ミヤジマ 会社案内
ミヤジマ 会社案内 http://www.ipros.jp/public/product/image/e1f/2000302582/IPROS5616045483685777924.jpg 【鍛造可能範囲】 ■材料径:φ20-φ150 ■フランジ径:φ300位 ■長さ:最大3400L ■材質:構造用鋼・SUS・アルミ・銅・黄銅・特殊合金(ハステロイ、インコネル等) ※上記範囲を超える製品でも鍛造メーカ同志のネットワークで外注対応させて頂きます。 【主用設備】 ■ボードドロップハンマ ■スクリュープレス ■アプセッタ ■油圧プレス ■熱処理路 ■NC旋盤 3台 ※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 株式会社ミヤジマ 製造・加工機械 > 加工機械 > 鋳造機械
  • シャフトのアップセット鍛造専門メーカ!鍛造性を有するあらゆる材質に対応可能!
    株式会社ミヤジマ
    株式会社ミヤジマは、独自の生産管理体制と鍛造技術により、
    シャフトをアップセット鍛造により製造する鍛造専門メーカです。

    水道・船舶・産業用ゲートバルブの弁棒や、建設機械・農業機械などに使用される
    減速機の歯車軸、製鋼ロール、印刷機械・繊維機械・重電機械など幅広く対応可能。

    鍛造性のある材料であれば、各種構造用鋼はもちろん、ステンレス鋼、工具鋼、
    耐熱耐食超合金、アルミ合金、銅合金など、100種類を超える材質の鍛造条件を
    標準化・ノウハウ化しあらゆる材質に対応します。

    【事業内容】
    ■各種シャフト形状部品の熱間据え込み(アプセット)鍛造
    ■各種金属熱処理加工

    ※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

基本情報ミヤジマ 会社案内

【鍛造可能範囲】
■材料径:φ20-φ150
■フランジ径:φ300位
■長さ:最大3400L
■材質:構造用鋼・SUS・アルミ・銅・黄銅・特殊合金(ハステロイ、インコネル等)
※上記範囲を超える製品でも鍛造メーカ同志のネットワークで外注対応させて頂きます。

【主用設備】
■ボードドロップハンマ
■スクリュープレス
■アプセッタ
■油圧プレス
■熱処理路
■NC旋盤 3台

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

よく使用される業種

鉄/非鉄金属、産業用機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、造船・重機、環境、建材・資材・什器、製造・加工受託、その他製造、その他

カタログミヤジマ 会社案内

  • 株式会社ミヤジマは、独自の生産管理体制と鍛造技術により、
    シャフトをアップセット鍛造により製造する鍛造専門メーカです。

    水道・船舶・産業用ゲートバルブの弁棒や、建設機械・農業機械などに使用される
    減速機の歯車軸、製鋼ロール、印刷機械・繊維機械・重電機械など幅広く対応可能。

    鍛造性のある材料であれば、各種構造用鋼はもちろん、ステンレス鋼、工具鋼、
    耐熱耐食超合金、アルミ合金、銅合金など、100種類を超える材質の鍛造条件を
    標準化・ノウハウ化しあらゆる材質に対応します。

    【事業内容】
    ■各種シャフト形状部品の熱間据え込み(アプセット)鍛造
    ■各種金属熱処理加工

    ※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

取扱会社ミヤジマ 会社案内

各種シャフト形状部品の熱間据え込み(アプセット)鍛造、および各種金属熱処理加工

ミヤジマ 会社案内へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ミヤジマ

ミヤジマ 会社案内 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • スペーサーの調達ならヒロスギネット 金属・樹脂スペーサー、ピンヘッダーなど全78,000品
  • 海外有名メーカーのイヤーマフ、保護メガネ、耳栓が10%OFF

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー