株式会社岡山商店 『BCP対策としての少量危険物タンクのご案内』

『BCP対策としての少量危険物タンクのご案内』 http://www.ipros.jp/public/product/image/a0d/2000287077/IPROS7872106667657521363.jpg 【軽油備蓄のメリット】 ■被災時はガソリンが枯渇します ・非常用自家発電装置を有しているガソリンスタンドは全体の10% ・ガソリンスタンドには、ガソリンを求めて多くの人で混雑 ■軽油はガソリンに比べて安全に取り扱うことが可能 ・引火点がガソリン(マイナス40℃)、軽油(45℃)となっており、ガソリンは 気温がマイナスでも引火する ■軽油なら最大で1,000ℓ未満まで運搬することが可能 ・乗用車の場合、ガソリンは22ℓ未満、軽油は250ℓ未満運搬可能 ■軽油なら最大で1,000ℓ未満まで備蓄することが可能 ・ガソリン200ℓ未満、軽油1,000ℓ未満まで少量危険物として貯蔵可能 ・ガソリン40ℓ未満、軽油200ℓ未満の場合は消防機関への届出は不要 ■990ℓの軽油を備蓄した場合、ディーゼル車(※10台)を約40日稼動 ・軽油1,000ℓ備蓄の場合、ディーゼル車(※10台)を40日走行可能 <※マツダデミオクリーンDEの場合> ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 株式会社岡山商店 工具・消耗品・備品 > 保管設備 > タンク
平時から燃料を備蓄し利用!緊急時・災害時の燃料確保に最適なBCP対策

当社は、国内で350台以上の実績を持つ、BCP対策(事業継続計画)としての
“少量危険物タンク”の提案業務を行っている会社です。

今までの“少量危険物タンク“と違い、太陽光パネルや防油堤を搭載している
ため電源がいらず、電気や配管工事が不要。また設置場所が借地であっても
設置したい場所に設置が可能で、機械を据え置けばすぐに使うことができます。

少量危険物タンクを設置し、被災時以外にも、平時から利用することにより
被災時や緊急時にも対応が可能となり、結果としてBCP対策となります。

【特長】
■BCP対策
■TATSUNO社製の計量機を使用
■誰でも簡単に操作
■軽油、灯油、重油を最大990ℓ貯蔵可能
■指定数量未満のため、危険物取扱者免状が不要

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。
※レンタルでのご導入も可能です。

基本情報『BCP対策としての少量危険物タンクのご案内』

【軽油備蓄のメリット】
■被災時はガソリンが枯渇します
・非常用自家発電装置を有しているガソリンスタンドは全体の10%
・ガソリンスタンドには、ガソリンを求めて多くの人で混雑
■軽油はガソリンに比べて安全に取り扱うことが可能
・引火点がガソリン(マイナス40℃)、軽油(45℃)となっており、ガソリンは
気温がマイナスでも引火する
■軽油なら最大で1,000ℓ未満まで運搬することが可能
・乗用車の場合、ガソリンは22ℓ未満、軽油は250ℓ未満運搬可能
■軽油なら最大で1,000ℓ未満まで備蓄することが可能
・ガソリン200ℓ未満、軽油1,000ℓ未満まで少量危険物として貯蔵可能
・ガソリン40ℓ未満、軽油200ℓ未満の場合は消防機関への届出は不要
■990ℓの軽油を備蓄した場合、ディーゼル車(※10台)を約40日稼動
・軽油1,000ℓ備蓄の場合、ディーゼル車(※10台)を40日走行可能
<※マツダデミオクリーンDEの場合>

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格 -
※お問い合わせください
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
発売日 取扱い中
用途/実績例 ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。
よく使用される業種 飲食料品、繊維、紙・パルプ、化学、石油・石炭製品、ゴム製品、ガラス・土石製品、木材、セラミックス、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、試験・分析・測定、IT・情報通信、ソフトウェア、CAD/CAM、環境、エネルギー、医療機器、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、印刷業、製造・加工受託、その他製造、商社・卸売り、小売、電気・ガス・水道業、倉庫・運輸関連業、情報通信業、医療・福祉、教育・研究機関、官公庁、水産・農林業、鉱業、サービス業、その他

カタログ『BCP対策としての少量危険物タンクのご案内』

『BCP対策としての少量危険物タンクのご案内』

『BCP対策としての少量危険物タンクのご案内』 表紙画像

当社は、国内で350台以上の実績を持つ、BCP対策(事業継続計画)としての
“少量危険物タンク”の提案業務を行っている会社です。

今までの“少量危険物タンク“と違い、太陽光パネルや防油堤を搭載している
ため電源がいらず、電気や配管工事が不要。また設置場所が借地であっても
設置したい場所に設置が可能で、機械を据え置けばすぐに使うことができます。

少量危険物タンクを設置し、被災時以外にも、平時から利用することにより
被災時や緊急時にも対応が可能となり、結果としてBCP対策となります。

【特長】
■BCP対策
■TATSUNO社製の計量機を使用
■誰でも簡単に操作
■軽油、灯油、重油を最大990ℓ貯蔵可能
■指定数量未満のため、危険物取扱者免状が不要

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

取扱企業『BCP対策としての少量危険物タンクのご案内』

キャプチャ1.PNG

株式会社岡山商店

【営業内容】 ■不動産事業・エネルギー事業

『BCP対策としての少量危険物タンクのご案内』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社岡山商店

『BCP対策としての少量危険物タンクのご案内』 が登録されているカテゴリ