株式会社矢野経済研究所 2017年版 低温物流市場の現状と将来展望

2017年版 低温物流市場の現状と将来展望 http://www.ipros.jp/public/product/image/873/2000351517/IPROS601688967986777082.JPG ■構成 第1章 低温物流市場の潮流 第2章 低温物流市場を取り巻く市場環境 第3章 低温物流市場の最新動向 第4章 タイプ別にみる低温物流市場動向および事例研究 第5章 荷主業種別にみる市場動向・事例研究 第6章 有力低温物流事業者の事業実態 発刊日:2017/12/27 体裁:A4 / 262頁 定価:150,000円(税別) 株式会社矢野経済研究所 その他 > その他 > その他
矢野経済研究所の低温物流に関するマーケットレポートです。

食料品を中心に流通業態が多様化するなか、安定的かつ安全な食料供給を支えてきたわが国の低温物流。人口増加や経済成長が急速に進むアジア圏を中心に、食料品を中心に厳密な温度管理が必要な物資に関する消費需要・物流需要が拡大し、低温物流の国際化対応が重要に。物流の国際化を背景に高い注目を集める「低温物流」市場について、徹底的に分析。

■ポイント
●低温物流への参入事業者を、メーカー系(大手・中堅)、冷凍冷蔵倉庫事業者系、商社・卸系、3PL事業者系、地場業者系等にとりまとめ、各区分における事業概要・参入事業者の事業戦略を体系的に整理するとともに、低温物流市場規模を推計。
●最近トピックスとして、ドライバー不足問題や、CVSの海外進出等に伴う国際物流分野への取組み動向にスポット。
●今回は新たに、荷主側から低温物流市場のトレンドをとりまとめた。小売(GMS・CVS・通販・食品スーパー等)、食品メーカー(冷凍食品・生鮮品・チルド食品 等)

発刊日:2017/12/27 体裁:A4 / 262頁 定価:150,000円(税別)

基本情報2017年版 低温物流市場の現状と将来展望

■構成
第1章 低温物流市場の潮流
第2章 低温物流市場を取り巻く市場環境
第3章 低温物流市場の最新動向
第4章 タイプ別にみる低温物流市場動向および事例研究
第5章 荷主業種別にみる市場動向・事例研究
第6章 有力低温物流事業者の事業実態

発刊日:2017/12/27 体裁:A4 / 262頁 定価:150,000円(税別)

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 詳細はお問合せください

カタログ2017年版 低温物流市場の現状と将来展望

取扱企業2017年版 低温物流市場の現状と将来展望

株式会社矢野経済研究所

●受託調査/依頼調査・コンサルティング ●マルチクライアント調査企画 ●自社企画調査資料(マーケットレポート) ●定期刊行物 ●会員制ライブラリー ●データ販売 ●社員研修・勉強会

2017年版 低温物流市場の現状と将来展望へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社矢野経済研究所

2017年版 低温物流市場の現状と将来展望 が登録されているカテゴリ