ホットメルト自動ガン MUシリーズ
ホットメルト自動ガン MUシリーズ http://www.ipros.jp/public/product/image/667/2000326521/IPROS804742246025067008.jpg ガンの先端まで温度は安定しており、接着剤を常に均一に吐出します。 サイドのプレートを外すことにより内部にアクセス出来ますので、 簡単にメンテナンスが行えます。 特徴シングルアクションAOSCと ダブルアクションAOACタイプがあります。 オプションでフィルター内蔵タイプを選択すると、 ホースを取り外すことなくフィルター交換することが出来ます。 温度センサーは、PT100とNi120の2タイプです。 吐出制御は、複数のモジュールを個別に制御するタイプと、 一括で制御するタイプがあります。 詳しい仕様は、カタログをダウンロードしてください。 株式会社ファスト 工具・消耗品・備品 > 消耗品 > 接着剤
  • この製品を
  • Twitterボタン

基本情報ホットメルト自動ガン MUシリーズ

ガンの先端まで温度は安定しており、接着剤を常に均一に吐出します。

サイドのプレートを外すことにより内部にアクセス出来ますので、
簡単にメンテナンスが行えます。

特徴シングルアクションAOSCと
ダブルアクションAOACタイプがあります。

オプションでフィルター内蔵タイプを選択すると、
ホースを取り外すことなくフィルター交換することが出来ます。

温度センサーは、PT100とNi120の2タイプです。
吐出制御は、複数のモジュールを個別に制御するタイプと、
一括で制御するタイプがあります。

詳しい仕様は、カタログをダウンロードしてください。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

-

よく使用される業種

繊維、ガラス・土石製品、木材、樹脂・プラスチック、産業用機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、自動車・輸送機器、医療機器、建材・資材・什器、製造・加工受託

カタログホットメルト自動ガン MUシリーズ

  • ホットメルト塗布用 自動ガン ヘッド

    ビード(ライン)、ドット、スワール、スプレー、
    ラミネート、コーティング、など、ご希望の塗布形状に合わせた
    モジュール・ヘッド・ノズルを提案致します。

    【MUモジュール 特徴】
     ○ エアーオープン/エアークローズ(AO/AC)
       または
       エアーオープン/スプリングクローズ(AO/SC)
     ○ 温度センサーも2種類から選択可能
     ○ 作業温度230℃まで

    詳しい仕様は、カタログをダウンロード頂くか
    直接お問い合わせください。
     
    [PDF:540KB]

取扱会社ホットメルト自動ガン MUシリーズ

株式会社ファスト

■各種製造設備の設計、製作、輸出入及び販売 ■接着機器製造並びに輸出入及び販売 ■接着剤用樹脂・プラスチック原材料の輸出入及び販売 ■光ディスク製造装置の輸出入及び販売 ■光学機器及び検査機器の輸出入及び販売 ■各種産業資材の輸出入及び販売 ■その他 ホットメルト・他 接着剤 塗布装置 ・アプリケーター ・ロールコーター ・エクストルーダー ・モールディング ・ポッティング ・ドラムメルター ・ホットメルト 自動ガン(ビード、スプレー、コーティング、他) ・その他 アクセサリー類 ・押し出し 押出 吐出 混合 攪拌 二液 一液 ・ホットメルト 反応型ホットメルト 反応型接着剤 PUR ・ワイヤーハーネス 樹脂 成型 成形

ホットメルト自動ガン MUシリーズへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ファスト


  • ロームの評価キットシリーズにセンサメダルが新登場
  • 断水不要!ネジを締めるだけで配管の水漏れが直る!児玉工業の圧着ソケット

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー