株式会社矢野経済研究所 2018年版太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の現状と将来展望

2018年版太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の現状と将来展望 http://www.ipros.jp/public/product/image/c5b/2000365845/IPROS8035218622535440730.JPG ■構成 第1章:太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の現状と将来展望 第2章:O&Mサービス市場の動向 第3章:太陽光発電所セカンダリー市場の動向 第4章:太陽光パネルリユース・リサイクル市場の動向 第5章:太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の参入企業の動向 発刊日:2018/03/30 体裁:A4 / 350頁 定価:150,000円(税別) 株式会社矢野経済研究所 その他 > その他 > その他
矢野経済研究所の太陽光発電設備運用に関するマーケットレポートです。

太陽光発電所の運営・メンテナンスやセカンダリー市場(稼働済み太陽光発電所取引)、太陽光パネルリユース・リサイクルなどに関連するサービスや技術の市場動向について調査を実施した。調査結果を基に、主要なサービスや技術の市場動向、代表的な参入プレイヤーの事業内容、先進的な太陽光発電設備の活用事例などについて分析を行った。

■ポイント
●太陽光発電所のストック増加に伴いO&Mサービスの国内市場の成長が続く
●FIT制度改正を受けて低圧向けO&Mサービスに参入する事業者が増加
●設置環境に合った過不足無いサービスのスピーディーな提供が実績拡大のカギに
●セカンダリー市場を見据えて太陽光発電所の資産価値評価などサービス開発の動きが進む
●セカンダリー市場は投資家と新電力事業者を中心に関心が高まり市場が拡大
●発電所の信頼性の目利きと顧客の取引目的に合わせた提案が取引仲介のポイントに
●太陽光パネルのリユース・リサイクル技術は研究開発から事業化の段階に移る

発刊日:2018/03/30 体裁:A4 / 350頁 定価:150,000円(税別)

基本情報2018年版太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の現状と将来展望

■構成
第1章:太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の現状と将来展望
第2章:O&Mサービス市場の動向
第3章:太陽光発電所セカンダリー市場の動向
第4章:太陽光パネルリユース・リサイクル市場の動向
第5章:太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の参入企業の動向

発刊日:2018/03/30 体裁:A4 / 350頁 定価:150,000円(税別)

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 詳細はお問い合わせください

カタログ2018年版太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の現状と将来展望

取扱企業2018年版太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の現状と将来展望

株式会社矢野経済研究所

●受託調査/依頼調査・コンサルティング ●マルチクライアント調査企画 ●自社企画調査資料(マーケットレポート) ●定期刊行物 ●会員制ライブラリー ●データ販売 ●社員研修・勉強会

2018年版太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の現状と将来展望へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社矢野経済研究所

2018年版太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の現状と将来展望 が登録されているカテゴリ