上部衝突防止超音波センサー『パノラマHL』 レンタル
上部衝突防止超音波センサー『パノラマHL』 レンタル http://www.ipros.jp/public/product/image/78d/2000269202/IPROS7113048700795277541.jpg 【仕様】 ■センサー:反射式超音波センサー(検地距離2m以内) ■使用電源:コントローラー DC12V/24V 兼用 ■報知機能:電子音鳴動(音量調節不可)  ※外部有電圧出力DC(電源電圧と同圧) ■最大検知距離:2m・1.5m・1m 切替可能  ・設定した検知距離内に障害物が入ると   「ピーピー」・「ピッピッピ」・「ピー」の音で残りの距離を判別可能 ※詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。 株式会社レックス 業務支援サービス > レンタル・リース > レンタル/リース
  • 衝突を未然に防止!高所作業車の上部構造物を検知する超音波センサー
    株式会社レックス
    上部衝突防止超音波センサー『パノラマHL』は、高所作業車のバスケットが
    上昇する際に構造物との衝突を未然に防ぐ装置です。

    超音波センサーにより上部構造物を検知し、衝突を未然に防止します。
    超音波センサーのエリア内に障害物が入ると、電子音にて運転者に注意を促します。

    【特長】
    ■検知距離の設定を1m・1.5m・2mの3段階に切替可能
    ■超音波センサーの取り付け、取り外し、角度調整が簡単
    ■電子音は3段階に分かれており、音で残りの距離を判別
    ■バスケット内のフットスイッチと連動可能
     ・スイッチを踏むとセンサーが働き
      スイッチから足を離すとセンサーが停止

    詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。
  • 画像をクリックして拡大イメージを表示

基本情報上部衝突防止超音波センサー『パノラマHL』 レンタル

【仕様】
■センサー:反射式超音波センサー(検地距離2m以内)
■使用電源:コントローラー DC12V/24V 兼用
■報知機能:電子音鳴動(音量調節不可)
 ※外部有電圧出力DC(電源電圧と同圧)
■最大検知距離:2m・1.5m・1m 切替可能
 ・設定した検知距離内に障害物が入ると
  「ピーピー」・「ピッピッピ」・「ピー」の音で残りの距離を判別可能

※詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

価格

※お問い合わせください

価格帯

納期


※お問い合わせください

発売日

取扱い中

用途/実績例

※詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

よく使用される業種

造船・重機、環境、エネルギー、建築・土木・エンジニアリング、その他製造、電気・ガス・水道業、倉庫・運輸関連業、情報通信業、教育・研究機関、官公庁、水産・農林業、鉱業、サービス業、その他

取扱会社上部衝突防止超音波センサー『パノラマHL』 レンタル

株式会社レックス

訓練された熟練者による 「For The Customer(フォー・ザ・カスタマー」 という企業理念のもと、創立以来、お客様をパートナーとして、いかなる地域においてもクイックレスポンスを第一とした対応を目指しています。そして、その体制はいかなる時にも変わることはありません。それが、レックスの標準です。 レックスは、計測機器を必要とするあらゆるお客様に世界の最新技術情報をご提案させていただきます。

上部衝突防止超音波センサー『パノラマHL』 レンタルへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社レックス

上部衝突防止超音波センサー『パノラマHL』 レンタル が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す
分類カテゴリから探す

  • 遅延わずか3ms 赤外線ワイヤレスマイクの代替に!業務用カラオケマイクシステム 5GHzデジタルコードレスマイクロホン
  • 研究開発でのお困り事・・・解決できます! AIKIパイロットマシンシリーズ 小型単軸押出機ALM-E20

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー