圧着機『EK 50MLJ』
圧着機『EK 50MLJ』 http://www.ipros.jp/public/product/image/4bd/2000296132/IPROS6202359002533251411.PNG 【仕様】 ■公称出力:15kN ■圧着範囲  ・裸圧着端子:0.5~8mm2(適用端子は使用ダイスによる)  ・絶縁被覆付端子:1.25~5.5mm2(適用端子は使用ダイスによる) ■圧着時間:1.5秒以下(圧着対象による) ■圧着回数:満充電時/約300回(DIN 端子10mm2Cu DIN46234で計測) ■サイズ:W93xD64xH253mm ■質量:0.96kg(バッテリー含む) ■バッテリー  ・電圧:10.8V  ・容量:1.5Ah(リチウムイオンLi-ion) ■充電時間:約40分 ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 株式会社マルタカ電器 Klauke事業部 制御・電機機器 > FA機器 > その他FA機器
  • 軽量コンパクト&ハイパワー!充電式ハンディ圧着機!
    株式会社マルタカ電器
    『EK 50MLJ』は、チカラの要らない充電式ハンディ圧着機です。

    工具の状態や動作情報をモニタリングし記録するデータログシステム
    を内蔵しており、診断・評価・修理に役立ちます。

    全ての操作がレバー1本で可能となっており、直感的・感覚的な
    使いやすさで、「仮押さえ」も簡単です。

    【特長】
    ■便利なLEDライト付
    ■強い握力不要
    ■軽量コンパクト

    ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報圧着機『EK 50MLJ』

【仕様】
■公称出力:15kN
■圧着範囲
 ・裸圧着端子:0.5~8mm2(適用端子は使用ダイスによる)
 ・絶縁被覆付端子:1.25~5.5mm2(適用端子は使用ダイスによる)
■圧着時間:1.5秒以下(圧着対象による)
■圧着回数:満充電時/約300回(DIN 端子10mm2Cu DIN46234で計測)
■サイズ:W93xD64xH253mm
■質量:0.96kg(バッテリー含む)
■バッテリー
 ・電圧:10.8V
 ・容量:1.5Ah(リチウムイオンLi-ion)
■充電時間:約40分

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

よく使用される業種

産業用機械、産業用電気機器、建築・土木・エンジニアリング、製造・加工受託、その他製造、その他

カタログ圧着機『EK 50MLJ』

  • 『EK 50MLJ』は、チカラの要らない充電式ハンディ圧着機です。

    工具の状態や動作情報をモニタリングし記録するデータログシステム
    を内蔵しており、診断・評価・修理に役立ちます。

    全ての操作がレバー1本で可能となっており、直感的・感覚的な
    使いやすさで、「仮押さえ」も簡単です。


    【特長】
    ■便利なLEDライト付
    ■強い握力不要
    ■軽量コンパクト

    ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

取扱会社圧着機『EK 50MLJ』

【営業品目】 ■電設資材・工場設備機器・制御部品・各種工具の販売 ■制御装置及び制御盤の設計・製作・施工 ■各種銘板製作 ■材料加工(絶縁材料、断熱材料、耐火材料、樹脂)

圧着機『EK 50MLJ』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社マルタカ電器 Klauke事業部

圧着機『EK 50MLJ』 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • スペーサー・ピンヘッダーなど機構部品全78,000アイテム収録!総合カタログ最新版進呈 インターネプコンジャパン2018出展
  • 下水道、配水管用止水プラグ 様々な形状・管径に対応

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー