冷却・除湿装置用熱交換器 プレートフィンクーラー
冷却・除湿装置用熱交換器 プレートフィンクーラー http://www.ipros.jp/public/product/image/6ad/2000271565/IPROS4428289240341093174.JPG 【標準仕様】 ・伝熱管:10A炭素鋼鋼管、ステンレス管/15.9φ継目無リン脱酸銅管 ・フィン厚さ:0.20mm(SUS)/0.30mm(SPCC、SGCC、C1220)/        0.25mm、0.30mm(A1050フィン) ・フィンピッチ:3.0mm ・有効長:3000mm ・管列数:設計仕様によります ・管段数:設計仕様によります ※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 勝川熱工株式会社 営業部・工場 制御・電機機器 > 環境機器 > 熱交換器
  • 産業用途の空調機などに採用!装置や生産プロセスに応じて設計提案致します。
    勝川熱工株式会社
    プレートフィンクーラーはあらゆる環境の冷却・除湿に使用可能です。
    空調機や排ガス処理・集塵装置などの熱交換器として多数の導入実績があります。

    一般空調はもちろん、産業用空調システムや環境保護装置など
    目的や用途に応じて選べるラインアップ。

    湿度と温度を個別に制御する空調機・除湿機設計の
    豊富な経験と知識で機器設計を強力にサポートします。

    【特長】
    ■フィンピッチは3.0mmより可変
    ■亜鉛・錫のメッキ加工に対応
    ■耐食性に優れたSUS管+SUSフィンも
    ■特殊金属による製作にも対応

    ※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。
  • 画像をクリックして拡大イメージを表示

基本情報冷却・除湿装置用熱交換器 プレートフィンクーラー

【標準仕様】
・伝熱管:10A炭素鋼鋼管、ステンレス管/15.9φ継目無リン脱酸銅管
・フィン厚さ:0.20mm(SUS)/0.30mm(SPCC、SGCC、C1220)/
       0.25mm、0.30mm(A1050フィン)
・フィンピッチ:3.0mm
・有効長:3000mm
・管列数:設計仕様によります
・管段数:設計仕様によります

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

よく使用される業種

飲食料品、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、造船・重機、医療機器、医薬品・バイオ、その他製造、その他

カタログ冷却・除湿装置用熱交換器 プレートフィンクーラー

  • 【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください】
    プレートフィンクーラーはプレートフィンヒーターと同じくチューブ(伝熱管)に各種金属の薄板をプレス(圧入)したコイルエレメントとなります。
    当カタログは、プレートフィンクーラーの標準仕様、寸法図などを掲載しております。
    [PDF:221KB]
  • 【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください】
    プレートフィンクーラーはプレートフィンヒーターと同じくチューブ(伝熱管)に各種金属の薄板をプレス(圧入)したコイルエレメントとなります。
    当カタログには、プレートフィンクーラーの「設計上の留意点」、「管列とパス」を掲載しています。
    [PDF:182KB]

冷却・除湿装置用熱交換器 プレートフィンクーラーへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

勝川熱工株式会社 営業部・工場

冷却・除湿装置用熱交換器 プレートフィンクーラー が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • スペーサーの調達ならヒロスギネット 金属・樹脂スペーサー、ピンヘッダーなど全80,000品
  • 第10回_神戸ものづくり中小企業展示商談会_20180514

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー