導電性高分子アルミ電解コンデンサ
導電性高分子アルミ電解コンデンサ http://www.ipros.jp/public/product/image/5fc/2000303591/IPROS5433000214587344631.jpg 【特長】 ○高容量/低ESR ○安定した静電容量(対DCバイアス/対温度/対周波数) ○優れたリップル吸収、平滑、過渡応答特性 ○電圧ディレーティング不要 ○有極性 ○SMD対応 ○RoHS対応 ○ハロゲンフリー対応 ○MSL-3適合 ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 株式会社村田製作所 電子部品・モジュール > 電子部品 > コンデンサ
  • この製品を
  • Twitterボタン

基本情報導電性高分子アルミ電解コンデンサ

【特長】
○高容量/低ESR
○安定した静電容量(対DCバイアス/対温度/対周波数)
○優れたリップル吸収、平滑、過渡応答特性
○電圧ディレーティング不要
○有極性
○SMD対応
○RoHS対応
○ハロゲンフリー対応
○MSL-3適合

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格

※お問い合わせ下さい。

価格帯

納期


※お問い合わせ下さい。

発売日

取扱い中

用途/実績例

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

よく使用される業種

産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、試験・分析・測定、医療機器、製造・加工受託、その他製造、その他

カタログ導電性高分子アルミ電解コンデンサ

  • 村田製作所の導電性高分子アルミ電解コンデンサECASシリーズは陽極に積層構造のアルミ箔、陰極に導電性高分子を使用することで低ESR、低インピーダンス・高容量という特長を実現しました。

    【定格】
    ■ 定格容量:6.8~470μF
    ■ 動作温度:-40℃~+105℃
    ■ 定格電圧:2~16Vdc
    ■ ESR :6~70mΩ

    【特長】
    ■ 高容量/低ESR
    ■ 安定した静電容量(対DCバイアス/対温度/対周波数)
    ■ 優れたリップル吸収、平滑、過渡応答特性
    ■ 電圧ディレーティング不要
    ■ 有極性
    ■ SMD対応
    ■ RoHS対応
    ■ ハロゲンフリー対応
    ■ MSL-3適合

    導電性高分子アルミ電解コンデンサのFAQはこちら↓
    http://www.murata.co.jp/products/capacitor/design/faq/polymer/index.html

    <設計支援ツール>http://www.murata.co.jp/simsurfing/
    弊社WebサイトでECASシリーズのZ, ESR, ESLの周波数特性が確認できます。
    [PDF:0B]

取扱会社導電性高分子アルミ電解コンデンサ

株式会社村田製作所

事業内容: ファンクショナルセラミックスをベースとした電子デバイスの研究開発・生産・販売 ■生産品目 積層セラミックコンデンサ、表面波フィルタ、セラミック発振子、圧電センサ、セラミックフィルタ、圧電ブザー、近距離無線通信モジュール(Bluetooth(R)モジュールを含む)、多層デバイス、コネクタ、アイソレータ、電源、回路モジュール、EMI除去フィルタ、インダクタ (コイル)、センサ、抵抗器他 事業領域: ○AV・通信・コンピュータ・家電 ○自動車 ○環境・エネルギー ○ヘルスケア

導電性高分子アルミ電解コンデンサへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社村田製作所

導電性高分子アルミ電解コンデンサ が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 省エネ&簡単メンテナンスの加湿システム 静電気発生を予防
  • 加工効率を改善。新バージョン VERICUT8.0

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー