エアードリル
エアードリル http://www.ipros.jp/public/product/image/352/2000313991/IPROS5999313945009080468.jpg 【仕様】 <KDR-605> ■穴あけ能力:6 mm ■無負荷回転速度:2,800 r.p.m. ■全長(チャック付):133 mm <KDR-902CR> ■穴あけ能力:10 mm ■無負荷回転速度:1,500 r.p.m. ■全長(チャック付):205 mm <KDR-901R> ■穴あけ能力:10 mm ■無負荷回転速度:1,800 r.p.m. ■全長(チャック付):186 mm ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 株式会社空研 本社 工具・消耗品・備品 > 作業工具 > その他作業工具
  • 各種穴あけ作業に適したラインアップで、高い作業性を発揮します!
    株式会社空研
    『エアードリル』は、エアーモータが発生する回転力を、遊星歯車減速機構を
    用いて高トルクに変換し、簡便に穴をあけることができる工具です。

    穴をあける能力としては6~13mmのドリルを揃えております。

    スタンダードタイプの小型・軽量ミニドリル「KDR-605」をはじめ、
    左右回転ドリルで作業範囲が拡がる「KDR-901R」などをラインアップしております。

    【特長】
    ■小型・強力で使い易い
    ■消音装置が働き、排気音が静か
    ■速度調整が容易

    ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • KDR-605
    画像をクリックして拡大イメージを表示

基本情報エアードリル

【仕様】
<KDR-605>
■穴あけ能力:6 mm
■無負荷回転速度:2,800 r.p.m.
■全長(チャック付):133 mm

<KDR-902CR>
■穴あけ能力:10 mm
■無負荷回転速度:1,500 r.p.m.
■全長(チャック付):205 mm

<KDR-901R>
■穴あけ能力:10 mm
■無負荷回転速度:1,800 r.p.m.
■全長(チャック付):186 mm

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

【用途】
■6mm~13mm以下の穴あけ作業
■自動車鈑金・補修作業
■あらゆる小口径の穴あけ作業

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

よく使用される業種

樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、自動車・輸送機器、製造・加工受託、サービス業、その他

カタログエアードリル

  • 当カタログは、エアーツールの専門メーカー株式会社空研が開発した
    手持ち式動力工具の製品カタログです。

    ホイールナット脱着作業に最適な「パワートルクセッター」をはじめ、
    超軽量N型インパクトレンチ「Proシリーズ」や、狭い箇所での締付け作業に最適な
    「エアーラチェットレンチ」など多数掲載しております。

    【掲載製品(抜粋)】
    ■ボルト・ナット脱着用ツール
    ・パワートルクセッター
    ■色はぎ・研削・磨き用ツール
    ・ディスクサンダー、擬似シングルサンダー
    ■穴あけ・切断・ハツリ作業用ツール
    ・ドリル

    ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
    [PDF:15MB]

取扱会社エアードリル

株式会社空研 本社

空気動工具(エアツール)の設計製造販売

エアードリルへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社空研 本社


  • 設計から出荷まで一括対応 製缶製品の製造・加工は蔦木にお任せ
  • 第10回_神戸ものづくり中小企業展示商談会_20180514

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー