株式会社日本プロトン 【技術資料】樹脂の高性能化に貢献するコーティング技術

【技術資料】樹脂の高性能化に貢献するコーティング技術 http://www.ipros.jp/public/product/image/272/2000320704/IPROS5089285391267198537.jpg 離型性とは表面に粘着や焼き付きを起こさない性質を表し、非粘着性ともいいます。フッ素樹脂コーティングのフライパンやホットプレートなどが焦げつきを起こさないのはこの特性によるものです。 ・before 医療用PE系樹脂成形において、金型の腐食による成形不良が問題となっていた。 →◎After 金型腐食が皆無となり、連続成形が可能となった。 ・before PP樹脂射出成形用コアピンにて離型性が悪く、変形による不良が多発していた。 →◎After 離型性が飛躍的に向上し、変形不良が皆無となった。現在20万ショットノーメンテで量産中。 ・before シリコンゴム射出成形にて、離型性が悪く、離型剤を使用し、手動にてエアブローを用い脱型させていた。 →◎After 離型剤無しで、エアブローを用いず脱型可能となり、生産効率が50%改善された。 上記のように、メンテ削減や処理能力のUPに繋がり、大きなメリットがあります。 【詳しくはカタログダウンロード、またはお気軽にお問い合わせ下さい】 ※日刊工業新聞社発行 型技術 第29巻 第8号掲載内容 株式会社日本プロトン 科学・理化学機器 > 表面処理装置 > その他表面処理装置 ***** *****

画像をクリックして拡大イメージを表示

成形する樹脂が高性能・高機能化し、過酷な環境下に置かれる事が多い金型を離型性・耐摩耗性・耐食性を機能性コーティング技術により改善

当社が保有する100種類以上に及ぶ機能性表面処理技術「プロトニクスシステム(R)」は、1990年に登録商標権を取得しました。ここでは皮膜・マイクロブラスト技術・皮膜特性や代表的な改善例をご紹介します。

【改善事例】
○離型性、非粘着性の向上
金型製品部、ゲート、スプルーなどに施工することにより、離型性、流動性を向上。

○摺動性、耐カジリ性の向上
金型スライド部、エジェクタピン、スリーブなどに施工することで、金属同士部の摺動性、耐カジリ性を向上。

○耐摩耗性、流動性の向上
ゲート部、ノズル内径部などに施工することにより、フィラー入り樹脂などによる耐摩耗性、流動性を向上。

○耐食性の向上
金型および関連パーツに施工することにより、成形材料から発生するガスから耐食性を向上させ、冷却水穴への施工により冷却効果も安定化。

○金型水冷穴の耐食性向上
金型の冷却水路のみに表面処理を施し、金型寿命のアップ、成形条件の安定化に貢献。

○肉盛り、寸法調整
バリ対策、寸法調整など皮膜によって数十μmまでの精密な肉盛り調整が施工可能。

【続きはダウンロードにてご覧下さい】

基本情報【技術資料】樹脂の高性能化に貢献するコーティング技術

離型性とは表面に粘着や焼き付きを起こさない性質を表し、非粘着性ともいいます。フッ素樹脂コーティングのフライパンやホットプレートなどが焦げつきを起こさないのはこの特性によるものです。

・before
医療用PE系樹脂成形において、金型の腐食による成形不良が問題となっていた。
→◎After
金型腐食が皆無となり、連続成形が可能となった。

・before
PP樹脂射出成形用コアピンにて離型性が悪く、変形による不良が多発していた。
→◎After
離型性が飛躍的に向上し、変形不良が皆無となった。現在20万ショットノーメンテで量産中。

・before
シリコンゴム射出成形にて、離型性が悪く、離型剤を使用し、手動にてエアブローを用い脱型させていた。
→◎After
離型剤無しで、エアブローを用いず脱型可能となり、生産効率が50%改善された。

上記のように、メンテ削減や処理能力のUPに繋がり、大きなメリットがあります。

【詳しくはカタログダウンロード、またはお気軽にお問い合わせ下さい】
※日刊工業新聞社発行 型技術 第29巻 第8号掲載内容

価格 *****
※*****
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
※お問い合わせ下さい。
発売日 取扱い中
型番・ブランド名 *****
用途/実績例 ・PP樹脂射出成形用コアピン
・シリコンゴム射出成形
・ロボット溶接用トーチノズル
・ウレタンゴム成形
・樹脂ペレット再生用設備の押出用スクリュ
・シリコンゴム成型用金型
・事務用品用熱溶着金型
・PE樹脂射出成形
よく使用される業種 産業用機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体

カタログ【技術資料】樹脂の高性能化に貢献するコーティング技術

【技術情報】プロトニクスシステム

【技術情報】プロトニクスシステム 表紙画像

離型性とは表面に粘着や焼き付きを起こさない性質を表し、非粘着性ともいいます。フッ素樹脂コーティングのフライパンやホットプレートなどが焦げつきを起こさないのはこの特性によるものです。

・before
医療用PE系樹脂成形において、金型の腐食による成形不良が問題となっていた。
→◎After
金型腐食が皆無となり、連続成形が可能となった。

・before
PP樹脂射出成形用コアピンにて離型性が悪く、変形による不良が多発していた。
→◎After
離型性が飛躍的に向上し、変形不良が皆無となった。現在20万ショットノーメンテで量産中。

・before
シリコンゴム射出成形にて、離型性が悪く、離型剤を使用し、手動にてエアブローを用い脱型させていた。
→◎After
離型剤無しで、エアブローを用いず脱型可能となり、生産効率が50%改善された。

上記のように、メンテ削減や処理能力のUPに繋がり、大きなメリットがあります。

【詳しくはカタログダウンロード、またはお気軽にお問い合わせ下さい】

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

取扱企業【技術資料】樹脂の高性能化に貢献するコーティング技術

IMG_14tu.jpg

株式会社日本プロトン

機能性表面処理技術プロトニクスシステムの加工 【プロトニクスシステムとは?】 機能性表面処理技術 プロトニクスシステムとは、お客様のニーズにあった皮膜をご提供する画期的な表面処理技術です。自動車産業をはじめ、科学、電気、電子、半導体、海洋産業、宇宙開発に至るまであらゆる産業界で使用実績があります。 日々高度化するユーザーニーズに対し、様々な特性をプロトニクスシステムによって付与することにより、生産トラブル対策、効率化、品質向上、高機能化、コストダウン等に役立っています。 また、プロトニクス研究所では、大学及び公的研究機関とタイアップし、10年先を見据えた研究開発が進んでいます。

【技術資料】樹脂の高性能化に貢献するコーティング技術へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社日本プロトン