【ウレタン加工実績】風速計用内装
【ウレタン加工実績】風速計用内装 http://www.ipros.jp/public/product/image/523/2000354131/IPROS2979874240968352372.PNG 【ウレタン加工について】 <特長> ■収納物に合った内装加工で製品を安全に守る ■製品にあわせたウレタン形状で見た目も美しく ■収納しやすく使い勝手の良いケースを作成 <ウレタン種類> ■硬質ウレタン:重量物や十分な厚みの取れない場所に使用する硬質ウレタン ■中質ウレタン:衝撃吸収性に優れた中質のウレタン ■軟質ウレタン:主に蓋側に使用するスポンジ状の軟質ウレタン ■導電性ウレタンICピンも刺す事が出来るカーボン入りの導電性ウレタン ■帯電防止ウレタン:海面活性材が入った帯電防止のウレタン <加工方法例> ■貼り合せ加工:四角にカットしたウレタンを貼り合せて製作する加工方法 ■ルーター加工:機材の形に合わせて、刃物でウレタンを削る加工方法 ■トムソン加工:トムソン刃の治具を作製し、ウレタンをプレスして抜く方法 ※詳しくは、お気軽にお問い合わせ下さい。 株式会社エミック 工具・消耗品・備品 > 切削工具 > その他切削工具
  • 収納物に合った内装加工で製品を保護!風速計ケース用の内装ウレタン加工例
    株式会社エミック
    エミックでは、収納物・用途に合わせた内装設計にこだわり、
    お客様ごとのニーズに最も適したキャリングケースを提案しています。

    『風速計収納用ケースの内装』の場合、備品用ポケットとプロペラを
    固定するマジックテープを蓋側に取り付けて、スペースを有効活用。
    ケースは「ヘビーケース4040」、ウォータージェット加工を施しています。

    収納物にあった内装加工をする事で、衝撃から安全に製品を守る事ができ、
    さらに、製品に合わせたウレタン形状は、見た目も美しく、収納しやすい
    使い勝手の良いケースになります。

    【仕様】
    ■ケース:ヘビーケース4040
    ■加工方法:ウォータージェット加工

    ※詳しくは、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報【ウレタン加工実績】風速計用内装

【ウレタン加工について】
<特長>
■収納物に合った内装加工で製品を安全に守る
■製品にあわせたウレタン形状で見た目も美しく
■収納しやすく使い勝手の良いケースを作成

<ウレタン種類>
■硬質ウレタン:重量物や十分な厚みの取れない場所に使用する硬質ウレタン
■中質ウレタン:衝撃吸収性に優れた中質のウレタン
■軟質ウレタン:主に蓋側に使用するスポンジ状の軟質ウレタン
■導電性ウレタンICピンも刺す事が出来るカーボン入りの導電性ウレタン
■帯電防止ウレタン:海面活性材が入った帯電防止のウレタン

<加工方法例>
■貼り合せ加工:四角にカットしたウレタンを貼り合せて製作する加工方法
■ルーター加工:機材の形に合わせて、刃物でウレタンを削る加工方法
■トムソン加工:トムソン刃の治具を作製し、ウレタンをプレスして抜く方法

※詳しくは、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

※詳しくは、お気軽にお問い合わせ下さい。

よく使用される業種

産業用機械、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、試験・分析・測定、IT・情報通信、建築・土木・エンジニアリング

取扱会社【ウレタン加工実績】風速計用内装

ペリカンケース、ショックストップの輸入販売。 オーダーメードアルミケース、アルミトランクの設計、製作販売。 ドイツワグケースの輸入、内装設計。

【ウレタン加工実績】風速計用内装へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社エミック


  • スペーサーの調達ならヒロスギネット 金属・樹脂スペーサー、ピンヘッダーなど全80,000品
  • 27℃/70%→23℃/28℃一気に除湿 省エネ精密空調機 PAP Dシリーズ

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー