『ベルト走行式自動除塵機(ワイヤーベルト方式)』
『ベルト走行式自動除塵機(ワイヤーベルト方式)』 http://www.ipros.jp/public/product/image/776/2000321424/IPROS2286034830619094316.jpg 【その他の特長】 ■消費電力が少ない ■構造がシンプルなためメンテナンスが容易 ■設置が容易 ■耐蝕性に優れる ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 株式会社広洋技研 制御・電機機器 > 水処理装置 > 水処理装置
  • 水の浄化による環境保全を目的に開発された自動除塵機をご紹介
    株式会社広洋技研
    「ベルト走行式自動除塵機(ワイヤーベルト方式)」は、
    流水中の大量の浮遊物・塵介等の固形物を短時間に連続的に捕獲除去する
    装置です。

    スクリーン面は、格子状(ネット状)のワイヤーベルトで構成され、
    ガイドレール上をエンドレス走行し固形質のゴミは、ワイヤーベルト上の
    フライトにより除塵する機構を有しております。

    また、頭部傾斜型フレームを採用しているため、掻き揚げられた塵介が、
    スムーズにコンベア等の搬出装置に排出できる仕組みになっています。

    【特長】
    ■水頭損失が少ない(開孔面積が大きい)
    ■格子形状のため、マス目幅以上のものは全て阻止する
    ■スクリーン面の強度が高い
    ■異物の嚙みこみ(ロック)がない
    ■連続掻揚方式により掻揚げ量が多い

    ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 画像をクリックして拡大イメージを表示

基本情報『ベルト走行式自動除塵機(ワイヤーベルト方式)』

【その他の特長】
■消費電力が少ない
■構造がシンプルなためメンテナンスが容易
■設置が容易
■耐蝕性に優れる

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

【用途】
■浄化場の取水口
■海水・河川取水口
■発電所取水口
■農業用水
■下水処理場
■滞水池の除塵
■排水処理 ほか

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

よく使用される業種

環境、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、その他製造、電気・ガス・水道業、その他

カタログ『ベルト走行式自動除塵機(ワイヤーベルト方式)』

  • 「ベルト走行式自動除塵機(ワイヤーベルト方式)」は、
    流水中の大量の浮遊物・塵介等の固形物を短時間に連続的に捕獲除去する
    装置です。

    スクリーン面は、格子状(ネット状)のワイヤーベルトで構成され、
    ガイドレール上をエンドレス走行し固形質のゴミは、ワイヤーベルト上の
    フライトにより除塵する機構を有しております。

    また、頭部傾斜型フレームを採用しているため、掻き揚げられた塵介が、
    スムーズにコンベア等の搬出装置に排出できる仕組みになっています。

    【特長】
    ■水頭損失が少ない(開孔面積が大きい)
    ■格子形状のため、マス目幅以上のものは全て阻止する
    ■スクリーン面の強度が高い
    ■異物の嚙みこみ(ロック)がない
    ■連続掻揚方式により掻揚げ量が多い

    ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
    [PDF:3MB]

取扱会社『ベルト走行式自動除塵機(ワイヤーベルト方式)』

株式会社広洋技研

○水処理機器の企画、開発、設計、製作、施工、ならびに販売

『ベルト走行式自動除塵機(ワイヤーベルト方式)』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社広洋技研


  • レーザーでは難しい「微細加工」もお任せ! 半導体・センサ パッケージング技術展に出展します
  • 宮城のものづくり企業特集

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー