マキシメーター・フルード・テクノロジーズ株式会社 超高圧ブースターユニット『MHG-150』

超高圧ブースターユニット『MHG-150』 http://www.ipros.jp/public/product/image/d46/2000314239/IPROS7096253584099164736.jpg 【その他の特長・詳細】 ■吐出量は、吐出圧125 MPa時93 ln/minとワーク容量を短時間で昇圧させることが可能 ■使用媒体は窒素、一般ガスなど ■検査作業者の安全を担保するため非常停止ボタンを用意 ・ブースターの作動を停止するとともに素早くシステム内の超高圧残留ガスを 排出するように設計 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 マキシメーター・フルード・テクノロジーズ株式会社 測定・分析 > 試験機器・装置 > 試験機器・装置
最高吐出圧150MPa!水素ステーション検査に最適な超高圧ブースターユニット

『MHG-150』は、最高吐出圧が150 MPaで、水素ステーションの水素蓄圧器周りの
計器、配管の耐圧、気密試験や、超高圧機器の試験用に最適なブースターユニットです。

筐体にアルミニウムフレームを使用し、重量約60kgと軽量化を実現。一般車両でも運搬が容易になります。

本体に内蔵されているブースターはMAXIMATOR社製エアー駆動DLE75-2を採用。
また高圧バルブ、継手も国内の法令対応の鋼種を使用しており、引張強度が高く、いずれも150MPaまでKHK受験可能です。

【特長】
■最高吐出圧150 MPa
■軽量化
■KHK受験対応品
■作業者の安全確保
■蓄圧器を内蔵したモデルも用意(オプション)

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報超高圧ブースターユニット『MHG-150』

【その他の特長・詳細】
■吐出量は、吐出圧125 MPa時93 ln/minとワーク容量を短時間で昇圧させることが可能
■使用媒体は窒素、一般ガスなど
■検査作業者の安全を担保するため非常停止ボタンを用意
・ブースターの作動を停止するとともに素早くシステム内の超高圧残留ガスを
排出するように設計

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 【用途】
■水素ステーションの水素蓄圧器周りの計器
■配管の耐圧
■気密試験
■超高圧機器の試験

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

カタログ超高圧ブースターユニット『MHG-150』

取扱企業超高圧ブースターユニット『MHG-150』

screenshot.19.jpg

マキシメーター・フルード・テクノロジーズ株式会社

■ポンプ、ブースター、バルブその他、気・液圧利用システム関連の機器やシ ステムの輸入、開発、製造、販売、補修 ■前号に附帯関連する一切の業務

超高圧ブースターユニット『MHG-150』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

マキシメーター・フルード・テクノロジーズ株式会社

超高圧ブースターユニット『MHG-150』 が登録されているカテゴリ