JIS P8131 ミューレン高圧形試験機による破裂強さ試験方法
JIS P8131 ミューレン高圧形試験機による破裂強さ試験方法 ・試験片の推奨寸法は100mm × 100mmとし、JIS P 8110 に従い、できる限り、すき入れ、しわ又は外見で分かる損傷がないものを用いるのが望ましいと規定されている。 ・試験片は、JIS P 8111 によって事前に調湿し、必要な試験片の数は裏と表を同数とし、少なくても10回ずつ(合計20回)行う必要がある。 包装評価試験ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。 日本ビジネスロジスティクス(株) 包装ソリューション事業部・包装ソリューション第1グループ 担当:0466-41-0264 (石井輝海) / 0466-41-0267(小俣一典) E-mail: ishii.terumi@jbl.yasuda-soko.co.jp / omata.kazunori@jbl.yasuda-soko.co.jp 日本ビジネスロジスティクス(JBL)株式会社 藤沢北事業所 測定・分析 > 試験機器・装置 > 衝撃試験

基本情報JIS P8131 ミューレン高圧形試験機による破裂強さ試験方法

・試験片の推奨寸法は100mm × 100mmとし、JIS P 8110 に従い、できる限り、すき入れ、しわ又は外見で分かる損傷がないものを用いるのが望ましいと規定されている。
・試験片は、JIS P 8111 によって事前に調湿し、必要な試験片の数は裏と表を同数とし、少なくても10回ずつ(合計20回)行う必要がある。

包装評価試験ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
日本ビジネスロジスティクス(株)
包装ソリューション事業部・包装ソリューション第1グループ
担当:0466-41-0264 (石井輝海) / 0466-41-0267(小俣一典)
E-mail: ishii.terumi@jbl.yasuda-soko.co.jp / omata.kazunori@jbl.yasuda-soko.co.jp

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

*詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードして下さい。

よく使用される業種

飲食料品、繊維、紙・パルプ、化学、石油・石炭製品、ゴム製品、ガラス・土石製品、木材、セラミックス、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、試験・分析・測定、IT・情報通信、ソフトウェア、CAD/CAM、環境、エネルギー、医療機器、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、印刷業、製造・加工受託、その他製造、商社・卸売り、小売、電気・ガス・水道業、倉庫・運輸関連業、情報通信業、医療・福祉、教育・研究機関、官公庁、水産・農林業、鉱業、サービス業、その他

カタログJIS P8131 ミューレン高圧形試験機による破裂強さ試験方法

  • 附属書記載の試験シークエンスを適用する場合、落下試験では、合計22回の落下回数が要求されており、落下箇所は底面周りの角及び稜を網羅的に落下させます。落下高さにおいても他の規格より比較的高く、衝撃による製品損傷が無いような包装設計が重要となります。

    包装評価試験ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
    日本ビジネスロジスティクス(株)
    包装ソリューション事業部・包装ソリューション第1グループ
    担当:0466-41-0264 (石井輝海) / 0466-41-0267(小俣一典)
    E-mail: ishii.terumi@jbl.yasuda-soko.co.jp / omata.kazunori@jbl.yasuda-soko.co.jp
    [PDF:199KB]
  • ・JIS Z0232(振動試験方法)は包装貨物が流通過程において受ける振動に対する内容品または包装の耐振性を評価する為の試験方法です。
    ・この規格ではランダム振動試験と正弦波掃引振動試験の両方を規定しているが、ランダム振動試験が実際の輸送環境を最も的確に再現する方法であると記されています。従って試験装置が利用できる場合には、ランダム振動試験を優先して適用する事が望ましいです。

    包装評価試験ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
    ◆◆連絡先・担当者:0466‐41‐0267(小俣)/0466‐41‐0264(石井)
    ◆◆
    [PDF:178KB]
  • ・JIS Z0212(圧縮試験方法)は、金属、木材、段ボール、板紙、プラスチックまたはこれらを組み合わせからなる包装貨物及び、容器について適正であるか否かを評価する為の試験方法です。
    ・試験方法は、主として圧縮荷重による内容品の損傷を調べる為に包装貨物の圧縮試験を行う「方法A」と、容器自体の圧縮強さを知る為、空容器で圧縮試験を行う「方法B」があります。尚、供試品は試験に先立ち、JIS Z 0203によって、前処置を行うのが望ましいです。

    包装評価試験ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
    ◆◆連絡先・担当者:0466‐41‐0267(小俣)/0466‐41‐0264(石井)
    ◆◆
    [PDF:145KB]
  • ・JIS Z 0202(落下試験方法)は、金属、木材、段ボール、板紙、プラスチックまたはこれらを組み合わせからなる包装貨物及び、容器について適正であるか否かを評価する為の試験方法です。
    ・試験レベルを選定し、包装貨物重量に応じた落下高さより落下試験を実施します。

    包装評価試験ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
    ◆◆連絡先・担当者:0466‐41‐0267(小俣)/0466‐41‐0264(石井)
    ◆◆
    [PDF:139KB]

取扱会社JIS P8131 ミューレン高圧形試験機による破裂強さ試験方法

日本ビジネスロジスティクス(JBL)株式会社 藤沢北事業所

物流コンサルテーション、物流管理サービス、国内および海外における調達・生産・販売・回収物流・包装設計・包装試作・パソコン関連(カストマイズ及びソフトウェア製造)、物流システム設計開発 サービス一覧ページURL: http://info.jbl.co.jp/service_menu

JIS P8131 ミューレン高圧形試験機による破裂強さ試験方法へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

日本ビジネスロジスティクス(JBL)株式会社 藤沢北事業所

JIS P8131 ミューレン高圧形試験機による破裂強さ試験方法 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 設計から出荷まで一括対応 製缶製品の製造・加工は蔦木にお任せ
  • 第10回_神戸ものづくり中小企業展示商談会_20180514

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー