メカロック『MCシリーズ』
メカロック『MCシリーズ』 http://www.ipros.jp/public/product/image/d06/2000323416/IPROS5783568328776894903.jpg 【その他の特長】 ■カラーが不要で部品点数を削減 ■ボスなしプーリを使用でき、ハブは貫通穴加工のみでOK ■当て止めが可能なため、組立てが簡単で時間短縮が可能 ■全長をコンパクトにすることができる ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 アイセル株式会社 機械部品 > 機械要素 > 動力伝達機器
  • アルミプーリ適合の低面圧仕様メカロック!全長をコンパクトに!
    アイセル株式会社
    『MCシリーズ』は、ボディ材質にアルミ合金を採用(表面はアルマイト処理)、
    締結用ボルト本数を削減し、ハブ側にかかる面圧を軽減させることにより、
    アルミプーリとの締結を可能にしたメカロックです。

    ベアリング押え機構を本体に搭載しているため、カラーが不要で全長をコンパクトにできます。
    また、分解時のハブの移動スペースを確保しなくてもスムーズな取外しが可能になり、
    段付きシャフトでの位置決めが容易になります。

    【特長】
    ■軸径φ4~φ35mmまで22型式を標準化
    ■アルミタイミングプーリ適合(スチールも使用可)
    ■ボルト本数が少なく着脱時間を短縮
    ■背面にインローを設け、ベアリング押えを兼用
    ■面圧が低いので中空軸にも最適


    ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 画像をクリックして拡大イメージを表示

基本情報メカロック『MCシリーズ』

【その他の特長】
■カラーが不要で部品点数を削減
■ボスなしプーリを使用でき、ハブは貫通穴加工のみでOK
■当て止めが可能なため、組立てが簡単で時間短縮が可能
■全長をコンパクトにすることができる

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

よく使用される業種

産業用機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、光学機器、製造・加工受託、その他製造、その他

カタログメカロック『MCシリーズ』

  • 『MCシリーズ』は、ボディ材質にアルミ合金を採用(表面はアルマイト処理)、
    締結用ボルト本数を削減し、ハブ側にかかる面圧を軽減させることにより、
    アルミプーリとの締結を可能にしたメカロックです。

    ベアリング押え機構を本体に搭載しているため、ベアリング抜け止め部品が不要。
    また、分解時のハブの移動スペースを確保しなくてもスムーズな取外しが可能になり、
    段付きシャフトでの位置決めが容易になります。

    【特長】
    ■軸径φ4~φ35mmまで22型式を標準化
    ■アルミタイミングプーリ適合(スチールも使用可)
    ■ボルト本数が少なく着脱時間を短縮
    ■背面にインローを設け、ベアリング押えを兼用
    ■面圧が低いので中空軸にも最適

    ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
    [PDF:2MB]

取扱会社メカロック『MCシリーズ』

アイセル株式会社

パンチング機器、ベンディング機器、伝動機器、精密機器、精密金型、マシンシャッター等の製造販売

メカロック『MCシリーズ』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

アイセル株式会社

メカロック『MCシリーズ』 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す
分類カテゴリから探す

  • ラベル印刷の外注費や在庫管理などのコストを削減!カラーラベルプリンターTM-C3500
  • スペーサーの調達ならヒロスギネット 金属・樹脂スペーサー、ピンヘッダーなど全78,000品

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー