『落下防止ワイヤー』 ※使用例付き資料進呈
『落下防止ワイヤー』 ※使用例付き資料進呈 http://www.ipros.jp/public/product/image/ede/2000357674/IPROS8958898366807106458.png 【ワイヤー径の標準ライアップ(mm)】 φ0.54、φ0.63、φ0.81、φ1.0、φ1.2、φ1.5、φ2.0、φ2.5、φ3.0、φ3.5、φ4.0 ※ネジ付・メガネタイプ・ネジ止めタイプなど、さまざまな端末金具をご用意しております。 株式会社共成 工具・消耗品・備品 > 安全・衛生用品 > その他安全・衛生用品
  • 照明や工具などの落下対策に。柔軟性があり扱いやすい。長さなど特注製作OK
    株式会社共成
    当社では、照明器具・機材・工具などの
    落下防止に役立つ『落下防止ワイヤー』を取り扱っています。

    基本素材は耐食性のあるステンレスで、柔軟なワイヤーを採用。
    ワイヤー径はφ0.54mm~φ4.0mmまで幅広く揃え、
    長さや端末加工などニーズに応じたカスタマイズ製作も可能です。

    現在、写真付きの使用例も掲載した資料を進呈中。

    【特長】
    ■メーカー直販の安心組立と安心価格
    ■径・長さの寸法カスタマイズにも柔軟に対応可能
    ■ディスプレイの吊下げ、装置の転倒防止にも活躍
    ■接触物にキズを付けにくい樹脂コートケーブルや
     低価格なメッキ線もご用意 

    ※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。
  • 画像をクリックして拡大イメージを表示

基本情報『落下防止ワイヤー』 ※使用例付き資料進呈

【ワイヤー径の標準ライアップ(mm)】
φ0.54、φ0.63、φ0.81、φ1.0、φ1.2、φ1.5、φ2.0、φ2.5、φ3.0、φ3.5、φ4.0

※ネジ付・メガネタイプ・ネジ止めタイプなど、さまざまな端末金具をご用意しております。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

よく使用される業種

鉄/非鉄金属、産業用機械、自動車・輸送機器、造船・重機、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、その他製造、商社・卸売り、電気・ガス・水道業、倉庫・運輸関連業、鉱業、サービス業、その他

カタログ『落下防止ワイヤー』 ※使用例付き資料進呈

  • 当社では、照明器具・機材・工具などの
    落下防止に役立つ『落下防止ワイヤー』を取り扱っています。

    基本素材は耐食性のあるステンレスで、柔軟なワイヤーを採用。
    ワイヤー径はφ0.54mm~φ4.0mmまで幅広く揃え、
    長さや端末加工などニーズに応じたカスタマイズ製作も可能です。

    現在、写真付きの使用例も掲載した資料を進呈中。

    【特長】
    ■メーカー直販の安心組立と安心価格
    ■径・長さの寸法カスタマイズにも柔軟に対応可能
    ■ディスプレイの吊下げ、装置の転倒防止にも活躍
    ■接触物にキズを付けにくい樹脂コートケーブルや
     低価格なメッキ線もご用意 

    ※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。
    [PDF:2MB]

取扱会社『落下防止ワイヤー』 ※使用例付き資料進呈

株式会社共成

○農機、自動車、建機などの各種コントロールケーブルとその他工業用部品の製造・販売

『落下防止ワイヤー』 ※使用例付き資料進呈へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社共成

『落下防止ワイヤー』 ※使用例付き資料進呈 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 27℃/70%→23℃/28℃一気に除湿 省エネ精密空調機 PAP Dシリーズ
  • 確かな品質の製品を納得の価格でご提供 電子部品・消耗品・計測器など約42,000点ラインアップ

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー