも本格活用し、ヘルメットの内面形状までも細かくシミュレーションしています。
    業界初のエアロパーツを生み出した高い技術力を持つ同社が目指すのは、さらなる空力性能の向上と開発サイクルの短縮です。

    【活用事例概要】
    ○厳しい安全基準をクリアする
    ○広報素材として解析図が活躍
    ○業界初のエアロパーツで乱流を制御
    ○実験と解析がぴったり一致
    ○初となるCFDベース先行開発をオリンピックモデルで実施
    [PDF:2MB]

取扱会社【活用事例】オリンピックに向けCFDを本格活用

株式会社ソフトウェアクレイドル

弊社は1984年の創業以来、数値流体シミュレーションソフトウェアの開発に取り組んでいます。長年の実績と、日本人マインドをもったサポート体制は常にお客様から高い支持を受けています。また、ソフトウェアの販売だけでなく、お客様に代わって経験豊富な弊社技術スタッフが解析を行う「受託解析サービス」も好評です。その他、熱流体解析に関する定期セミナーや技術情報の配信など各種教育サービスにも力をいれています。 【事業内容】 ■各種科学技術計算ソフトウェアの開発  ■熱流体解析ソフトウェア(CFDソフトウェア)の開発、販売  ■コンサルティングサービス  ■教育 オペレーショントレーニング 《主な熱流体解析ソフトウェア》 ●構造格子系汎用三次元熱流体解析システム「STREAM」 ●非構造格子系汎用三次元熱流体解析システム「SCRYU/Tetra」 ●電子機器筐体の熱設計向け熱流体解析ソフトウェア「熱設計PAC」 ●基板専用リアルタイム熱解析ツール「PICLS」 《主なサービス》 ・定期説明会、体験セミナー ・ユーザーカンファレンス、各種技術セミナー ・技術サポート ・受託解析サービス

【活用事例】オリンピックに向けCFDを本格活用へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ソフトウェアクレイドル

【活用事例】オリンピックに向けCFDを本格活用 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す
分類カテゴリから探す

  • 多人数での双方向同時通話が可能 ワイヤレスインターカムシステム
  • 宮城のものづくり企業特集

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー