IPG Automotive株式会社 ADAS/自動運転開発向けソフトウェア【資料進呈中】

ADAS/自動運転開発向けソフトウェア【資料進呈中】 http://www.ipros.jp/public/product/image/ddd/2000319921/IPROS5493728525640398498.jpg 【講演情報】 第4回オートモーティブ・ソフトウェア・フロンティア ~CASE時代におけるソフトウェア技術の課題と展望~ 会期:2019年2月12日(火)~13日(水) 当社講演:13日(水)15:45~16:15、[協賛講演B6-2]枠 会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター 産学連携フォーラム「自動車技術に関するCAEフォーラム2019 in 東京」 会期:2019年2月14日(木)~15日(金) 当社講演:14日(木)10:45~11:25、[特別講演S-1] 会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター ★上記2イベントでの講演内容は同じです。どちらも入場無料(事前登録制)ですのでお気軽にお越しくださいませ。 【出展情報】 自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019 横浜 会期:2019年5月22日(水)~24日(金) 会場:パシフィコ横浜・展示ホール ★詳細は追ってイプロスや弊社のサイト上などでご案内致します。 今回は、ドライビングシミュレータや多種類のデモをご用意する予定ですのでどうぞご期待ください! IPG Automotive株式会社 設計・生産支援 > CAE > その他解析
【主要OEM、サプライヤ、サービス・プロバイダ様、導入実績あり】高速演算によるセンサデータのリアルタイム融合、地図情報も連動

バーチャル・テスト・ドライビングを活用した、先進運転支援システムと高度自動運転システムの開発と評価を実施するシミュレーション・ソフトウエア、「CarMaker」の最新資料をダウンロードいただけます。

<主な使用事例>
・ディープラーニングによる仮想環境での開発とテスト
・開発段階の機能検証のための再現可能なシナリオの生成
・多様なセンサモデルのテストと開発
・地図情報のインポートや実世界の計測データの活用
・外部ツールを活用した道路環境の作成
・HPCクラスタ向けの並列テストの実行
・交通密度を自由に設定、RDE解析に利用

「CarMaker」の特長はADAS/自動運転のみならず、ビークル・ダイナミクス、パワートレイン、という複数のアプリケーション領域においても単独または複数の領域を跨いで使用することができます。またオープン性の高いプラットフォームにより、シミュレーション環境を既存のツール環境に統合することも容易にできます。

2019年2月には、最近の課題をいかに解決するか、システム統合と拡張性に焦点を当てた講演を行います。講演情報については「基本情報」をご覧ください。

関連動画ADAS/自動運転開発向けソフトウェア【資料進呈中】

基本情報ADAS/自動運転開発向けソフトウェア【資料進呈中】

【講演情報】
第4回オートモーティブ・ソフトウェア・フロンティア ~CASE時代におけるソフトウェア技術の課題と展望~
会期:2019年2月12日(火)~13日(水)
当社講演:13日(水)15:45~16:15、[協賛講演B6-2]枠
会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

産学連携フォーラム「自動車技術に関するCAEフォーラム2019 in 東京」
会期:2019年2月14日(木)~15日(金)
当社講演:14日(木)10:45~11:25、[特別講演S-1]
会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

★上記2イベントでの講演内容は同じです。どちらも入場無料(事前登録制)ですのでお気軽にお越しくださいませ。

【出展情報】
自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019 横浜
会期:2019年5月22日(水)~24日(金)
会場:パシフィコ横浜・展示ホール

★詳細は追ってイプロスや弊社のサイト上などでご案内致します。
今回は、ドライビングシミュレータや多種類のデモをご用意する予定ですのでどうぞご期待ください!

価格 -
※お問い合わせください
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
発売日 取扱い中
用途/実績例 <ADAS/自動運転機能の使用事例>
・アダプティブ・クルーズ制御(ACC)
・緊急ブレーキアシスト(EBA)
・車線逸脱警報(LDW)
・車線追従アシスト(LKA)
・駐車支援(PA)
・インテリジェント・ライト・アシスト(ILA)
・道路標識認識(TRA)
・居眠り運転検知
・ナイトビジョン
よく使用される業種 自動車・輸送機器、試験・分析・測定

カタログADAS/自動運転開発向けソフトウェア【資料進呈中】

PR「自律/自動運転へ向けた安全システム~ラーニングカーブを活用して~」

PR「自律/自動運転へ向けた安全システム~ラーニングカーブを活用して~」 表紙画像

ADAS/自動運転領域で人工知能AIを使ったディープラーニングへの注目が高まる中、NVIDIA社のハードウエアプラットフォームと連携し、CarMaker製品群を使ったバーチャル・テスト・ドライビングでもAIを活用できます。様々な環境を無限に構築することができ、実車では再現できないシチュエーションを構築できます。

PDFダウンロード [PDF:814KB]
このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

PR「AI(人工知能)を活用して、自動運転を極める。」

PR「AI(人工知能)を活用して、自動運転を極める。」 表紙画像

様々なシチュエーションをテストする自動運転開発では、ロボット開発向けのROSが利用されることが増えてきました。理由の一つには、個別アルゴリズム間の情報交換や複数のCPUで分散されている処理を統合する技術が優れていることで、これがAIなどの適用するためです。オープン性の高い当社のCarMakerは、ROSとのインターフェイスに使用可能ですので、AI開発でもVirtual Prototypeは大いに活用されています。

PDFダウンロード [PDF:864KB]
このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

News「HPCクラスタ向け、シミュレーションでの並列試験の実現」

News「HPCクラスタ向け、シミュレーションでの並列試験の実現」 表紙画像

CarMaker製品群のバージョン7.0は、HPCクラスタに対応することとなりました。今日、ADAS/自動運転の開発では、膨大なシミュレーション走行が求められており、処理能力の高いHPCが必要不可欠です。7.0では、HPCクラスタに対応しているだけでなく、HPC用スケジューラも利用できるため、外部スケジューラを追加し膨大な量の並列演算を高速で行うことができます。

内容概略:
1. HPCを使う目的
2. HPC Lightとは
3. 並列試験を行う多様な目的

PDFダウンロード [PDF:598KB]
このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

【ADAS/自動運転】オープン統合テストプラットフォーム

【ADAS/自動運転】オープン統合テストプラットフォーム 表紙画像

当社が提供する「CarMaker」「TruckMaker」「MotorcycleMaker」は、
全体の交通流や複雑な道路インフラ、複数の環境センサを使って再現される
複雑な現実世界のテストシナリオを容易に再構築できます。

洗練されたドライバーモデルである「IPG Driver」は、
特に先進運転支援システムの相互作用を対象としています。

オープンな統合テストプラットフォームとして「CarMaker」は、
ADASと自動化された機能をテストするのに適した環境を提供します。

【特長】
■再現可能な自動テストを実施
■マヌーバ、イベント、シナリオに基づき、多くのオブジェクトや
 道路利用者を含む詳細シナリオをテストに利用
■マウスを数回クリックするだけで、ADAS RPから詳細な道路網を生成
■さまざまなセンサーを使用して、実車試験行に基づく
 正確なシナリオを仮想環境に自動転送
■優れた環境およびセンサー・モデルを利用し、センサー・データを結合

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

PDFダウンロード [PDF:839KB]
このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

PR「IPG Automotive、rFproとの協業でよりリアルな映像が提供可能に」

PR「IPG Automotive、rFproとの協業でよりリアルな映像が提供可能に」 表紙画像

IPG Automotive は、今年5月より、英rFpro社との協業を行っている。ドライビング・シミュレータ向けのグラフィックを専門とするrFproは、IPG AutomotiveのCarMaker製品群を使用したアプリケーション向けに、リアルタイムでの可視化を高解像度で提供する。

PDFダウンロード [PDF:767KB]
このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

News「PTV社のVissimインターフェイスのリリース」

News「PTV社のVissimインターフェイスのリリース」 表紙画像

2018年11月より、PTV社のVissimと連携するVissimインターフェイスがCarMakerのアドオン機能として追加となりました。CarMakerのテスト走路はシナリオエディタを使うことで、ROAD5というファイルを作ることができます。コンバータを利用すれば、PTV Vissimのデータフォーマットに変換することもできます。バーチャル環境と統計的な交通流による検証を組み合わせると、ADAS/自動運転の検証に非常に有効的です。

内容概略:
1. ADASとRDEテスト用の複雑なトラフィックシナリオの作成

PDFダウンロード [PDF:698KB]
このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

News「パワートレイン向けRDE Test Generator」

News「パワートレイン向けRDE Test Generator」 表紙画像

パワートレイン開発向けにRDX Test Generatorのアドオン機能の紹介です。RDEのテスト走行の試験では、様々なトラフィックとドライバ挙動を含めた多数のシナリオを生成する必要がありますが、本アドオン機能を使うと実車計測試験までの全開発プロセスでシームレスに利用できます。さらに、本アドオンはHPCにも対応しているため、多くのテストシナリオをコシミュレーションすることも可能です。

内容概略:
1. 多くのシナリオを並列演算
2. EURO 6d(EU圏におけるNOx排出ガスにおける規定)を下回る詳細なRDE評価

PDFダウンロード [PDF:776KB]
このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

オープン統合テストプラットフォーム、CarMaker, TruckMaker, MotorcycleMaker

オープン統合テストプラットフォーム、CarMaker, TruckMaker, MotorcycleMaker 表紙画像

当社では、ビークル・ダイナミクス、運転支援、パワートレインのための
革新的なシミュレーション・ソリューションを提供しています。

「CarMaker」「TruckMaker」「MotorcycleMaker」は、さまざまな車両タイプ
とその操作特性、性能特性、交通状況、道路および周囲環境を仮想世界で
現実的かつ正確にシミュレーションできます。

物理プロトタイプの作成前、開発の初期段階で、多くのテスト・シナリオを
低コストでテスト可能です。

【特長】
■MIL、SIL、HIL、VIL にわたる開発プロセス全体の効率性を向上
■開発の様々な段階で仮想プロトタイプを使用することで製品の成熟度が向上
■優れた可視化によってすばやい分析を実現
■複雑で現実的なテスト・シナリオをすばやく作成できる

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

【エンジニアリング・サービス】バーチャル・プロトタイプの作成

【エンジニアリング・サービス】バーチャル・プロトタイプの作成 表紙画像

バーチャル・プロトタイプは「CarMaker」「TruckMaker」「MotorcycleMaker」の
車両モデル内でパラメータを適合し、参照する車両のプロパティと機能に一致させます。

お客様のデザインデータに基づいてバーチャル・プロトタイプを作成すると、
詳細で現実に近いモデルが完成します。

車両開発プロセスからこのデータを使用することで、低コストで作成でき、
開発の初期段階から使用することができます。

当社では、お客様が必要とするデータを入手し、それらを使って
車両モデルをパラメータ化する際にサポートをご提供します。

【特長】
■実プロトタイプの仮想イメージ
■クロスドメインでの使用に好適
■「CarMaker」製品群が対応する全ての車両クラスに対応
■ビークル・ダイナミクスの限界値まで現実に近い挙動

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

取扱企業ADAS/自動運転開発向けソフトウェア【資料進呈中】

logo.png

IPG Automotive株式会社

○車両ダイナミクス制御 ○先進運転支援システム(ADAS) ○燃費最適化,電動化 ○パワートレイン開発のフロントローディング

ADAS/自動運転開発向けソフトウェア【資料進呈中】へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

IPG Automotive株式会社