石敏鐵工株式会社 超小型人工衛星向けのアルミ一体型構体『モノベースフレーム』

超小型人工衛星向けのアルミ一体型構体『モノベースフレーム』 http://www.ipros.jp/public/product/image/562/2000353313/IPROS3403195254793262680.JPG 【国際航空宇宙展’18出展】 ■日時:2018年11月28日(水)~30日(金) ■場所:東京ビッグサイト ■ブース:東7・8ホール 8231 【背景】 大学の研究室などが製作する数kg程度の超小型の人工衛星「通称:CubeSat」は、国際宇宙ステーションの「きぼう」日本実験棟からの超小型衛星の放出機会提供サービスも始まっており、今後、需要は増えていくと予想されています。 【石敏鐵工について】 当社は、アルミ材と精密加工に精通した設計部を持ち、CubeSat規格に準拠した設計で、低コスト化と安定した品質での大量生産を実現します。ブロック状のアルミ材を削り出すこの製法は、簡単な設計変更によって各部の太さ、形状を自由に設定できる上、簡単な設計変更で形状も材質も自由自在に選択でき、一般的な分割型では困難な構造も可能です。 【サイズ別スペック】 ■MBF-1U 材質:A7075-T651 サイズ:1U(約100mm×100mm×100mm) 重量:135g ■MBF-3U 材質:A7075-T651 サイズ:3U(約100mm×100mm×300mm) 重量:200g 石敏鐵工株式会社 製造・加工機械 > 受託サービス > 製造受託
アルミの削り出しによる一体型タイプ!軽量で設計自由度が高く、部品点数が少なく組付け工数をカット可能。【国際航空宇宙展'18出展】

石敏鐵工では、今後の需要増加が見込まれる "超小型人工衛星" のフレーム(構体)を、
アルミブロックからの削り出しで加工する技術を開発いたしました。
製品名は『MBF:モノベースフレーム』です。※JISQ9100取得準備中!

一般的には「分割型タイプ」が多い中で、
当社のMBFは「一体型タイプ」のため軽量化が容易で、設計の自由度が高いです。
部品点数が少なくなるため、組み付け工数の削減・品質の安定に繋がります。

用途に合わせてフレームの剛性、重量、形状を自由にカスタマイズできるため、
「剛性は必要ないが軽くしたい」「重くても良いが丈夫にしたい」といったご要望にも対応可能!

【MBFの特長】
・削りだしによる一体化のため、軽量で設計自由度が高い
・部品点数が少ないため組付け工数を削減可能
・「JIS Q 9100(航空宇宙産業における品質マネジメントシステム規格)」取得準備中!

※参考資料を、下記「PDFダウンロード」よりご覧いただけます。

基本情報超小型人工衛星向けのアルミ一体型構体『モノベースフレーム』

【国際航空宇宙展’18出展】
■日時:2018年11月28日(水)~30日(金)
■場所:東京ビッグサイト
■ブース:東7・8ホール 8231

【背景】
大学の研究室などが製作する数kg程度の超小型の人工衛星「通称:CubeSat」は、国際宇宙ステーションの「きぼう」日本実験棟からの超小型衛星の放出機会提供サービスも始まっており、今後、需要は増えていくと予想されています。

【石敏鐵工について】
当社は、アルミ材と精密加工に精通した設計部を持ち、CubeSat規格に準拠した設計で、低コスト化と安定した品質での大量生産を実現します。ブロック状のアルミ材を削り出すこの製法は、簡単な設計変更によって各部の太さ、形状を自由に設定できる上、簡単な設計変更で形状も材質も自由自在に選択でき、一般的な分割型では困難な構造も可能です。

【サイズ別スペック】
■MBF-1U
材質:A7075-T651
サイズ:1U(約100mm×100mm×100mm)
重量:135g

■MBF-3U
材質:A7075-T651
サイズ:3U(約100mm×100mm×300mm)
重量:200g

価格 -
※お問い合わせください
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
発売日 取扱い中
用途/実績例 ■人工衛星関連部品納入実績
・ボーンピラー
・モノベースフレーム(参考出品)
・衛星用特殊ねじ(参考出品)

※詳細は直接お問い合わせ下さい。
よく使用される業種 航空・宇宙

詳細情報超小型人工衛星向けのアルミ一体型構体『モノベースフレーム』

製作途中の写真です

モノベースフレームの製作工程の写真です。

MECT2017に出展!

MECT2017に出展した際のブース写真です。

カタログ超小型人工衛星向けのアルミ一体型構体『モノベースフレーム』

超小型人工衛星用アルミ一体型フレーム『モノベースフレーム(MBF)』

超小型人工衛星用アルミ一体型フレーム『モノベースフレーム(MBF)』 表紙画像

『モノベースフレーム(MBF)』とは、石敏鐵工株式会社が独自設計したCubeSat用一体型フレームです。
アルミブロック材から削り出したモノコック一体型構造のため、一般的な「分割型」と比べ部品点数を削減でき、
よりシンプルな構造で、組み付けトラブルを減らすことができます。

また部品の材質の違いや接合部に起こりやすい熱伝導によるトラブルもありません。

【特徴】
■重量も剛性も形状も自由にカスタマイズ可能
■1~100個程度の量産型
■新規参入が容易
■低コストで安定した品質を実現
■CubeSat 規格準拠

※詳しくはPDFをダウンロードいただくか、お気軽にお問い合わせください。

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

アルミモノブロック削り出し一体型CubeSatフレーム『MBF』【PR資料】

アルミモノブロック削り出し一体型CubeSatフレーム『MBF』【PR資料】 表紙画像

削り出し製法から生まれる新たなカタチ!
超小型人工衛星(CubeSat)用フレームとして開発された、アルミブロック材から削り出す「MBF:モノベースフレーム」のPR資料です!

ブロック状のアルミ材を削り出すこの製法は、簡単な設計変更によって各部の太さ、形状を自由に設定することができます。

CubeSatフレーム開発、設計、汎用構造品開発に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

取扱企業超小型人工衛星向けのアルミ一体型構体『モノベースフレーム』

WS000004.JPG

石敏鐵工株式会社

■自動車関連試作部品製作 ■各種産業用装置部品製作 ■窯業機械・金型製造販売

超小型人工衛星向けのアルミ一体型構体『モノベースフレーム』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

石敏鐵工株式会社

超小型人工衛星向けのアルミ一体型構体『モノベースフレーム』 が登録されているカテゴリ