安全手袋『リスクアセスメントの見直し、していますか?』技術資料
安全手袋『リスクアセスメントの見直し、していますか?』技術資料 http://www.ipros.jp/public/product/image/4cf/2000367709/IPROS904644070779107726.JPG 【詳細】 ■耐油・耐薬品手袋 脱脂作業・塗装・薬品の取扱、食品加工、アスベスト対策などに ■汎用手袋 検品・組み立て・メンテナンスでの細かい作業に ■耐切創手袋 板金やガラス部品などの鋭利なものの取り扱いに ※詳細は、カタログ請求していただくかダウンロードからPDFデータをご覧下さい。 エー・エム・プロダクツ株式会社 工具・消耗品・備品 > 安全・衛生用品 > 作業用手袋 Honeywell Safety Products

基本情報安全手袋『リスクアセスメントの見直し、していますか?』技術資料

【詳細】
■耐油・耐薬品手袋
脱脂作業・塗装・薬品の取扱、食品加工、アスベスト対策などに
■汎用手袋
検品・組み立て・メンテナンスでの細かい作業に
■耐切創手袋
板金やガラス部品などの鋭利なものの取り扱いに


※詳細は、カタログ請求していただくかダウンロードからPDFデータをご覧下さい。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期


※お問い合わせください。

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

Honeywell Safety Products

用途/実績例

【用途】
・危険な化学物質や鋭利な部品から手を保護する

よく使用される業種

飲食料品、繊維、紙・パルプ、化学、石油・石炭製品、ゴム製品、ガラス・土石製品、木材、セラミックス、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、試験・分析・測定、環境、エネルギー、医療機器、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、印刷業、製造・加工受託、その他製造、小売、電気・ガス・水道業、倉庫・運輸関連業、医療・福祉、教育・研究機関、官公庁、水産・農林業、鉱業、サービス業、その他

カタログ安全手袋『リスクアセスメントの見直し、していますか?』技術資料

  • 工場で扱われている化学物質は約6万種類とも言われています。その中で、化学物質に起因する業務上疾病の発生は年間300件。作業員の安全と健康確保をより一層充実させるため、労働安全衛生法で、「化学物質に関するリスクアセスメント(危険性・有害性の調査)実施」が義務化されています。業務上化学物質を取り扱う作業者の安全確保のためにも、ぜひリスクアセスメントの実施と、適切な安全手袋の着用をお勧めいたします!

    【掲載内容】
    ■化学物質に関するリスクアセスメントを行っていますか?
    ■安全手袋ラインナップのご紹介
    ■安全手袋耐薬品ガイド

    ※詳細は、カタログ請求していただくかダウンロードからPDFデータをご覧下さい。
    [PDF:17MB]

取扱会社安全手袋『リスクアセスメントの見直し、していますか?』技術資料

エー・エム・プロダクツ株式会社

*油・液体吸収材の輸入およびその販売 *液体危険物吸収材の輸入およびその販売 *環境管理機器の輸入およびその販売 *保管容器の輸入およびその販売 *安全保護具の輸入およびその販売 *フロアマットの輸入およびその販売

安全手袋『リスクアセスメントの見直し、していますか?』技術資料へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

エー・エム・プロダクツ株式会社

安全手袋『リスクアセスメントの見直し、していますか?』技術資料 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 遅延わずか3ms 赤外線ワイヤレスマイクの代替に!業務用カラオケマイクシステム 5GHzデジタルコードレスマイクロホン
  • スペーサーの調達ならヒロスギネット 金属・樹脂スペーサー、ピンヘッダーなど全78,000品

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー