ホワイトペーパー『産業用はかりの選定で重要な許容管理幅とは?』
ホワイトペーパー『産業用はかりの選定で重要な許容管理幅とは?』 http://www.ipros.jp/public/product/image/fde/2000351179/IPROS1251381973399174700.jpg 製造プロセスで質量が測定される場合、測定におけるプロセストレランス(許容管理幅)を確立・管理することで 製品品質の大幅な改善が図れます。但し、確立したプロセストレランスは必ず安全係数で保護されなければなりません。 質量測定プロセスのトレランスを考慮して、適正な機器の選定および操作を行うことが推奨されます。 まず知ってください。 「最終製品または製造品が、消費者の求める高い品質水準に合致するか(又は合致していること)を証明する理由 「性能基準と予算の両方を満たす計量器の選定をする方法」 ※詳しくは資料をご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 メトラー・トレド株式会社 測定・分析 > 重量測定器 > はかり
  • 高いパフォーマンスを発揮するために!質量測定の精度向上のためのヒントが満載
    メトラー・トレド株式会社
    正しくはかりを選定し、製造プロセスに組み込んでいますか?

    工業プロセスでは、それぞれ適したプロセストレランス(許容管理幅)があり
    これに基づいた計量機器の選定を行うことで、
    優れたパフォーマンスが発揮でき、製品の品質向上につながります。

    本資料では、許容管理幅の確立・管理に必要な情報を解説しています。

    【掲載内容(抜粋)】
    ■目的に合致:「質量測定結果が十分精確か?」
    ■適正な答えを提供する、質量測定におけるプロセストレランス(許容管理幅)
    ■数学上の計算(計算手法)により、プロセストレランスを評価、決定する
    ■プロセスの性質上の評価で、質量測定におけるプロセストレランスを決定する
    ■安全係数の考え方
    ■新しい計量器の導入時に推奨される考慮点と評価点

    ※詳しい内容は【ダウンロード】よりスグにご覧頂けます。
  • 産業用はかりを選定するためのプロセストレランス
    画像をクリックして拡大イメージを表示

基本情報ホワイトペーパー『産業用はかりの選定で重要な許容管理幅とは?』

製造プロセスで質量が測定される場合、測定におけるプロセストレランス(許容管理幅)を確立・管理することで
製品品質の大幅な改善が図れます。但し、確立したプロセストレランスは必ず安全係数で保護されなければなりません。
質量測定プロセスのトレランスを考慮して、適正な機器の選定および操作を行うことが推奨されます。

まず知ってください。
「最終製品または製造品が、消費者の求める高い品質水準に合致するか(又は合致していること)を証明する理由
「性能基準と予算の両方を満たす計量器の選定をする方法」

※詳しくは資料をご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

価格

※お気軽にお問い合せください。

価格帯

納期


※製品により変動いたしますので、お気軽にお問い合せください。

発売日

取扱い中

用途/実績例

さまざまな企業で採用されています
・調合ー
・充填ーバルク製品の管理
・分注ー
・パッケージングー部品などの小型製品など

よく使用される業種

飲食料品、化学、産業用機械、食品機械、機械要素・部品、産業用電気機器、自動車・輸送機器、医薬品・バイオ

詳細情報ホワイトペーパー『産業用はかりの選定で重要な許容管理幅とは?』

適切なはかりの選定

GWP recommendation で産業用台はかりが選定されました

適切なはかりの選定

GWP recommendationによりミクロ天びんが選定されました

高精度計量モジュール

タブレットなどの極少量の計量をライン組み込みも可能な計量センサ

台はかり

コンパクトで卓上に設置できるモデル

防爆認証はかり

危険場所での使用に対応するためには、防爆認証を取得していることや、高精度で適切なひょう量範囲であることなどの条件があります。

コンパレータ表示はかり

パッケージの内容量は商取引に適合する許容範囲内か否かを瞬時に判定し表示部の色でお知らせ

高分解能台はかり

大容量バッグの計量においても高い分解能で測定

低床型フロアスケール

パレット単位で計量することで業務の効率化を実現

カタログホワイトペーパー『産業用はかりの選定で重要な許容管理幅とは?』

  • このガイドでは、許容誤差範囲、ひょう量、機器選定における考え方を解説しています。

    <解説ポイント>
    ◆目的に合致:「質量測定結果が十分精確か?」
    ◆数学上の計算(計算手法)により、プロセストレランス(許容管理幅)を評価、決定する
    ◆プロセスの性質上の評価で、質量測定におけるプロセストレランス(許容管理幅)を決定する
    ◆安全係数の考え方
    [PDF:2MB]

取扱会社ホワイトペーパー『産業用はかりの選定で重要な許容管理幅とは?』

メトラー・トレド株式会社

計量器及び分析機器の輸出入並びに販売 【研究向けソリューション】 電子天びん、ピペット、ソフトウェアソリューション、OIML分銅、pH計、自動滴定装置、熱分析装置、熱測定装置、水分計、反応熱量計、自動反応装置、 自動合成システム、超臨界流体クロマトグラフィー装置、インライン粒子測定装置、in-situ赤外分光光度計 【産業向けソリューション】 産業用台はかり、フロアスケール、ベンチスケール、トラックスケール、個数計、ソフトウェアソリューション、OIML分銅、自動寸法測定装置 【プロセス制御ソリューション】 工業用プロセス計測システム、インライン粒子測定装置、超純水比抵抗・導電率測定器、TOC(全有機炭素)計 【校正・技術サービス】 メンテナンスコントラクト、JCSS校正サービス(分銅・はかり)、性能証明サービス(ピペット)、規制適合支援サービス(EQ-Pac・IPac)、計量セミナー、コンサルティング、その他技術サポート

ホワイトペーパー『産業用はかりの選定で重要な許容管理幅とは?』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

メトラー・トレド株式会社

ホワイトペーパー『産業用はかりの選定で重要な許容管理幅とは?』 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す
分類カテゴリから探す
分類カテゴリから探す

  • 業界最小クラスの1608サイズに2色搭載!ロームの小型・低背2色チップLED SML-D2シリーズ
  • 樹脂や金属など様々な材質のスペーサー等の機構部品 全78,000アイテム収録!総合カタログ最新版進呈

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー